Create issue ticket

考えれる86県の原因 小脳ヘルニア

  • 脳-顔-胸部形成異常

    専門分野・得意とする手技 形成外科、頭蓋顔面骨外科、美容外科、顔面輪郭形成術 略歴 千葉大学医学部卒 昭和大学附属病院 形成外科 昭和大学形成外科 講師 フランス政府給費留学 パリ大学サンルイ病院 昭和大学形成外科 助教授 昭和大学形成外科 教授 千葉大学形成外科 教授 川崎幸病院 形成外科部長/形成外科・美容外科センター長 認定資格等 日本形成外科学会専門医 日本美容外科学会専門医 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医 日本創傷外科学会専門医 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医 第二川崎幸クリニック 形成外科・美容外科センターページは こちら 「形成外科」とは?[…][saiwaihp.jp]

  • 緊張性尿失禁

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮癌、直腸癌術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    大後頭孔ヘルニア 小脳扁桃が大後頭孔から嵌入して延髄を圧迫し、呼吸障害、意識障害をきたして直ちに死に至る。 上向性テント切痕ヘルニア 小脳上部がテント切痕から上方へヘルニアをおこし中脳を圧迫する。致死的である。 出血性梗塞の対応 [ 編集 ] 抗凝固療法中の場合は一週間の抗凝固療法の中止を行う場合が多い。[ja.wikipedia.org] この時期がないこともある) 消失 浅く速い呼吸の持続 延髄期 両側散大(瞳孔不同あることも多い) 消失 失調性呼吸 帯状回ヘルニア 左右の大脳半球に圧格差が生じた結果、大脳鎌の下方から 帯状回 が反対側にヘルニアを起こす テント下に病変がある場合 [ 編集 ] 後頭蓋窩 はテント上に比べると容積が小さいため、それほど大きくない出血や腫瘍でもヘルニア[ja.wikipedia.org]

  • 後下小脳動脈閉塞

    脳浮腫の主な原因には脳腫瘍、外傷、代謝障害、脳内出血、ウイルスや菌による感染、代謝障害等があり、脳ヘルニアや脳の低酸素状態を引き起こします。 小脳萎縮症 小脳萎縮症とは何らかの原因で小脳が萎縮してしまう症状です。[earthresources.sakura.ne.jp]

  • Haddad症候群

    、先天性心疾患、顔面形態異常、知的障害 常染色体劣性 不明 不明 ゴールドバーグ・シュプリンツェン症候群 顔面形態異常、小頭症、知的障害、多小脳回 常染色体劣性 10q22.1 / KIAA1279 その他?[grj.umin.jp] 10q11.21 / RET 5p13.2 / GDNF 20q13.32 / EDN3 11p14.1 / BDNF 20% 家族性自律神経失調症 (Riley-Day症候群) 感覚神経障害および自律神経障害(発汗・涙液・唾液の産生異常を含む) 常染色体劣性 9q31.3 / IKBKAP 不明 フリンス症候群 指遠位末端の低形成、横隔膜ヘルニア[grj.umin.jp]

  • 神経因性膀胱

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮癌、直腸癌術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp] 神経因性膀胱を起こす可能性のある病気は、脳血管障害(脳卒中)、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、小脳変性症、脊髄髄膜瘤(二分脊椎症)、脊髄係留症候群、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、直腸癌・子宮癌手術による膀胱への末梢神経障害など、またそれ以外にも多くの病気があり、多岐にわたります。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 髄膜炎

    項部硬直は髄膜炎のほか、くも膜下出血、小脳扁桃ヘルニアを起こしかけている脳圧亢進状態、テント下の空間占拠病変(小脳の血腫や腫瘍)、癌性あるいは白血病の髄膜浸潤、悪性症候群などでも認められる。高齢者ではしばしば項部硬直と間違えやすい頸部の異常がある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳内血腫

    小脳や脳幹の機能が低下し、また入りきれない小脳や脳幹が小脳テントから上に飛び出したり( 上行性テントヘルニア )、大後頭孔から頭蓋外に飛び出したり( 大孔ヘルニア )します。 その他、出血量が多くなると、中脳水道や第四脳室といった脳脊髄液の流出路が閉塞してしまい 閉塞性水頭症 を起こします。[h-ns.net]

  • 脈絡叢乳頭腫

    一日以上ステロイドを飲ませてなかったときに起こった右前足のピーンは、恐らく小脳ヘルニアを起こしかけてたのだろうと言われました。 完全にヘルニアを起こしてしまうと、まず元には戻らないそう。そのままで寝たままになるか、息が止まるか。 たとえ戻ったとしても、発作の間隔はもっと短くなるでしょうと。[hana-butamaru.blog.so-net.ne.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    脳出血のマネジメント 救急室で行うべきこととしては、出血部位の同定を含めた診断と ヘルニア や 水頭症 といった合併症の評価である。緊急手術の適応となる脳出血には被殼出血、小脳出血、皮質下出血、視床出血があげられる。被殼出血、小脳出血、皮質下出血では血腫除去術、視床出血では脳室ドレナージが標準的な術式である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状