Create issue ticket

考えれる7県の原因 小細胞肺癌

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • クッシング症候群

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様癌、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 下垂体腺腫

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様癌、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    脳神経系髄膜炎、脳炎、脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)、脳腫瘍、ギランバレー症候群等肺疾患肺癌(特に細胞癌など)、肺結核、肺アスペルギルス症、気管支喘息等薬剤性ビンクリスチン、カルバマゼピン、クロフィブラート等他膵癌 ADHの過剰分泌、ないしは過剰作用によって腎臓における水の再吸収が亢進し、循環血液量(正確には細胞外液量)が増加する[ja.wikipedia.org]

  • 石綿症

    石綿症(せきめんしょう)はアスベストによる長期にわたる肺の炎症と灰線維症のことである。症状は息切れ、咳、喘鳴、胸痛があげられる。合併症には肺癌、中皮腫、肺性心疾患があげられる。 石綿症は 一般的に比較的長期にわたり多量のアスベストに曝され、アスベスト繊維を吸入することにより発症する。一般的に長期間多量のアスベストに曝される環境は、アスベストを扱う職場でである。すべての種類のアスベスト繊維が懸念される。一般的に現在既存しているアスベストはそのまま放置しておくことが勧められる。石綿症はアスベストに曝された期間と量にくわえ医用画像に基づき診断される。石綿症は一種の特発性肺線維症である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 未分化大細胞型リンパ腫

    ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非細胞肺癌 ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非細胞肺癌 クリゾチニブにより間質性肺疾患、劇症肝炎、肝不全が発現し、死亡した例が報告されている。 臨床試験では94.8%の患者に副作用が発生した。[ja.wikipedia.org] 2011年8月、米国FDAはクリゾチニブを終末期(局所進行または転移性の)ALK変異陽性非細胞肺癌に対して使用することを承認した。承認条件として、EML4-ALKの検出テストを事前に実施して結果が陽性であることを確認するよう定められた。[ja.wikipedia.org] 細胞肺癌患者の6.7%で遺伝子が組み換わってEML4とALKが融合し、キナーゼ活性を有する異常タンパク質が生成して発癌性と悪性の表現型を示すと思われることが日本から報告された。この融合遺伝子が陽性の患者は主に、若年者、非喫煙者、かつEGFR遺伝子・K-Ras遺伝子変異陰性である。[ja.wikipedia.org]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    過半数の症例(50 60%)で肺細胞癌(SCLC)を合併し、肺癌の治療によりLEMS自体も寛解する。極めてまれではあるが悪性疾患以外でも1型糖尿病、自己免疫性甲状腺炎、関節リウマチといった自己免疫疾患の合併例や家族集積性が報告されている。また約10%に小脳失調がみられ発症機序は傍腫瘍性神経症候群と推察されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状