Create issue ticket

考えれる25県の原因 小さな前頭葉

  • 前大脳動脈梗塞

    と側頭葉の間の隙間を内側から外側に向かって走行してゆき,穿通枝と呼ばれる小さな枝をいくつも出しながら脳の表面に達しますが,その支配領域は側頭葉,前頭葉,頭頂葉と脳の前方のほぼ2/3を占めております.一方,椎骨動脈ですが,これは頸骨の横突起の中を通って大孔から頭蓋内に入ってゆき,延髄の上縁で左右が合わさり脳底動脈となります.脳底動脈からは小脳[itsuki-hp.jp] 前大脳動脈は内頚動脈から分かれた後,前交通動脈にて左右の連絡を取りながら正中(真ん中)を左右並んで前上方に進んだ後,脳梁という大脳の梁のような部分に沿うようにして前方から後方へと大脳の上部を巡回してゆきます.すなわち前大脳動脈は脳の真ん中上方部分の血流を支配しております.次に中大脳動脈ですが,これは脳の中で最も太い動脈であり,シルビウス裂という前頭葉[itsuki-hp.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    と側頭葉の間の隙間を内側から外側に向かって走行してゆき,穿通枝と呼ばれる小さな枝をいくつも出しながら脳の表面に達しますが,その支配領域は側頭葉,前頭葉,頭頂葉と脳の前方のほぼ2/3を占めております.一方,椎骨動脈ですが,これは頸骨の横突起の中を通って大孔から頭蓋内に入ってゆき,延髄の上縁で左右が合わさり脳底動脈となります.脳底動脈からは小脳[itsuki-hp.jp] 前大脳動脈は内頚動脈から分かれた後,前交通動脈にて左右の連絡を取りながら正中(真ん中)を左右並んで前上方に進んだ後,脳梁という大脳の梁のような部分に沿うようにして前方から後方へと大脳の上部を巡回してゆきます.すなわち前大脳動脈は脳の真ん中上方部分の血流を支配しております.次に中大脳動脈ですが,これは脳の中で最も太い動脈であり,シルビウス裂という前頭葉[itsuki-hp.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    と側頭葉の間の隙間を内側から外側に向かって走行してゆき,穿通枝と呼ばれる小さな枝をいくつも出しながら脳の表面に達しますが,その支配領域は側頭葉,前頭葉,頭頂葉と脳の前方のほぼ2/3を占めております.一方,椎骨動脈ですが,これは頸骨の横突起の中を通って大孔から頭蓋内に入ってゆき,延髄の上縁で左右が合わさり脳底動脈となります.脳底動脈からは小脳[itsuki-hp.jp] 前大脳動脈は内頚動脈から分かれた後,前交通動脈にて左右の連絡を取りながら正中(真ん中)を左右並んで前上方に進んだ後,脳梁という大脳の梁のような部分に沿うようにして前方から後方へと大脳の上部を巡回してゆきます.すなわち前大脳動脈は脳の真ん中上方部分の血流を支配しております.次に中大脳動脈ですが,これは脳の中で最も太い動脈であり,シルビウス裂という前頭葉[itsuki-hp.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    と側頭葉の間の隙間を内側から外側に向かって走行してゆき,穿通枝と呼ばれる小さな枝をいくつも出しながら脳の表面に達しますが,その支配領域は側頭葉,前頭葉,頭頂葉と脳の前方のほぼ2/3を占めております.一方,椎骨動脈ですが,これは頸骨の横突起の中を通って大孔から頭蓋内に入ってゆき,延髄の上縁で左右が合わさり脳底動脈となります.脳底動脈からは小脳[itsuki-hp.jp] 前大脳動脈は内頚動脈から分かれた後,前交通動脈にて左右の連絡を取りながら正中(真ん中)を左右並んで前上方に進んだ後,脳梁という大脳の梁のような部分に沿うようにして前方から後方へと大脳の上部を巡回してゆきます.すなわち前大脳動脈は脳の真ん中上方部分の血流を支配しております.次に中大脳動脈ですが,これは脳の中で最も太い動脈であり,シルビウス裂という前頭葉[itsuki-hp.jp]

  • 神経根障害

    そうなると圧迫性の橈骨神経麻痺は否定的と考えられ,実際,頭部MRIで前頭葉皮質の手の領域に小さな脳塞栓症が見つかりました。直ちに抗血栓療法を開始し,幸い新たな脳梗塞は生じていません。[igaku-shoin.co.jp]

  • 欠神発作

    の傷跡のそばに推定されました(小さな図).この患者さんは,右前頭葉という症状を出しにくい場所に限局して発作が持続していたため,症状が「ぼんやりしている」だけだったのですね.抗てんかん薬を使って重積は消失し,患者さんはもとどおりに回復しています.[epilepsy.med.tohoku.ac.jp] けいれんはすぐ止まったので帰宅していたのです.しかし以前の元気がなく,ご飯を食べたりトイレに行ったりは自分でできるのですが,一日中,ぼんやりしている,との夫の話でした.脳波をとってみたらビックリ.右前頭部に20-30秒程度持続する異常な波が,繰り返し出現しているのです(大きな図).脳磁図という検査でみると,異常な活動の震源地は,以前に手術した右前頭葉[epilepsy.med.tohoku.ac.jp]

  • 脳内血腫

    症状は 被殻に限局したごく小さな出血であれば、症状は出ないこともあります。 被殻の内側には内包(上図の矢印)があります。内包は、前頭葉の一次運動野から全身へと続く運動神経の経路です。血腫が増大して内包を圧迫したり、血腫そのものが内包に及ぶようになると、 運動麻痺 が出現します。[h-ns.net]

  • 複雑部分発作

    の傷跡のそばに推定されました(小さな図).この患者さんは,右前頭葉という症状を出しにくい場所に限局して発作が持続していたため,症状が「ぼんやりしている」だけだったのですね.抗てんかん薬を使って重積は消失し,患者さんはもとどおりに回復しています.[epilepsy.med.tohoku.ac.jp] けいれんはすぐ止まったので帰宅していたのです.しかし以前の元気がなく,ご飯を食べたりトイレに行ったりは自分でできるのですが,一日中,ぼんやりしている,との夫の話でした.脳波をとってみたらビックリ.右前頭部に20-30秒程度持続する異常な波が,繰り返し出現しているのです(大きな図).脳磁図という検査でみると,異常な活動の震源地は,以前に手術した右前頭葉[epilepsy.med.tohoku.ac.jp]

  • 脳血管性認知症

    脳血管性認知症の診断 頭部CTやMRIを行うと、大きな梗塞が見られたり、小さな脳梗塞がたくさん見られることもあります。特に認知機能に重要な役割を持つ部分(前頭葉、側頭葉、後頭葉、視床、海馬など)に梗塞があることが多いです。[tyojyu.or.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    脳血管性認知症の診断 頭部CTやMRIを行うと、大きな梗塞が見られたり、小さな脳梗塞がたくさん見られることもあります。特に認知機能に重要な役割を持つ部分(前頭葉、側頭葉、後頭葉、視床、海馬など)に梗塞があることが多いです。[tyojyu.or.jp]

さらなる症状