Create issue ticket

考えれる178県の原因 尿中カルシウム増加

  • 骨折

    骨折(こっせつ、英語: fracture)とは、直達外力や介達外力により骨が変形、破壊を起こす外傷であり、構造の連続性が絶たれた状態のことである。 骨折は全ての骨に起こり得る。骨は元来、若干の柔軟性・弾力性・可塑性を持ち、健康な骨は骨折しにくいが、限界を超える強い外力や反復した外力、骨に腫瘍などの病変が存在する場合は軽微な外力でも破壊される。また、鎖骨や手の舟状骨など構造的に外力が集中しやすく、折れやすい骨も存在する。ヒトの骨折のうち、日常生活で骨折を起こしやすい骨としては、鎖骨、肋骨、指骨、鼻骨、尾骨、橈骨、尺骨、脛骨、腓骨等が挙げられる。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    カルシウム異常: サルコイドーシスでは、体内のカルシウムのバランスが崩れることがあります。このため、血液カルシウム濃度の上昇や、尿カルシウム排泄量の増加がおこり、骨が弱くなったり(骨粗鬆症)、腎結石ができる原因となります。腎臓をいためることもあります。 どのような検査をして診断するのでしょう?[ne.jp] 「3.全身反応を示す検査所見」は、1)両側肺門リンパ節腫脹 、2)血液検査でACE(アンギオテンシン転換酵素)活性の高値、(3)ツベルクリン反応陰性、4)ガリウムシンチグラフィーにおける著明な集積所見 、5)気管支肺胞洗浄検査でリンパ球増加または割合の異常(CD4/CD8比高値)、 6)血清あるいは尿カルシウム高値 の6項目からなり、このうち[kompas.hosp.keio.ac.jp] 全身反応を示す検査所見 両側肺門リンパ節腫脹 血清ACE活性高値 ツベルクリン反応陰性 Gallium-67citrateシンチグラムにおける著明な集積所見 気管支肺胞洗浄検査でリンパ球増加またはCD4/CD8比高値 血清あるいは尿カルシウム高値 2)臨床診断群 組織学的に非乾酪性類上皮細胞肉芽腫は証明されていないが、2つ以上の臓器において[nmp.co.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    また骨からカルシウムが溶出する結果、血液カルシウムの量が増加して高カルシウム血症が生じます。これにより尿量が増加し脱水症が起こります。高カルシウム血症が重症になると意識障害を生じます。 (3)M蛋白による症状 形質細胞は元々「抗体」という蛋白質を作る細胞ですので、癌化した後でも「抗体」のような蛋白質を作る場合が多いです。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • 高カルシウム食

    ほとんどの腎臓結石は,シュウ酸カルシウムかリン酸カルシウムからなる。その原因は通常不明であるが,異常に高い尿カルシウム(高カルシウム尿症)が,カルシウム結石の発症リスクを増加させる。食事からのカルシウム増加尿カルシウムを少し増加させ,この上昇は高カルシウム尿症患者でより顕著である。[lpi.oregonstate.edu] 、 活性型ビタミンDとの併用をしない限りは、カルシウム量として、1,500mg投与しても、尿カルシウム排泄の増加による尿路結石のおそれはないともいわれている。 このような石灰化はカルシウムの過剰摂取よりむしろ、不足による副甲状腺ホルモンの骨吸収促進作用に起因するものであると考えられる。[nara-gyunyuya.com] を低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    副甲状腺ホルモンの過剰により、骨が溶かされて血液カルシウム濃度が上昇し、尿へのカルシウムの排泄が増加します。 このために、高カルシウム血症、骨量の減少、腎臓結石(カルシウム結石)が生じやすくなります。 従って、骨粗鬆症や腎臓結石のための検査中にこの病気が発見されることもしばしばあります。[toranomon.gr.jp]

  • 高カルシウム血症

    を低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] 別の治療に,等張食塩水およびループ利尿薬を投与して尿カルシウム排泄量を増加させる方法がある。有意な高カルシウム血症がある患者では,ほぼ全例で循環血液量が低下しているため,有意な心不全がない限り,まずは等張食塩水1 2Lを2 4時間かけて投与する。[msdmanuals.com] 臨床的特徴には多尿,便秘,筋力低下,錯乱,昏睡がある。診断は,イオン化カルシウムおよび副甲状腺ホルモンの血清濃度による。カルシウムの排泄を増加し骨のカルシウム吸収を抑制する治療では,生理食塩水,ナトリウム利尿,パミドロン酸などの薬物が用いられる。 病因 高カルシウム血症は通常は過剰な骨吸収に起因する。[msdmanuals.com]

  • クローン病

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。[…][nanbyou.or.jp]

  • 特発性高カルシウム尿症

    尿酸 プリン体代謝の終末産物で、その過剰生産による痛風などで増加する。 カルシウム(Ca) 尿Ca排泄は血中Ca濃度に左右される。 ホルモン作用の異常、腸管・骨・腎などの異常により血中Ca値に異常をきたす。 また血清Caが正常の特発性高カルシウム尿症の診断には不可欠である。[hosp.tsukuba.ac.jp] を低下させる戦略には,以下の4つがある: 腸管からのカルシウム吸収の抑制 尿カルシウム排泄量の増加 骨吸収の抑制 透析による過剰なカルシウムの除去 用いる治療法は高カルシウム血症の程度と原因の両方に依存する。[msdmanuals.com] 別の治療に,等張食塩水およびループ利尿薬を投与して尿カルシウム排泄量を増加させる方法がある。有意な高カルシウム血症がある患者では,ほぼ全例で循環血液量が低下しているため,有意な心不全がない限り,まずは等張食塩水1 2Lを2 4時間かけて投与する。[msdmanuals.com]

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。クローン病(CD: Crohn's disease)とともに炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類され、厚生労働省より指定される難病(旧 特定疾患)である。 1875年に英国のGuy's HospitalのSamuel WilksとWalter Moxonによって報告された。日本では1928年に東京大学の稲田龍吉らによって初めて報告されている。1973年には旧厚生省より特定疾患に指定された。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状