Create issue ticket

考えれる3県の原因 小児期に浮腫発症

  • 後天性血管浮腫

    常染色体優性遺伝を示し 、日本では10数家系存在するという報告もあり、この遺伝性だった場合、 小児〜思春期に発症 することが多くあります。 クインケ浮腫の診断は? 最初は 皮膚科 もしくは アレルギー科 に行き、疑いを持たれますが、詳しく診断するためには検査機器の整った大学病院等で調べる必要があります。[medical-symptoms.net]

  • 遺伝性血管性浮腫

    または思春期に最初の徴候 (出現消退を繰り返す浮腫発症年齢 成人期に最初の徴候 HAE 1型(C1-INHの機能およびタンパク量の低下) HAE 2型(機能的な低下のみ) HAE 3型(女性のみ発症、C1-INH欠損でなく 血液凝固第12因子の遺伝子異常?)[hae-info.jp] 欠損による) 徴候と症状 血管性浮腫 (ヒスタミンを介する) 通常は、家族のだれかに繰り返す浮腫が見られる 家族の病歴 家族に同様の症状なし 皮膚の腫脹(境界が不明瞭) 腹痛発作 喉頭浮腫(ときに致命的である) 舌の腫脹 蕁麻疹に付随しない 臨床症状 皮膚の腫脹(境界が明瞭) 舌の腫脹 ほかの器官は影響なし 多くの場合、蕁麻疹に付随する 小児[hae-info.jp]

  • 遺伝性神経障害

    または思春期に最初の徴候 (出現消退を繰り返す浮腫発症年齢 成人期に最初の徴候 HAE 1型(C1-INHの機能およびタンパク量の低下) HAE 2型(機能的な低下のみ) HAE 3型(女性のみ発症、C1-INH欠損でなく 血液凝固第12因子の遺伝子異常?)[hae-info.jp] 欠損による) 徴候と症状 血管性浮腫 (ヒスタミンを介する) 通常は、家族のだれかに繰り返す浮腫が見られる 家族の病歴 家族に同様の症状なし 皮膚の腫脹(境界が不明瞭) 腹痛発作 喉頭浮腫(ときに致命的である) 舌の腫脹 蕁麻疹に付随しない 臨床症状 皮膚の腫脹(境界が明瞭) 舌の腫脹 ほかの器官は影響なし 多くの場合、蕁麻疹に付随する 小児[hae-info.jp]

さらなる症状