Create issue ticket

考えれる19県の原因 尿中ケトン増加

  • つわり

    5%以上の体重減少 妊娠前の体重と比べ5%以上の減少があると子宮内発育不全が増加するとの報告があるが、通常の治療で軽快するものであれば胎児には明らかな影響は認めない。 尿ケトン体 栄養状態の評価に最も役立つ指標である。陽性になれば悪阻と診断し、強陽性(2 以上)の場合は入院管理が必要になる。[www2.nms.ac.jp]

  • 内分泌機能不全

    これは尿量の増加と喉の渇きを起こします。身体が血の糖を利用できないために多食が始まります。この病気の過程でケトンと呼ばれる化学物質が蓄積し、吐き気や脱水を起こします。治療してやれない動物はついには昏睡状態に陥り死にます。[mizutani-ah.com]

  • アルコール離脱

    減少、血トリグリセリド増加、血カリウム減少、血ブドウ糖増加、体重増加、高脂血症、尿ケトン体陽性 血コレステロール増加、体重減少 肝臓 肝機能異常(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、ALP、血中ビリルビンの増加等) 慢性肝炎、肝硬変 腎・尿路 頻尿 尿中血陽性、尿中蛋白陽性、排尿困難 皮膚 蕁麻疹、全身性そう痒症、皮膚乾燥[kegg.jp] 右脚ブロック、不整脈 消化器 悪心、嘔吐 食欲減退、便秘、腹部不快感、腹部膨満、下痢、腹痛 口内乾燥、消化不良、流涎過多、口の感覚鈍麻、口の錯感覚、口角口唇炎、食欲亢進 胃腸炎、胃腸音異常、口腔知覚不全、硬便、大腸ポリープ、軟便、早期満腹 血液 白血球減少症、白血球数増加、赤血球数減少 好中球数減少 内分泌・代謝 高プロラクチン血症 血プロラクチン[kegg.jp]

  • 嘔吐

    尿にアセトン体(ケトン体)という物質の増加が見られるが、長時間の空腹や体調不良でも増える可能性があるため、診断の確定にはつながらない。 嘔吐や吐き気を止める薬とブドウ糖の点滴で症状は改善するが、ひどくなると入院が必要になるケースもある。心理的な要因が強い場合は、心理テストやカウンセリングを行う。[medical.jiji.com]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    高血糖と脱水がみられるにもかかわらず、血尿ケトン体はほとんど増加せず、アシドーシスも示さない点でケトアシドーシスと鑑別可能です。治療が遅れると高齢者が多いだけに死亡率も高く、早期発見・早期治療が大切です。 治療は、十分な輸液による脱水の改善と、インスリン投与による高血糖の改善が不可欠です。[medical.jiji.com] 糖尿病性ケトアシドーシスの症状や特徴について 【症状】 脱水、呼気アセトン臭 呼吸は過呼吸・クスマウル大呼吸となる 血圧は低下し、脈拍は頻脈・微弱になる 神経学所見ははっきりしない 【検査所見】 血糖は中から高度上昇(250から1000mg/dl)となる 尿ケトン体は強陽性となる 血ガスではpH7.3未満となる 浸透圧は軽度上昇、Naは軽度低下[kango-oshigoto.jp] 、BUNと遊離脂肪酸は増加する 【特徴】 反復傾向がある 治療中に、急性胃拡張・低カリウム血症・急性感染症・腎不全・脳浮腫などの合併症が起こりうる 治療は脱水補正を行う(直ちに生理的食塩水の点滴を行い、血糖補正に関しては直ちに速効型のインスリンを静脈内投与し、次いで持続点滴を行う) 一方、高血糖高浸透圧症候群は、誘因として 高度脱水 が挙げられます[kango-oshigoto.jp]

  • 糖尿病性ケトーシス昏睡

    高血糖と脱水がみられるにもかかわらず、血尿ケトン体はほとんど増加せず、アシドーシスも示さない点でケトアシドーシスと鑑別可能です。治療が遅れると高齢者が多いだけに死亡率も高く、早期発見・早期治療が大切です。 治療は、十分な輸液による脱水の改善と、インスリン投与による高血糖の改善が不可欠です。[medical.jiji.com] 糖尿病性ケトアシドーシスの症状や特徴について 【症状】 脱水、呼気アセトン臭 呼吸は過呼吸・クスマウル大呼吸となる 血圧は低下し、脈拍は頻脈・微弱になる 神経学所見ははっきりしない 【検査所見】 血糖は中から高度上昇(250から1000mg/dl)となる 尿ケトン体は強陽性となる 血ガスではpH7.3未満となる 浸透圧は軽度上昇、Naは軽度低下[kango-oshigoto.jp] 、BUNと遊離脂肪酸は増加する 【特徴】 反復傾向がある 治療中に、急性胃拡張・低カリウム血症・急性感染症・腎不全・脳浮腫などの合併症が起こりうる 治療は脱水補正を行う(直ちに生理的食塩水の点滴を行い、血糖補正に関しては直ちに速効型のインスリンを静脈内投与し、次いで持続点滴を行う) 一方、高血糖高浸透圧症候群は、誘因として 高度脱水 が挙げられます[kango-oshigoto.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    脂肪肝、肝炎、胆嚢炎、肝腫大、高ビリルビン血症 泌尿器 尿路感染、尿蛋白陽性、腎盂腎炎、尿白血球陽性、細菌尿尿ケトン体陽性 血尿(尿潜血)、尿ブドウ糖陽性、BUN増加、尿沈渣、排尿困難、頻尿、クレアチニン増加、尿中ウロビリノーゲン増加、膀胱炎 消化器 悪心、嘔吐、胃腸炎 下痢、腹痛、上腹部痛、逆流性食道炎、消化不良、ノロウイルス[kegg.jp] 頻脈、心室性期外収縮、心不全、心拍数増加 呼吸器 気道感染、鼻咽頭炎 咽喉頭炎、呼吸困難、気管支炎、副鼻腔炎、鼻出血 喘息、KL-6増加、過換気、副鼻腔うっ血 咳嗽、鼻炎、発声障害、咽喉絞扼感、胸膜炎、胸水、気管支痙攣、胸部X線(CT)異常、PaO 2 低下、扁桃炎、間質性肺線維症 肝臓 ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加 ALP増加[kegg.jp]

  • 乏血性ショック

    たいていは軽度のアシドーシスなので、脱水が改善し腎血流量が増加すると、H の尿排泄が増加して自然に補正される。また、グルコースを輸液で投与すると、脂肪の分解が減少してケトンの産生も減少する。[nurseful.jp]

  • 低血糖性脳症

    知能の遅れはありませんが、身体的な発育は少し遅れたり、体重の増加がよくない子どもが多く見られます。低血糖があり、尿検査をすると尿のケトン体という物質がたくさん出てきます。 診断 低血糖があり、尿検査でケトン体が陽性で他に原因が考えられない場合、12 18時間の絶食検査を行い、低血糖が出現する場合、診断します。[senoopc.jp]

  • 代謝性脳症

    5%以上の体重減少 妊娠前の体重と比べ5%以上の減少があると子宮内発育不全が増加するとの報告があるが、通常の治療で軽快するものであれば胎児には明らかな影響は認めない。 尿ケトン体 栄養状態の評価に最も役立つ指標である。陽性になれば悪阻と診断し、強陽性(2 以上)の場合は入院管理が必要になる。[www2.nms.ac.jp]

さらなる症状