Create issue ticket

考えれる27県の原因 小さな胎盤

  • 常位胎盤早期剥離

    母体へのリスク 常位胎盤早期剥離により、子宮内で大量出血が起こります。出血で生じた血腫がさらに周囲の胎盤を剥がし、全身の血管内に小さな血栓ができる「播種性(はしゅせい)血管内血液凝固(DIC)」を引き起こす恐れがあります(※1)。[192abc.com]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    ステロイド外用、抗ヒスタミン薬内服、場合によっては胎盤をほとんど通過しないプレドニゾロンを内服します。 妊娠8か月になりますが、最近体のあちこちの皮膚が赤くなり、多数の小さな膿疱が環状に多数出現し、拡大してきています。微熱、倦怠感、食欲不振もあります。どうすれば良いでしょうか?[ayase-hifumi.com]

  • 妊娠糖尿病

    特に小さな血管の集まる臓器に影響が出てきます。 眼の網膜、腎臓、指先等がありますが、妊娠中で最も影響を受けるのは胎盤です。 赤ちゃんへの影響 …先天奇形、巨大児、発育不全、新生児低血糖、呼吸障害など 子供が将来、肥満や糖尿病を発症することも多くなります。[asagiri-hp.or.jp]

  • 梅毒

    感染経路と症状 :早期感染者の患部からの滲出液などに含まれる T. pallidum が、主に性的接触により、粘膜や皮膚の小さな傷から侵入して感染する。また、感染した妊婦の胎盤を通じて胎児に感染した場合は、流産、死産、先天梅毒を生じる原因となる。なお、母乳による母子感染は通常成立しないと考えられている。[nih.go.jp]

  • 妊娠糖尿病

    特に小さな血管の集まる臓器に影響が出てきます。 眼の網膜、腎臓、指先等がありますが、妊娠中で最も影響を受けるのは胎盤です。 赤ちゃんへの影響 …先天奇形、巨大児、発育不全、新生児低血糖、呼吸障害など 子供が将来、肥満や糖尿病を発症することも多くなります。[asagiri-hp.or.jp]

  • 胎盤梗塞

    『 臨床診断:前々期破水 墜落分娩 27週 110 90 23mm大の胎盤で、120mm長の臍帯と合わせて230gでした。他に150g量の凝血塊を受けとりました。27週 とすればやや小さな胎盤です。切り出し写真のように標本を作製し、検索致しました。[sns.premama.jp]

  • 前置胎盤

    基本的には、小さな病院にかかっていても前置胎盤の疑い、または診断が出た後は大きな病院へ紹介されることが多いですが、紹介がない場合は自分から医師に相談した方が良いでしょう。 ※自己血貯血:前置胎盤では帝王切開がおこなわれますが、出血量は通常の帝王切開に比べて多く、約14%の割合で輸血が必要となっています。[baby-calendar.jp]

  • 淋菌性肝周囲炎

    性行為などにより、皮膚や粘膜の小さな傷から菌が入ることによって感染し、 やがて全身性に様々な症状を引き起こす慢性感染症です。 妊娠中であれば、胎盤から胎児に感染し、先天梅毒を起こします。 感染初期には、局所に硬結や潰瘍を生じ、放置していても消退し、その後、全身性に皮膚・粘膜の症状、 血管や神経に病変を引き起こします。[huninsho.com] 一般に、皮膚や粘膜の小さな傷からT.p.が入る事により感染し、数時間後に血流によって全身にばらまかれて様々な症状を引き起こします。胎児が胎盤を通して感染したものを先天梅毒、それ以外を後天梅毒と呼びます。また症状がある顕症梅毒と、症状がなく検査(梅毒血清反応)で判明する無症候梅毒があります。[nagomic.com]

  • 保持された胎盤断片

    移植部位はに囲まれ、胎児が含まれています漿尿膜、および子宮、脱落膜、および胎盤組織。 鉗子を使用して、所定の位置にサイトを保持し、胎盤と脱落膜組織( 図1E) に隣接した子宮壁に小さな切開を行います。これらは子宮壁と胎児を含む漿尿膜( 図1F) の両方から分離された状態になるまで、胎盤/脱落膜の周囲にトリム。[jove.com]

  • 膜様胎盤

    の胎児超音波診断は困難とされるが,小さな胎盤や,胎盤肥厚を指摘される症例には少なからず周郭胎盤が存在しているのではないかと考える.胎盤エコー像での胎児面(絨毛膜板)と母体面(基底膜板),それぞれの距離を計測する事で,周郭胎盤の診断が可能であるか,実際の症例を基に検討した.[jsum.or.jp] 胞状奇胎になると、胎盤の絨毛が、たくさんの小さな水が入ったつぶつぶのように変化するため、昔は『ぶどう子』と呼ばれました。これらを遺伝子学的に調べると、卵子の核が欠損した空の卵に精子のみが入ってできた、すなわち全ての遺伝子が精子(父親)由来である全胞状奇胎と、1つの卵子と2つの精子が受精した3倍体である部分胞状奇胎に分類できます。[wakayama-med.ac.jp] 胎盤に起きるトラブルの多くは原因がわかっていないものが多く、予防することはむずかしいですが、自分の体に現れた小さなサインも見逃さないことは大切。持続的な子宮の収縮やおなかの激痛、出血などを感じたら、産院に連絡をしてから受診しましょう。[st.benesse.ne.jp]

さらなる症状