Create issue ticket

考えれる173県の原因 小児期~青年期に発症

  • パニック発作

    通常は、青年の終わり頃から成人初期に発症します( 小児青年期のパニック症 )。[msdmanuals.com]

  • 神経症性障害

    青年期に通常発症する行動および情緒の障害 8 てんかん 68 その他 1 合計 1015[ncnp.go.jp] 〈児童〉および青年期に通常発症する行動および情緒の障害 3 F99 詳細不明の精神障害 2 その他 3 合 計 265 2.[toshima-hp.jp] および 青年期に通常発症する行動 および情緒の障害 0 0 0 0 その他 4 3 293 4 合計 81 254 6,136 400 335 6,536 ※一患者複数病名(主病名・副病名)でカウント、再診は外来・入院で月各一回のみカウント。[osakah.johas.go.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    の情緒障害 F94 小児および青年に特異的に発症する社会的機能の障害 概念 F94.0 選択性縅黙 F94.1 小児期の反応性愛着障害 F94.2 小児期の脱抑制性愛着障害 F95 チック障害 概念 F95.0 一過性チック障害 F95.1 慢性運動性あるいは音声チック障害 F95.2 音声および多発運動性の合併したチック障害 F98[medicalview.co.jp] ) F98 小児および青年期に通常発症する他の行動および情緒の障害 F98.0 非器質性遺尿症 F98.1 非器質性遺糞症 F98.2 乳幼児期および小児期の哺育障害 F98.3 乳幼児期および小児の異食症 F98.4 常同運動障害 F98.5 吃音[症] F98.6 早口症 F98.8 他の小児および青年に通常発症する特定の行動と[rr2.nakayamashoten.co.jp] その場合、軽症かつ慢性(少なくと2年間持続)で、小児青年期にいつのまにか発症していることが多くみられます。また、他の精神疾患、たとえば不安症(特にパニック症)や物質乱用、境界性パーソナリティ障害と併発するケースもよくあります。他の疾患では説明できない場合に限り、気分変調症と診断されることになっています。[e-heartclinic.com]

  • 気分変調性障害

    その場合、軽症かつ慢性(少なくと2年間持続)で、小児青年期にいつのまにか発症していることが多くみられます。また、他の精神疾患、たとえば不安症(特にパニック症)や物質乱用、境界性パーソナリティ障害と併発するケースもよくあります。他の疾患では説明できない場合に限り、気分変調症と診断されることになっています。[heartclinic-machida.com] および青年期に通常発症する行動および情緒の障害(F9) 引用:厚生労働省「自立支援医療(精神通院医療)の概要」 気分変調症の人の仕事 気分変調症の人は落ち込んだ状態だけでなく、集中困難や決断困難といった症状もあるので仕事ができないと思うかもしれません。[challenged.ahc-net.co.jp] 経過 よくあるケースでは、小児青年期、あるいは成人期早期と早い段階に発症し、自分では気づかないうちに症状が進行し、慢性化していきます。 子どもは、寛解、再燃を伴い、時に大うつ病性障害を合併することもあります。患者さんの15 20%は、思春期のあとに軽躁病相、躁病相、または混合性病相に発展する可能性があります。[e-heartclinic.com]

  • パーソナリティ障害

    小児期後期以降から現れる傾向にあるが、16 17歳において適切に診断されるということは疑わしく、成人に入り明らかとなってから持続する。 診断基準dが、小児から青年期に発症したものが持続していることを要求している。診断基準eが、相当な苦痛について言及している。診断基準fが、職業上あるいは社会的遂行機能の重大な障害を要求している。[ja.wikipedia.org] パーソナリティ障害は、小児青年期に現れ持続するものである。従って、成人期に発症したなら、ストレスや、脳の疾患に伴って起きる別の原因がある可能性がある。各々のパーソナリティ障害は、行動上の優勢な症状に従って下位分類されているだけであり、排斥しあうことはない。 しかし、苦しみやつらさが一つに限局できず、より深い問題を抱える例がある。[ja.wikipedia.org]

  • 心律動異常

    不適合状態 2-1 成人のパーソナリティ(人格)及び行動の障害(F6)又はその既往歴のあるもの 2-2 小児及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(F9)又はその既往歴のあるもの 検査方法及び検査上の注意 3-1 「診断上の一般注意」参照のこと。[aeromedical.or.jp]

  • 器質性脳症候群

    および青年に通常発症する行動および情緒の障害 F90 多動性障害 F91 行為障害 F92 行為および情緒の混合性障害 F93 小児 児童 に特異的に発症する情緒障害 F94 小児 児童 および青年に特異的に発症する社会的機能の障害 F95 チック障害 F98 小児 児童 および青年期に通常発症するその他の行動および情緒の障害[pref.fukushima.lg.jp] (分離不安障害など) 小児および青年に特異的に発症する社会的機能の障害(選択緘黙、愛着障害など) チック障害(トゥレット症候群など) 小児および青年期に特異的に発症する他の行動および情緒の障害(吃音など) ( 「発達障害を理解しよう」 :東京都福祉局より引用) 発達障害の詳しい説明は「 発達障害と認知機能 」のページをご覧ください。[cogniscale.jp] の情緒障害 F94 小児および青年に特異的に発症する社会的機能の障害 概念 F94.0 選択性縅黙 F94.1 小児期の反応性愛着障害 F94.2 小児期の脱抑制性愛着障害 F95 チック障害 概念 F95.0 一過性チック障害 F95.1 慢性運動性あるいは音声チック障害 F95.2 音声および多発運動性の合併したチック障害 F98[medicalview.co.jp]

  • 統合失調感情障害

    (1)妄想 (2)幻覚 (3)まとまりのない発語(例:頻繁な脱線または滅裂) (4)ひどくまとまりのない、または緊張病性の行動 (5) 陰性症状 (すなわち感情の平板化、意欲欠如) B.障害の始まり以降の期間の大部分で仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能のレベルが病前に獲得していた水準より著しく低下している(または、小児青年[therapilasis.hatenadiary.jp] 障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能のレベルが病前に獲得していた水準よりも著しく低下している(または、小児青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない) C. 障害の持続的な兆候が少なくとも6ヶ月間存在する。[h-navi.jp] (B)社会的または職業的機能の低下:障害の始まり以降の期間の大部分で,仕事,対人関係,自己管理などの面で一つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している(または,小児青年期の発症の場合,期待される対人的,学業的,職業的水準まで達しない)。 (C)期間:障害の持続的な徴候が少なくとも6ヵ月間存在する。[kotobank.jp]

  • 大うつ病エピソード

    経過 よくあるケースでは、小児青年期、あるいは成人期早期と早い段階に発症し、自分では気づかないうちに症状が進行し、慢性化していきます。 子どもは、寛解、再燃を伴い、時に大うつ病性障害を合併することもあります。患者さんの15 20%は、思春期のあとに軽躁病相、躁病相、または混合性病相に発展する可能性があります。[heartclinic-machida.com]

  • 交差性融合異所性腎

    重症のものは出生前,出生直後,または小児早期から腎関連症状で発症するが,比較的軽症の患者では小児後期または青年期に肝関連症状で発症する。 発症した新生児には腹部膨隆がみられ,腎臓は巨大化して硬く,表面平滑で左右対称である。重症の新生児では,腎機能障害および羊水過少が出生前に与える作用により肺低形成を来すことが多い。[msdmanuals.com]

さらなる症状