Create issue ticket

考えれる1県の原因 小児期~20代に発症

  • 円錐角膜

    これは通例、思春の始まり頃であり、診断がつくのが10終わりから20始めである。稀には小児発症することや成人後遅れて発症することもある。発症が早いと、後の生活がより困難になるおそれがある。 障害の経過は実に様々であって、数年以上も安定な状態を保つ症例もあれば、急激に進行する場合、安定している中で時折急な進行を見せる場合もある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状