Create issue ticket

考えれる39県の原因 小脳障害

  • 良性発作性頭位めまい症

    鑑別すべき疾患としては「 メニエール病 」、「 前庭神経炎 」、「脊髄小脳変性症」、「小脳腫瘍」、「小脳障害」などがある。 治療 [ 編集 ] 半規管内の浮遊物を卵形嚢に戻す浮遊耳石置換法( エプリー法 ( 英語版 ) )が有効な治療法である。また、めまいが起こる頭位を取れば改善していくので、安静は避ける。[ja.wikipedia.org] 脳幹障害小脳障害、脳血管障害、腫瘍、変性疾患などの基礎疾患が原因となって起こることが多いので瞳孔、眼振、眼球運動や小脳機能検査や画像診断を行う。 末梢性めまいは前庭性と内耳性に分けられる。前庭性めまいは原則として耳鳴りや難聴を伴わないものである。良性発作性頭位眩暈症(BPPV)や前庭神経炎が含まれる。[ja.wikipedia.org] 三半規管、前庭神経、脳幹の異常など前庭神経核より末梢の障害で生じる。大抵は耳の障害で生じる。 浮動性めまい(dizziness) よろめくような、非回転性のふらつき感。回転性めまいの回復期や脳幹、小脳の異常、高血圧などで生じる。大抵は中枢神経や高血圧で生じる。 立ちくらみ(faintness) 血の気が引き、意識の遠くなる感覚。[ja.wikipedia.org]

  • 欠神発作

    フェニトイン中毒としては眼振、複視、歩行失調など小脳障害が有名である。そのほか、不随意運動、知能障害、記銘力障害などが出現することもある。低アルブミン血症患者ではアルブミン結合率が低いため遊離型増加し作用が増強される。フェノバルビタールの合剤としてヒダントールが知られている。ホストインは水溶性プロドラッグ。[ja.wikipedia.org]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    椎骨脳底動脈循環不全(ついこつのうていどうみゃくじゅんかんふぜん、英: vertebrobasilar insufficiency; VBI)は、椎骨脳底動脈系の循環不全により、脳幹、小脳、後頭葉の機能障害による発作を繰り返す。[ja.wikipedia.org]

  • 眼球振盪

    したがって、脳幹や小脳の機能が低下している際にはこの反応が鈍くなる。 眼球運動障害[ja.wikipedia.org] 後天性眼振のうち、末梢性眼振は内耳の障害や視力障害によるものである。一方、中枢性眼振は中枢神経系(小脳、脳幹の前庭系に関与する部分)の病変によるもので、前庭神経核、内束縦束、脳幹網様体など、また小脳の特に正中部に障害がある時に認められる。 眼振の治療は、原疾患の存在が明確である場合にはその治療を行う。[ja.wikipedia.org] 垂直性眼振において比較的頻度の高い下眼瞼向き眼振の病巣局在診断は下部脳幹とされ、アーノルド・キアリ奇形、脊髄小脳変性症などで認められる。回旋性眼振は下部脳幹、特に前庭神経核の障害によるとされる。[ja.wikipedia.org]

  • オリーブ橋小脳萎縮症

    オリーブ橋小脳萎縮症 (オリーブきょうしょうのういしゅくしょう、Olivopontocerebellar atrophy (OPCA))は、 脊髄小脳変性症 の一種。 多系統萎縮症 の一病型である。 目次 1 原因 2 病態 3 症状 4 検査 5 診断 6 治療 7 予後 8 診療科 9 各国において 9.1 日本 10 参考文献 11 関連項目 12 外部リンク 原因 [ 編集 ] 病因は不明。孤発性に見られることから、遺伝的要因は薄いと考えられている 常染色体 優性遺伝[…][ja.wikipedia.org]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    シャイ・ドレーガー症候群では、これら自律神経障害に続いて小脳障害やパーキンソン症状が後から加わってきます。 7.この病気にはどのような治療法がありますか 病気の進行を止める、発病を予防するなどの根治的治療法は知られていません。しかし、起立性低血圧、排尿障害、パーキンソニズムなどの症状についてはいろいろな薬があります。[nanbyou.or.jp] 小脳小脳失調を来す疾患には上小脳脚が障害される進行性核上性麻痺(PSP)、SCA3、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA)と上小脳脚の障害が軽いMSAの初期、SCA2、SCA6、SCA31などが知られている。特にPSPにおいては歯状核の変性や赤核および視床の腹外側核が脱髄を示すため上小脳脚の病変が必発である。[ja.wikipedia.org] 疾患概要 多系統萎縮症は、孤発性(非遺伝性)の脊髄小脳変性症に対する総称です。脊髄小脳変性症は、中枢神経系(大脳、小脳、脳幹、脊髄)が広く障害され、緩徐に進行する、いわゆる神経変性疾患と呼ばれる病気の1つです。脊髄小脳変性症の有病率は10万人あたり18人程度と考えられています。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 自己免疫性脳炎

    狭義には大脳の障害、広義には小脳障害も含む [2] 。 幻覚、妄想、興奮、記憶障害など精神症状、意識障害や、重積を含むてんかん発作、不随意運動、発汗、発熱など自律神経の症状が多彩に生じる [2] 。 診断 [ 編集 ] 抗体検査が実施される。[ja.wikipedia.org]

  • 脳溢血

    小脳障害されるため、四肢麻痺が起こらずに歩行不能などの症状が発生する。そのほかに頭痛・悪心・嘔吐・眩暈などが見られる。重症型では閉塞性水頭症により短期間で昏睡状態に陥る。血腫の最大径が3cm以上で進行性のもの、脳幹を圧迫し水頭症を合併しているものは手術適応がある。血腫量で言うと11mlあたりと考えられている。[ja.wikipedia.org] (4)橋(きょう)出血 突然の意識障害、高熱、縮瞳(しゅくどう)(2mm以下)、呼吸異常、 四肢麻痺 (ししまひ)などがみられます。 大きな橋出血の場合は予後が不良です。 (5) 小脳出血 突然の回転性の めまい 、歩行障害が現れ、頭痛や嘔吐がよくみられます。[health.goo.ne.jp] 次いで皮質下出血(10%)、橋(きょう)(中脳と延髄(えんずい)との間にある)出血(5%)、 小脳出血 (5%)、その他(5%)と続きます。 脳出血の症状の現れ方 一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が多くの患者さんにみられます。 出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。[health.goo.ne.jp]

  • 運動失調

    神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] また、小脳半球性障害では四肢の筋トーヌス異常、筋緊張の低下を来し、患側方向への偏倚歩行、協調運動不能、指-指試験や指-鼻試験における誤示、拮抗運動障害、運動測定障害、共同運動障害、指先の巧緻運動障害、スチュアート・ホームズ現象の他、企図振戦や小脳性言語(断続性、爆発性)が認められる。[ja.wikipedia.org] 小脳虫部の損傷では主として体幹性失調を来し、起立歩行障害(蹣跚歩行、すなわち腰の動揺が顕著なよろけ歩行)、大歩行を呈し、一般に姿勢、体位保持が困難で平衡機能障害を起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 小脳血管芽腫

さらなる症状

類似した症状