Create issue ticket

考えれる1,615県の原因 小児疾患, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 小児疾患, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 尿路感染症は小児、性的活動期、高齢者に多い疾患です。中間尿で白血球が検出され(膿尿)、尿培養検査で細菌数が1mlあたり10万個が認められた場合、尿路感染症と診断されます。原因菌としては大腸菌が最も多いです。しかし、アデノウイルスやクラミジア、真菌(カンジダ)に起因することもあります。[kyorin-u.ac.jp] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp]

  • 急性胃腸炎

    細菌性腸炎は実質臓器の細菌感染や敗血症と異なり、自然軽快傾向が強いからである。 代表的な止痢薬であるロペラミドは乳幼児では腸閉塞を合併しうるため使用に注意が必要であり、細菌性腸炎では病原体の排泄を遅らせ重症化させる危険があるため禁忌である。[ja.wikipedia.org] ということで、古 い本を久しぶりに広げたところ、『急性胃腸炎とは、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などを伴う急性炎症を意味し、その原因は多彩である』と書いていました(『小児疾患の診断治療基準』より)。 きゃ 先生も本で調べるんですね! まあ…いわゆる『症候群』なんですよ。つまり、症状だけから出てきた診断名。[hosp.town.yakumo.hokkaido.jp] 医療機関受診が必要な下痢症とは ① 6ヶ月未満、8kg未満の小児 6ヶ月未満の子は腎臓における濃縮力が低く脱水になりやすい、また、そのためORSの使用が出きません。 ② 早産、慢性疾患をもつ児、現在、何かの病気にかかっている児 基礎疾患が悪化しやすく、胃腸炎も重症化しやすいです。[tsudashonika.com]

  • 貧血

    ゼプ 敗血症のこと。英語で敗血症を意味するSepsisより。 敗血症性ショックを起こすことを「ゼプる」、「ゼプった」などと言う。 患者の症状を意味する医療現場の用語には他に、アテレクやタキル、ワゴるなどがある。 掻爬(そうは) 体表面や体腔内の組織を掻き出す(かきだす)こと。[job.nikken-mc.jp] 鉄欠乏性貧血のほかにも,様々な原因で貧血が起こることがあるので注意が必要です.感染症が長引くあるいは繰り返す,何らかの慢性疾患がある場合にも貧血になることがあります.小児ガンや白血病で貧血になる場合には,発熱,手足の痛み,あざや鼻血,元気のなさなどを伴うので注意が必要です.生まれながらの病気で貧血になる場合もあります.例えば,溶血性貧血では[zousantsushin.jp] 小児特有の貧血に、長すぎる授乳期間による食事性貧血とか、小児仮性貧血(血管の収縮による蒼白)、ファンコニー貧血(形態異常を伴う先天的疾患)などがあり、また、遺伝的血液疾患は学童期から発病してくる。 [伊藤健次郎] 貧血の治療法は原因によって異なる。[kotobank.jp]

  • グラム陰性菌肺炎

    治療反応がない場合はカテーテルを抜去し、感染性心内膜炎・血栓静脈を除外。[kufm.kagoshima-u.ac.jp] また、小児においては化膿性疾患を起こすことも あります。 呼吸器感染症の原因菌として重要なS.pyogenes (A群溶連菌)が含まれます。グラム陽性の連鎖状の球菌で、通性嫌気性、非運動性、 カタラーゼ陰性、5%ヒツジ血液寒天培地に 透明な溶血環を作ります。[bml.co.jp] トスフロキサシン (商品名:オゼックス小児用細粒) は例外で小児への適応症をもつ)。 基礎疾患や障害のある患児では、その疾患によって肺炎の起炎菌に特徴がある。また、過去の細菌検査の結果も起炎菌推定の助けになる。 呼吸器学 歯周病 感染症 口腔細菌学 日本呼吸器学会[ja.wikipedia.org]

  • 電撃性紫斑病

    続きを読む 電撃性紫斑病と敗血症 肺炎球菌性敗血症は合併症として電撃性紫斑病を発症することがあります。肺炎球菌性敗血症になる事から電撃性紫斑病を引き起こすことはあるのか、肺炎球菌による敗血症で電撃性紫斑病を伴うのはどうしてなのか、髄膜炎菌性髄膜炎で敗血症になり電撃性紫斑病になることはあるのか、などを紹介したいと思います。[shihanbyou.com] CRP,PCTは徐々に低下し敗血症からは回復したが,紫斑の改善は認められず,四肢末端優位に全身に波及し,循環動態の悪化とともに数日間で急速に水疱形成,表皮剥離,乾性壊死へと進行した( Figure 2 )。[jstage.jst.go.jp] IV 慢性疾患の急性増悪 A 慢性皮膚疾患 1 救急でみる足白癬・皮膚カンジダ症の悪化 2 救急でみる痤瘡の悪化 3 救急でみる乾癬の悪化,膿疱性乾癬 4 救急でみるアトピー性皮膚炎の悪化 B 脈管性疾患 1 糖尿病性潰瘍・壊疽 2 血行障害による下肢の潰瘍・壊疽 3 下腿潰瘍と深部静脈血栓症 4 救急でみるコレステロール結晶塞栓症 C[shinryobunko.co.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    この病気では顆粒球減少のために感染症(肺炎、敗血症など)がしばしば致 命的になります。また、出血もしやすく、これらの合併症の治療が非常に大切 です。 (4)骨髄異形成症候群(MDS) このややこしい名前の病気は、まだ名づけられてから十数年の新しい概念です。 一般には貧血には分類されません。白血病に近い顆粒球系の病気とされます。[city.gifu.med.or.jp] 徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載) 子どもの鉄欠乏性貧血はそれほどめずらしい疾患ではありません。とくに成長の著しい乳幼児期や思春期には多く見られます。しかし多くの貧血は徐々に発生しますから症状に気づかずに経過することが多いものです。[topics.or.jp]

  • ブドウ球菌性肺炎

    私たちはすでに小児科領域の重症細菌感染症であるS. aureus及びStaphylococcus epidermidisによる敗血症, 化膿性髄膜炎に対するCMZの有用性を報告したが, 今回呼吸器感染症中重篤な疾患で, ディスク感受性成績からではあるがCEZ耐性, CMZ感受性のS. aureusによる肺炎及び膿胸4例にCMZを投与し, その[jstage.jst.go.jp] 投与時 静脈内大量投与により血管痛、血栓静脈等を起こすことがあるので、これを予防するため注射液の調製、注射部位、注射方法等について十分に注意し、その注射速度はできるだけ遅くすること。 調製時 配合時には配合変化データを参照すること。次の注射剤と混合後、配合変化を起こすことが確認されているので注意すること。[kegg.jp] 慢性呼吸器疾患や重症心疾患などの基礎疾患を有する小児ではRSウィルス感染が致命的となることがあるため、院内感染の原因として重要なウィルスです。 診断は鼻咽腔分泌物中のウィルスの抗原を検出する 迅速診断用キット (イムノカードST-RSV、上図)を用いることにより容易ですが、入院中の2才未満児にのみ健康保険が適用されます。[nsknet.or.jp]

  • 虫垂炎

    腹膜炎を併発したり、細菌が血流に乗って全身に広がる敗血症になると命に関わることもあるため、初期段階での発見・早期治療が重要です。 症 状 初期症状として多いのは、上腹部(みぞおち)またはへそ周辺の腹痛です。腹痛は時間の経過とともに右下腹部へと移動します。吐き気や嘔吐はこの経過中に起こります。[chiba-city-med.or.jp] 解説:福岡大学小児外科で扱う日常的な小児外科疾患 そけいヘルニア でべそ(臍ヘルニア) こどもの便秘 赤ちゃんのお尻の病気 肛門周囲膿瘍 こどもの虫垂炎 腸重積 胃瘻の造設[med.fukuoka-u.ac.jp] また、虫垂が破裂すると、細菌が血流に感染して 敗血症 という生命を脅かす状態に至ることがあります。[msdmanuals.com]

  • 髄膜転移

    ⑥主要鑑別対象疾患 粘膜、皮膚、眼をおかす疾患 多形滲出性紅斑、急性薬物中毒、Reiter病 BDの主症状の一つをもつ疾患 口腔粘膜症状 慢性再発性アフタ症、Lipschütz病(陰部潰瘍もある) 皮膚症状 化膿毛嚢、尋常ざ瘡、結節紅斑、遊走血栓静脈、単発血栓静脈、Sweet病 眼症状 転移性眼内炎、敗血症性網膜炎、レプトスピローシス[ryumachi.umin.jp] 内科学 と 精神医学 の両面から発展し、同領域を 外科学 分野では 脳神経外科学 で取り扱い、小児の脳、神経、筋疾患の てんかん や 発達障害 は 小児神経学 で取り扱う。 標榜診療科 の名称としては「神経内科」とされてきたが、2017年より 日本神経学会 が「 脳神経内科 」に変更する事を決めた [1] 。[ja.wikipedia.org] 脳神経疾患について 三叉神経痛 顔面けいれん 髄膜腫 間脳下垂体疾患 血管芽腫 脳動脈瘤 脳動静脈奇形 頚動脈狭窄症 もやもや病 くも膜のう胞 小児頭部外傷 慢性硬膜下血腫 正常圧水頭症 脊椎脊髄疾患 手根管症候群 難治性疼痛 認知症 しびれ・痛み 学生・研修医の 皆様へ 診療風景 脳神経外科病棟 より 学会事務局 関連施設リンク 東京女子医科[twmu-mcens.jp]

さらなる症状

類似した症状