Create issue ticket

考えれる24県の原因 小型巨核球増加

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    抗リン脂質抗体症候群 との鑑別のために凝固系の異常や血栓症などの臨床症状に注意が必要である.抗核抗体が高値の場合は,SLE との鑑別を行う.直接Coombs 検査が陽性の場合は,自己免疫性 溶血性貧血 を合併するEvans 症候群と診断される. ⑤骨髄検査 ITP における骨髄の典型像は,やや小型から成熟の増加と血小板付着像の消失である[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    抗リン脂質抗体症候群 との鑑別のために凝固系の異常や血栓症などの臨床症状に注意が必要である.抗核抗体が高値の場合は,SLE との鑑別を行う.直接Coombs 検査が陽性の場合は,自己免疫性 溶血性貧血 を合併するEvans 症候群と診断される. ⑤骨髄検査 ITP における骨髄の典型像は,やや小型から成熟の増加と血小板付着像の消失である[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 骨髄異形成

    5q-症候群は女性に多く、不応性貧血、血小板数は正常ないし増加の 形態異常(小型で単核の巨核球)などを特徴とした症候群であり、予後良好とされていま す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    3.本態性血小板血症(ET)と原発性骨髄線維症(PMF)の初期段階との鑑別 ET :鹿の角様のような過分様核と巨大巨核球、疎な巨核球クラスター PMF:雲上核を有する巨核球、裸核巨小型異型、クロマチン濃染の巨核球、密な巨核球クラスター、 骨梁周囲での異形成を示す巨核球増加 4.European consensus guidelines[sk-blood.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    顆粒球系細胞の形態異常、半数 以上の症例で赤芽球系の形態異常、80%以上の症例では小型など、巨核球系 にも形態異常を伴います。約30%の症例では骨髄生検において軽度 中等度の細網 線維の増加が認められます。約20%の症例では未熟なplasmacytoid dendritic cellの 集簇が認められます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 線維形成性髄芽腫

    ⑥ inv(3)(q21q26.1)またはt(3;3)(q21;q26.2);RPN1-EVI1を有するAML 血小板数が正常 増加を伴うことが多い白血病です。多血球系に異形成を伴い、 増加、多核分離、単核、小型の細胞が認められ、予後不良です(亜ヒ酸が有効で あるという報告あり)。複雑核型、第7番染色体の異常も認められます。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 骨髄線維症

    3.本態性血小板血症(ET)と原発性骨髄線維症(PMF)の初期段階との鑑別 ET :鹿の角様のような過分様核と巨大巨核球、疎な巨核球クラスター PMF:雲上核を有する巨核球、裸核巨小型異型、クロマチン濃染の巨核球、密な巨核球クラスター、 骨梁周囲での異形成を示す巨核球増加 4.European consensus guidelines[sk-blood.com]

  • 類白血病反応

    診断時, myeloblasts, promyelocytesの増加(%上昇)はみられない. myelocyte, 成熟好中増加している. 赤芽, 増加することがある. Mgkは正常細胞だが小型Mgkが増加することあり.[ft-patho.net]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    鉄染色で環状鉄芽を認める。 小型の出現は特徴的 5. 血液生化学 LDH・間接ビリルビン上昇 (無効造血を反映)、鉄・フェリチンは正常 増加。VB12 や葉酸は低下しない。 (2). 鑑別診断 再不貧・PNH・巨赤芽球正貧血 (悪性貧血等)・ITP・膠原病・脾機能亢 進症・白血病・骨髄線維症・癌の骨転移。 (3).[ibaraisikai.or.jp]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    PMFの除外;細網線維やコラーゲン線維増加、末梢血に白赤芽症を認めない。 PMFに特徴的な小型から大型のもの核細胞質比の異常、 クロマチン構造の増加、核が球形もしくは不整に折り畳まれている、密に集簇する) を伴い、骨髄が過形成を示す、などの所見は認めない。 CMLの除外;BCR-ABL融合遺伝子を認めない。[oita-amt.jp]

さらなる症状