Create issue ticket

考えれる1県の原因 小児期の骨脆弱性発症

  • 骨粗鬆症

    こつそしょうしょう 概要 骨粗鬆症は、「骨量の減少ならびに骨組織の微細な構造や骨質の劣化によって骨が脆弱になり、骨折を来しやすくなった全身性の骨疾患」のことをいいます。低骨量を来す疾患には、閉経後骨粗鬆症、続発性骨粗鬆症(内分泌疾患に伴うもの、薬物投与によるもの、関節リウマチなど)などがありますが、近年、骨強度は骨密度だけでなく、骨の質(微細構造、代謝回転、微小骨折、石灰化など)が重要であることが明らかになってきています。 高齢社会の到来に伴い、骨粗鬆症の有病率は 50歳以上の女性の24%、50歳以上の男性の4%を占め、最新の統計では約1,280[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状