Create issue ticket

考えれる39県の原因 尺骨の内反

  • 血管運動の不安定性

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] しかし、肘変形の場合、成長に伴って、しびれや筋力低下を呈する神経障害や、内側型の変形性関節症、肘外側の靱帯が緩む肘不安定性、などの合併症が生じることがわかってきました。 当科では、これら内反肘変形を呈した小児に対し、見た目を改善し合併症を予防する目的で、安全な3次元矯正骨切り手術を積極的に行っています。[shinshu-u.ac.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 変形治癒骨折

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 尺骨神経絞扼

    肘部管はトンネル状の構造で、尺骨のくぼみの神経溝と靭帯、筋膜で構成される。 肘関節の外変形などに屈伸運動のくり返しが伴うことによって、狭いトンネル神経が障害され、麻痺した状態である。 多くが、小児期の骨折後の外肘や、変形性関節症に伴って生じる。[nurseful.jp] これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 術式は、変形性肘関節症を伴う場合は King変法(上腕側上顆切除術) 、上腕外顆骨折偽関節による外肘では 皮下や筋層下の骨神経前方移動(行)術 など、病態に応じて選択する。 橈骨神経麻痺 病態のポイント 橈骨神経の走る上腕、前腕部が骨折や圧迫などで障害され、橈骨神経が損傷すると、その神経に支配される部分が麻痺を起こす。[nurseful.jp]

  • 脊椎骨軟骨症

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 足部骨髄炎

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 爪周囲炎

    指の腱損傷 ドケルバン病 足(股関節、膝、足首) 外反母趾 モートン病 痛風 偏平足 腓骨神経麻痺 足の慢性障害 足 全身 運動器不安定症 変形性関節症 捻挫 ロコモティブシンドローム 軟部腫瘍 しびれ 関節リウマチ 良性骨腫瘍 感染症 痛風 悪性骨腫瘍 スポーツ外傷の応急処置 骨粗鬆症 骨折 疲労骨折 ガングリオン 小児の骨折[mine-clinic.com] 転移性脊椎腫瘍 肩 肩こり 肩腱板断裂 胸郭出口症候群 翼状肩甲骨(翼状肩甲) 石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎) 反復性肩関節脱臼 五十肩(肩関節周囲炎) 腕神経叢損傷 手(肘、手首、指) ばね指 強剛母指 ガングリオン 母指CM関節症 爪周囲炎 橈骨神経麻痺 ヘバーデン結節 デュピュイトラン拘縮 正中神経麻痺 マレット変形 手根管症候群 神経麻痺[mine-clinic.com]

  • 橈骨頭骨折

    これらは自然に矯正されず、見た目の美容的問題だけでなく、しばしば成人になり遅発性神経麻痺といった神経障害や関節障害(不安定性)を引き起こします。 治療 肘の程度の強いものは、上腕骨の骨折部を骨切りして、矯正手術を行います。[ncchd.go.jp] 骨折がつかなくなる(偽関節)ことはほとんどありませんが、転位を残して癒合したときには肘変形となり、追加の治療が必要となってきます。 モンテジア骨折 骨折と橈骨頭脱臼の合併損傷で、しばしば橈骨頭の脱臼が見逃されることがあります。[ncchd.go.jp]

  • 短肋骨多指症候群
  • 橈骨神経管症候群

    肘部管はトンネル状の構造で、尺骨のくぼみの神経溝と靭帯、筋膜で構成される。 肘関節の外変形などに屈伸運動のくり返しが伴うことによって、狭いトンネル神経が障害され、麻痺した状態である。 多くが、小児期の骨折後の外肘や、変形性関節症に伴って生じる。[nurseful.jp] しかし、肘変形の場合、成長に伴って、しびれや筋力低下を呈する神経障害や、内側型の変形性関節症、肘外側の靱帯が緩む肘不安定性、などの合併症が生じることがわかってきました。 当科では、これら内反肘変形を呈した小児に対し、見た目を改善し合併症を予防する目的で、安全な3次元矯正骨切り手術を積極的に行っています。[shinshu-u.ac.jp] 術式は、変形性肘関節症を伴う場合は King変法(上腕側上顆切除術) 、上腕外顆骨折偽関節による外肘では 皮下や筋層下の骨神経前方移動(行)術 など、病態に応じて選択する。 橈骨神経麻痺 病態のポイント 橈骨神経の走る上腕、前腕部が骨折や圧迫などで障害され、橈骨神経が損傷すると、その神経に支配される部分が麻痺を起こす。[nurseful.jp]

さらなる症状