Create issue ticket

考えれる445県の原因 小細胞肺癌

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群

    下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質結節性異形成(PPNAD)など 異所性ACTH産生腫瘍 細胞肺癌、気管支カルチノイド、胸腺腫、甲状腺髄様癌、膵癌、卵巣癌など 種々の原因により糖質コルチコイドが増加していることによって、引き起こされる。[ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    詳細はこちら SQに対するオプジーボの臨床における有効性 免疫チェックポイント阻害剤の登場により、治療法が限られていた扁平上皮非細胞肺癌の選択肢の幅が広がっています。 詳細はこちら オプジーボの臨床試験成績 IV期非細胞肺癌の2次治療以降において、オプジーボは標準治療のひとつに位置づけられています。[opdivo.jp] 細胞肺癌とは? ・非細胞肺癌とは、細胞肺癌ではない肺癌の事です。 ・非細胞肺癌は更に、扁平上皮癌と非扁平上皮癌に分かれます。 ・非扁平上皮癌とは、扁平上皮癌でない非細胞肺癌を指します。 ・非扁平上皮癌の多くは、腺癌です。[jikei.ac.jp] Ⅰ期非細胞肺癌 適応・非適応条件 この臨床試験はどんな病気や病状に適応しますか? 『医学的に手術ができない肺野型Ⅰ期非細胞肺癌』 が対象で主に以下の条件を満たす必要があります。 肺がんと診断されている。 臨床病期がⅠA期またはⅠB期である。 肺葉切除が不能と判断されている。 当該病変への初回治療である。[nirs.qst.go.jp]

  • 肺癌

    細胞肺癌とは? ・非細胞肺癌とは、細胞肺癌ではない肺癌の事です。 ・非細胞肺癌は更に、扁平上皮癌と非扁平上皮癌に分かれます。 ・非扁平上皮癌とは、扁平上皮癌でない非細胞肺癌を指します。 ・非扁平上皮癌の多くは、腺癌です。[jikei.ac.jp] 陽性非細胞肺癌のセカンドライン以降 3.ROS1陽性肺癌の治療 コラム4 NGSと希少変異 第5章 I〜III期非細胞肺癌の治療 1.I〜II期の補助化学療法 2.III期非細胞肺癌に対する治療 第6章 細胞肺癌 1.進展型のファーストライン 2.進展型のセカンドライン以降の薬物療法 3.限局型の治療(術後補助化学療法、化学放射線療法[amazon.co.jp] 肺癌の進行度(病期)やタイプ(非細胞肺癌細胞肺癌、EGFR遺伝子変異の有無など)によってこれらのうち単独、または組み合わせて治療を行います。また新たな治療法として免疫チェックポイント阻害薬が開発され、非細胞肺癌でも使えるようになりました。[tosei.or.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    他の非細胞肺癌と比べ、扁平上皮癌においては局所・領域制御が重要な因子となります。非細胞肺癌のなかでも、扁平上皮癌に対して有効な分子標的薬はまだ存在せず、また、特に扁平上皮癌に有効な細胞障害性薬剤も開発されていません。[jastro.or.jp] 最も一般的な種類の肺癌である非細胞肺癌は、肺の細胞中に癌が形成されると発生し、肺癌の8分の7を占める。 ニボルマブは細胞表面にあるPD-1タンパク質という細胞シグナル伝達経路を阻害することで作用する。 この伝達経路は身体の免疫系による癌細胞への攻撃を抑制する。ニボルマブはプラチナ併用化学療法歴がある患者を対象としている。[cancerit.jp] 対象は、ステージIIIB/IVの非細胞肺癌で、組織学的に扁平上皮癌であり、ファーストライン治療としてプラチナ系抗癌剤を用いた併用療法を4サイクル以上受けた患者とした。患者をアファチニブ投与群とエルロチニブ投与群に1:1の割合で無作為化割付した。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    適格性 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 75歳以下 性別 男女両方 選択基準 1) 初発時の細胞診もしくは組織診(過去のサンプル)にて、病理学的に細胞肺癌と診断されている。[rctportal.niph.go.jp] ホーム 一般情報 参考 :非細胞肺癌治療、肺癌 の予防、肺癌の拾い上げ(スクリーニング)に対する別の要約が PDQ(Physican Data Query: 医師情報質問 ) にあります。 米国、 2006年における肺癌(非細胞細胞の合計)の推定新患者および死亡数は(1) 新患者 174,470 人、死亡数 162,460 人。[akiba.gr.jp] 細胞肺癌の再発であることを病理学的に確認することは必須としない 2) 初回治療として、プラチナ製剤を含む併用化学療法または、プラチナ製剤を含む化学放射線療法を受けている 3) 細胞肺癌に対する外科的切除術の既往がない 4) 初回治療の最終治療日から90日以上経過して(A-Cのいずれかに該当)、画像にて再発が確認されている。[rctportal.niph.go.jp]

  • 石綿症

    通常の肺癌と同様の肺癌が、石綿曝露者に多い事が知られています。肺癌には、扁平上皮癌、細胞癌、腺癌、大細胞癌の4種類が代表的なものですが、石綿曝露で特にどの組織型が増加すると言うことはなくて全体的に増加するようです。 (写真 アスベスト関連肺癌CT像) 肺癌というと喫煙による影響が有名ですが、石綿による影響も古くから知られています。[asbestos-center.jp]

  • ニューロパチー

    書誌情報 症例 感覚性ニューロパチーと膜性腎症が先行し,発症した細胞肺癌の1例 伊藤 浩 町田 和彦 高村 智恵 大曽根祥子 矢口 大三 松下 明弘 松尾 正樹 独立行政法人労働者健康福祉機構中部ろうさい病院呼吸器内科 要旨 症例は67歳,男性.中部ろうさい病院の約1年前に膜性腎症と原因不明の感覚性ニューロパチーを指摘された.その際に施行[journal.kyorin.co.jp] 転移を伴う非細胞肺癌に対し、carboplatinとnab-paclitaxelによる抗癌剤治療が開始されたが、病巣拡大を認めたため、nivolumabによる治療に変更した。2コース目の治療終了から5日後に下肢筋力低下が出現し、その5日後には起立困難となり前医に入院となった。[imic.or.jp] の抗Hu抗体が陽性であり,神経症状は傍腫瘍性感覚性ニューロパチーと診断した.化学療法を行い腫瘍の原発巣とリンパ節腫大は消退.ネフローゼは軽快したが,感覚障害の改善は得られなかった.現時点で再発は認めず経過観察を継続中である.我々は,感覚性ニューロパチーと膜性腎症が先行した後に発症した細胞肺癌の1例を報告する.[journal.kyorin.co.jp]

  • 上大静脈症候群

    細胞肺癌による上大静脈症候群症例に対する放射線治療の照射線量と予後との関連. ・レトロスペクティブ. 57例. ・細胞肺癌による上大静脈症候群に対して化学放射線治療施行例. ・平均BED 71.5Gy. ・エトポシド シスプラチンによる化学療法を同時/逐次併用. ・全例、1サイクル以上の化学療法を同時兵よ右.[sites.google.com] キーワード 非細胞肺癌 細胞肺癌 上大静脈症候群 血管内ステント オンコロジー・エマージェンシー Received 22 Aug 2011 / Accepted 31 Jan 2012 連絡先:興梠 博次 860-8556 熊本市本荘1-1-1 熊本大学医学部附属病院呼吸器内科 日呼吸誌, 1(5): 374-380, 2012 著者名[journal.kyorin.co.jp] Poster74 気管支鏡インターベンション 座長:() P-441.上大静脈症候群に対し血管内ステント留置が有効だった細胞肺癌の一例 * 矢島 剛洋 1 ・神宮 大輔 1 ・生方 智 1 ・渡辺 洋 1 ・佐澤 由郎 2 坂総合病院呼吸器内科 1 ;同呼吸器外科 2 症例は66歳男性.右上葉限局型細胞肺癌(cT1aN2M0 cStageIIIA[haigan.gr.jp]

  • 幼年期非小細胞肺癌

    (グレードB) エビデンス EGFR遺伝子変異とALK遺伝子転座陰性か不明非細胞肺癌の標準的2次治療化学療法とEGFR-TKIは,交差耐性がないと考えられているため,EGFR 遺伝子変異とALK遺伝子転座陰性か不明の非細胞肺癌の標準的2次治療化学療法の治療成績を考慮する。[haigan.gr.jp] また,本邦において再発非細胞肺癌を対象としたニボルマブ単剤の第Ⅱ相試験が行われ,非扁平上皮癌でORR 19.7%,PFS 2.8カ月の成績が報告された。[haigan.gr.jp] 総 論 Ⅳ期非細胞肺癌における薬物療法の意義とサブグループ別の治療方針 樹形図 解 説 Ⅳ期非細胞肺癌で用いられる薬物療法では長らく細胞障害性抗癌剤がその中心を担ってきた。細胞障害性抗癌剤と緩和治療を比較したメタアナリシスによって,細胞障害性抗癌剤が有意に生存を延長させることが示されている 1) 。[haigan.gr.jp]

さらなる症状