Create issue ticket

考えれる89県の原因 尿中カリウム増加

  • 慢性腎不全

    ONTARGET 研究に参加した 25,620 例と TRANSCEND 研究に参加した 5,926 例(55 歳以上,CKD ステージ G1 5)において,尿カリウム排泄量が最も高い群で eGFR の 30% 低下あるいは維持透析(OR 0.74(95% CI 0.67-0.82)),蛋白尿増加(OR 0.76(95% CI 0.69[minds.jcqhc.or.jp] 尿蛋白排出量が減少せず、血清カリウム値が増加していない場合はこのの2種類を併用することがあります。 血圧が130/80以内に下がらない場合は、カルシウム拮抗薬を追加し、さらに下がらない場合は降圧利尿薬を併用します。 糖尿病がある場合はHbA1c7%未満を目指します。[ohishi-naika-clinic.jp] -0.84))が有意に低かった.尿カリウム排泄量が多い群は腎機能が保持されており,カリウムを十分摂取できていない患者や腎機能低下のためカリウム制限を行っている患者は含まれていない点を考慮する必要がある.[minds.jcqhc.or.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    生体の血液の酸塩基平衡は一定のpH (7.4) になるように保たれている。平衡を酸性側にしようとする状態をアシドーシス (en:acidosis)、平衡を塩基性側にしようとする状態をアルカローシス (en:alkalosis) と言う。 血清pHが7.4未満になった(低下した)状態をアシデミア、7.4より上になった(上昇した)状態をアルカレミアと言う。ともに全身の細胞にとっての環境の異常であり、上昇(低下)量が増大すると呼吸抑制から死に至ることもあるとともに、これらのpH異常は呼吸不全や腎不全など重篤な疾患の結果として生じるため治療の指標になる。このpHの測定は血液ガス分析によってなされる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血性腎症

    きのこ 海藻 野菜 芋類 偏食や、極端なダイエットなどで、これらの食品を取る機会が少ないと、カリウム欠乏に陥りやすいです。 カリウムの排出量の増加 反対に、腎臓の機能異常を症状とする疾患では、尿へのカリウムの排出量が増加、体内のカリウムが少なくなってしまう場合があります。[epark.jp] 日摂取量が150mEqを上回ると、過剰なカリウムは数時間で約50%を尿に排泄する。更にカリウムの摂取増加が持続していれば、 アルドステロン 分泌によって腎臓からのカリウム排泄が亢進する。また、便からのカリウム吸収はある程度調節される [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    トップ 内分泌の病気 先端巨大症 (難病情報センターへのリンク) クッシング病 (難病情報センターへのリンク) プロラクチノーマ (難病情報センターへのリンク) 非機能性下垂体腺腫 下垂体機能低下症 (難病情報センターへのリンク) ACTH単独欠損症 成長ホルモン分泌不全性低身長症 成人成長ホルモン分泌不全症 中枢性尿崩症 (難病情報センターへのリンク) リンパ球性下垂体炎 原発性アルドステロン症 クッシング症候群 褐色細胞腫 副腎偶発腫瘍 アジソン病 ステロイド離脱症候群 偽アルドステロン症 甲状腺中毒症 甲状腺機能低下症 潜在性甲状腺機能異常 バセドウ病 橋本病(慢性甲状腺炎)[…][j-endo.jp]

  • 代謝性アシドーシス

    UMIN試験ID UMIN000035085 最終情報更新日: 2018年12月7日 公開日:2018年11月30日 登録・組み入れ開始日:2018年9月1日 基本情報 試験簡略名 透析患者における透析液の影響の検討 試験進捗状況 一般募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 慢性腎臓病ステージ5D 評価 主要アウトカム評価 冠動脈石灰化(使用開始から6ヶ月後, 12ヶ月後) 副次アウトカム評価 試験デザイン 介入 適格性 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 85歳以下 性別 男女両方 選択基準 1) 外来通院中のHDを受けている患者 2) 透析導入後12週以上経過した安定した透析患者[…][rctportal.niph.go.jp]

  • クッシング症候群
  • シスチン症

    Gene Reviews著者 : Galina Nesterova, MD and William A Gahl, MD, PhD. 日本語訳者 : 岡村匡史、大熊喜彰、赤平百絵(国立国際医療研究センター) Gene Reviews 最終更新日: 2016.10.6.日本語訳最終更新日: 2017.2.3. 原文 Cystinosis 要約 疾患の特徴 スチノーシスは下記の3つのタイプに分類される:[…][grj.umin.jp]

さらなる症状