Create issue ticket

考えれる17県の原因 尿中シュウ酸増加

  • 原発性高シュウ酸尿症

    カルシウムが主成分であった.また,尿生化学検査で尿シュウの異常増加を認め,尿メタボローム解析では尿グリセリン酸の異常増加が確認された.更に遺伝子検査では,グリオキシル酸還元酵素/ヒドロキシピルビン酸還元酵素(glyoxylate reductase/hydroxypyruvate reductase,以下,GRHPR)遺伝子( GRHPR[jpeds.or.jp] シュウ酸尿症2型の1男児例を経験した.原発性高シュウ酸尿症2型の本邦における報告例は5例のみである.いずれも乳幼児期に初発症状がみられ,その内訳は,4例が血尿,残りの1例が尿路感染症であった.本症例はこれらの臨床症状を認めず,腎尿路結石のオムツ内への自然排石が初発症状であった.初診時に行った腹部超音波検査で両側の腎結石を認め,結石分析ではシュウ[jpeds.or.jp]

  • エチレングリコール中毒

    診察にて、尿シュウカルシウムの結晶が診られる、アシドーシス、オスモラリティー・ギャップの増加が診られる場合は中毒が疑われる。 診断を確定付けるには血のエチレングリコールのレベルを測定するが、多くの病院ではこの検査が可用でないことがある。 早期に治療することで良い結果が得られる。 治療はまず患者を安定化させてから解毒剤を投与する。[ja.wikipedia.org]

  • 腎疝痛

    結石をできやすくする因子: 水腎症などの尿を流れにくくさせる長期間の尿流障害 腎盂腎炎、慢性膀胱炎などの尿路感染症 副甲状腺機能亢進症などの尿のカルシウムを増加させる病気 尿シュウ、シスチン、尿酸を増加させる病気結石の種類にはどのようなものがありますか? 80%はシュウ酸カルシウムなどのカルシウム結石です。[niigata-kouseiren.jp]

  • カルシウム含有腎結石

    つまり腸から血液に吸収されるシュウ酸を減らすことになり、尿シュウ排泄量は減ります。カルシウムの摂取を制限すると腸からのシュウの吸収が多くなり、尿からの排泄も増加します。 カルシウムを十分に摂取することでシュウ尿への排泄が抑制されると考えられています。つまりシュウ酸カルシウム結石の発生を抑えることが期待できます。[medley.life] 環境の異常 飲水不足 食事 男女差 尿物質の排泄異常 シュウ、カルシウムの尿排泄量の増加 腎・尿路の異常 尿の停滞、濃縮 感染、尿のpH 結石形成過程の異常 水分摂取と結石 水分の摂取量が少ないと尿が濃縮されて、結石が形成されやすくなります。[medley.life]

  • 過剰摂取

    主に肉などの動物性タンパク質は、摂取すると体のなかでシュウ尿などの物質が体内に増加します。このうちのシュウ酸にはカルシウムと結合しやすい性質を持ち、腸のでカルシウムと結びつくことで便として体の外へ排泄されます。 このとき、腸で吸収しきれないシュウ酸は尿として排泄されます。[cp.glico.jp]

  • 急性間質性腎炎

    飲水増加による尿増加シュウ結石の形成を抑制する。大量のピリドキシン(100mg/日)の投与は尿シュウ酸排泄を減少させるが、長期的効果は少ない。 シスチン尿症 シスチン尿症は常染色体劣性遺伝で7000人に1人の割合で発生する。結石は20 30代で見られ尿路閉塞による腹痛、背部痛、尿路感染を認める。慢性腎不全になることもある。[ncgmkohnodai.org]

  • 腟留血症

    カルシウムが主成分であった.また,尿生化学検査で尿シュウの異常増加を認め,尿メタボローム解析では尿グリセリン酸の異常増加が確認された.更に遺伝子検査では,グリオキシル酸還元酵素/ヒドロキシピルビン酸還元酵素(glyoxylate reductase/hydroxypyruvate reductase,以下,GRHPR)遺伝子( GRHPR[jpeds.or.jp] シュウ酸尿症2型の1男児例を経験した.原発性高シュウ酸尿症2型の本邦における報告例は5例のみである.いずれも乳幼児期に初発症状がみられ,その内訳は,4例が血尿,残りの1例が尿路感染症であった.本症例はこれらの臨床症状を認めず,腎尿路結石のオムツ内への自然排石が初発症状であった.初診時に行った腹部超音波検査で両側の腎結石を認め,結石分析ではシュウ[jpeds.or.jp]

  • 間質性腎炎

    飲水増加による尿増加シュウ結石の形成を抑制する。大量のピリドキシン(100mg/日)の投与は尿シュウ酸排泄を減少させるが、長期的効果は少ない。 シスチン尿症 シスチン尿症は常染色体劣性遺伝で7000人に1人の割合で発生する。結石は20 30代で見られ尿路閉塞による腹痛、背部痛、尿路感染を認める。慢性腎不全になることもある。[ncgmkohnodai.org]

  • 2-メチルアシル CoA ラセマーゼ欠損症

    B.検査所見 1.生化学的検査 尿シュウ、グリコール排泄量、血シュウ値の増加を認める。原発性高シュウ尿症Ⅱ型ではグリコール酸の尿排泄増加は認めず、L-グリセリン酸の尿中排泄増加を認める。 2.腎エコー 3.肝生検によるAGT酵素活性の測定 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp]

  • 過剰腎臓

    主に肉などの動物性タンパク質は、摂取すると体のなかでシュウ尿などの物質が体内に増加します。このうちのシュウ酸にはカルシウムと結合しやすい性質を持ち、腸のでカルシウムと結びつくことで便として体の外へ排泄されます。 このとき、腸で吸収しきれないシュウ酸は尿として排泄されます。[cp.glico.jp]

さらなる症状