Create issue ticket

考えれる170県の原因 小脳ヘルニア

  • 脳-顔-胸部形成異常

    執筆者: David D. Sherry, MD, Professor of Pediatrics, University of Pennsylvania; Director, Clinical Rheumatology, The Children's Hospital of Philadelphia Frank Pessler, MD, PhD, Helmholtz Centre for Infection Research, Braunschweig, Germany; Hannover Medical School, Hannover, Germany[…][msdmanuals.com]

  • 緊張性尿失禁

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮癌、直腸癌術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp]

  • 松果体嚢胞

    […] cerebellar hypoplasia 1-08-017 しょうのうひしつあびおとろふぃー 小脳皮質アビオトロフィー cerebellar cortical abiotrophy (CCA) 1-08-143 しょうのうへるにあ 小脳ヘルニア parencephalocele 大後頭孔ヘルニア/foramen magnum herniation[ttjsvs.org] 放置すれば,脳が圧迫されて 小脳テント切痕ヘルニア ,大後頭孔ヘルニアといったかんとん (嵌頓) を起し,脳幹障害が現れる。慢性の場合は頭痛, 嘔吐 ,眼底の うっ血乳頭 という3主徴がみられ,急性の場合は意識障害が急速に進行し,昏睡に陥って死亡する。[kotobank.jp] […] pineocytoma 1-08-028 しょうこうせいすいとうしょう 症候性水頭症 symptomatic hydrocephalus 1-08-104 しょうこうせいてんかん 症候性てんかん symptomatic epilepsy 1-08-111 しょうてんせいほっさ 焦点性発作 focal seizure 1-08-043 しょうのうていけいせい 小脳低形成[ttjsvs.org]

  • 頭蓋内圧亢進

    図B: 上面からみた帯状回ヘルニア。 図C: 右視床に原発した悪性グリオーマ。 同様の現象が緩徐に進行した例といえる。 図D: 小脳扁桃ヘルニア(脳幹グリオーマ:延髄が背側から腹側へ圧排されている)。[pd21.cihbs.niigata-u.ac.jp] 大後頭孔ヘルニア小脳扁桃ヘルニア) テント下病変により小脳扁桃が大後頭孔に移動し,脳幹( 延髄 )を障害します。呼吸異常, 項部硬直 などがみられます。 上行性テント切痕ヘルニア テント下病変により小脳の前部がテント切痕に移動し,脳幹(中脳)を障害します。症状は鈎ヘルニアに類似します。[kango-roo.com] このように圧の低い方に向かって脳が移動することを脳ヘルニアと呼ぶ。 1.テント切痕ヘルニア 側頭葉が小脳テント(小脳と大脳の境にある硬膜)の所から脳幹を圧迫しながら落ち込む。 中脳の圧迫、動眼神経の圧迫 瞳孔不同、対光反射消失、意識障害 2.大後頭孔ヘルニア 小脳が大後頭孔から頭蓋外へ出て来る。[www2b.biglobe.ne.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    大後頭孔ヘルニア 小脳扁桃が大後頭孔から嵌入して延髄を圧迫し、呼吸障害、意識障害をきたして直ちに死に至る。 上向性テント切痕ヘルニア 小脳上部がテント切痕から上方へヘルニアをおこし中脳を圧迫する。致死的である。 出血性梗塞の対応 [ 編集 ] 抗凝固療法中の場合は一週間の抗凝固療法の中止を行う場合が多い。[ja.wikipedia.org] この時期がないこともある) 消失 浅く速い呼吸の持続 延髄期 両側散大(瞳孔不同あることも多い) 消失 失調性呼吸 帯状回ヘルニア 左右の大脳半球に圧格差が生じた結果、大脳鎌の下方から 帯状回 が反対側にヘルニアを起こす テント下に病変がある場合 [ 編集 ] 後頭蓋窩 はテント上に比べると容積が小さいため、それほど大きくない出血や腫瘍でもヘルニア[ja.wikipedia.org]

  • ラフォラ病

    ヘルニア parencephalocele 大後頭孔ヘルニア/foramen magnum herniation 1-08-142 てんとせっこんへるにあ テント切痕ヘルニア tentorial herniation 1-08-141 のうへるにあ 脳ヘルニア cerebral herniation 1-08-140 とうがいないあつこうしん[ttjsvs.org] […] cerebral herniation 1-08-142 てんとせっこんへるにあ テント切痕ヘルニア tentorial herniation 1-08-143 しょうのうへるにあ 小脳ヘルニア parencephalocele 大後頭孔ヘルニア/foramen magnum herniation 1-08-144 のうふしゅ 脳浮腫 brain[ttjsvs.org] 特に小脳第一裂より上面の前葉である中心小葉や山頂で目立つ。 マクロ病変 [ 編集 ] キアリ奇形 といった 奇形 や脳ヘルニアや交叉性小脳萎縮(crossed cerebellar atrophy)がよく知られたマクロ病変である。遠隔機能障害(diaschisis)の一種として示されることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 後下小脳動脈閉塞

    … 脳底動脈となってからはそれぞれ左右の前下小脳動脈、上小脳動脈を分岐した後、左右に分かれて後大脳動脈となり、後交通動脈につながってウィリス動脈輪を形成する。 … このヘルニアによって病変側の動眼神経と大脳脚が圧迫されさらにテント切痕部で病変側の後大脳動脈が圧迫され、後頭葉に梗塞が生じる。[yourei.jp] 脳浮腫の主な原因には脳腫瘍、外傷、代謝障害、脳内出血、ウイルスや菌による感染、代謝障害等があり、脳ヘルニアや脳の低酸素状態を引き起こします。 小脳萎縮症 小脳萎縮症とは何らかの原因で小脳が萎縮してしまう症状です。[earthresources.sakura.ne.jp]

  • 後頭脳ヘルニア

    今回、質問者さんが看護を提供した患者さんが小脳出血であったことから、医師は小脳扁桃ヘルニアを危惧したのだと思います。 脳ヘルニアをきたした(きたしそうな)患者さんの看護について 上記でテント切痕ヘルニア小脳扁桃ヘルニアは重篤化しやすいと記載しましたが、その理由は、近辺に橋や延髄といった 生命の根幹 に関わる部分があるからです。[kango-oshigoto.jp] 他方、テント下腔の圧が亢進し、 小脳 の一部が押し上げられてテント切痕に嵌入する場合を上行性テント切痕ヘルニア(upward transtentorial h.)という。 小脳扁桃ヘルニア [ 編集 ] 小脳扁桃ヘルニア tonsillar herniation は 大後頭孔 ヘルニア、大孔ヘルニアともいう。[ja.wikipedia.org] このとき、脳組織が 一定の境界を越えて隣接腔へ嵌入 (かんにゅう)した状態を脳ヘルニアといいます。 脳ヘルニアには発生部位により、 テント切痕ヘルニア小脳扁桃ヘルニア 、 大脳鎌下ヘルニア 、 蝶形骨縁ヘルニア の4つに別れます。この中でもテント切痕ヘルニア小脳扁桃ヘルニアは重篤化しやすいので注意して看護をする必要があります。[kango-oshigoto.jp]

  • Haddad症候群

    、先天性心疾患、顔面形態異常、知的障害 常染色体劣性 不明 不明 ゴールドバーグ・シュプリンツェン症候群 顔面形態異常、小頭症、知的障害、多小脳回 常染色体劣性 10q22.1 / KIAA1279 その他?[grj.umin.jp] 10q11.21 / RET 5p13.2 / GDNF 20q13.32 / EDN3 11p14.1 / BDNF 20% 家族性自律神経失調症 (Riley-Day症候群) 感覚神経障害および自律神経障害(発汗・涙液・唾液の産生異常を含む) 常染色体劣性 9q31.3 / IKBKAP 不明 フリンス症候群 指遠位末端の低形成、横隔膜ヘルニア[grj.umin.jp]

  • 神経因性膀胱

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮癌、直腸癌術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp] 神経因性膀胱を起こす可能性のある病気は、脳血管障害(脳卒中)、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、小脳変性症、脊髄髄膜瘤(二分脊椎症)、脊髄係留症候群、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、直腸癌・子宮癌手術による膀胱への末梢神経障害など、またそれ以外にも多くの病気があり、多岐にわたります。[med.nagoya-u.ac.jp]

さらなる症状