Create issue ticket

考えれる119県の原因 小さな中脳

  • 脳卒中

    一過性虚血発作 マヒが出た よくなった しかし… 前触れがない病変の場合も 小さな梗塞のには、症状の出ないものもあります。クモ膜下出血の原因となる血管の瘤(こぶ)も、人によって軽い頭痛を伴う警告発作がみられますが、ほとんどの場合は瘤が破れるまで症状は出ず、沈黙のままです。[ncvc.go.jp]

  • 松果体嚢胞

    右の造影CTでは小さなのう胞部分をのぞいて均一な増強効果がみられます。 MRIガドリニウム増強像です。腫瘍境界がわりにはっきりしていて,や視床に浸潤像がありませんから,松果体芽腫ではないことが解ります。でも,この画像だけからは,松果体細胞腫やジャーミノーマとの区別はつきません。[plaza.umin.ac.jp] ラクナ梗塞は高血圧のために脳の細い血管が詰まっておこる小さな梗塞です。アテローム血栓性脳梗塞は比較的大きな動脈が動脈硬化をおこして細くなったり詰まったりしておこる程度の脳梗塞です。脳塞栓症は心臓に出来た血栓が流れて来て大きな血管に詰まっておこる大きな脳梗塞です。[www7a.biglobe.ne.jp]

  • 頭部外傷

    これは乳幼児の慢性硬膜下血腫といって、頭蓋骨のにあってを包んでいる硬膜と脳の表面の隙間に頭部外傷に伴い小さな出血が生じ、この出血を吸収しようとして形成されてきた反応性被膜の新生血管から逆に硬膜下腔に出血を繰り返し、また浸透圧の関係で髄液を吸収して大きくなり、脳の表面を圧迫したり刺激したりして症状が出てくるとされています。[shinseikinouge.com]

  • 内分泌機能不全

    「下垂体前葉機能低下症」とはどのような病気ですか 下垂体とは、頭蓋骨のの下にぶら下がるように存在する小さな内分泌器官で、前葉と後葉の2つの部分からなります。[nanbyou.or.jp]

  • 脳血栓症

    ラクナは「小さなくぼみ」という意味です。 アテローム血栓性梗塞 脳の 太い 血管が詰まって起こる脳梗塞【梗塞】 動脈硬化(アテローム硬化)で 狭くなった太い血管に血栓ができ、血管が詰まるタイプの脳梗塞です。動脈硬化を発症・進展させる高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病が主因です。[no-kosoku.net] もう一つは、でなく心臓の出来事によるもので、その大部分は、代表的な不整脈である心房細動の結果、心臓のにできた小さな塞栓が血液の流れに乗っての血管に運ばれてきて、そこで血流を塞いでしまう(脳塞栓症)という、起こり方です。 脳梗塞の発作が起きると、手足のしびれや麻痺、ろれつが回らないといった症状が現れ、時間とともにひどくなっていきます。[seikatsusyukanbyo.com] ラクナ梗塞(小窩性梗塞) の細い動脈が詰まって起きる梗塞がラクナ梗塞です。一般に小さな梗塞で、症状も軽症の方が多いですが、には強い半身麻痺になる方もいますので注意が必要です。最近では脳ドックなどの検査にて偶然に見つかることがあり、その場合には症状がなく無症候性ラクナ梗塞といわれています。[ai-hosp.or.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    梗塞のことを言います.その原因は主に加齢や高血圧であります.それから脳塞栓ですが,このには心原性脳塞栓と言って心房細動や心臓弁膜症,心筋梗塞など心臓が原因で心臓の中に血栓ができて,それが脳まで飛んで大きな血管を突然閉塞して発症するものや脂肪組織(骨折などで骨髄から出てくる)や空気などが脳に詰まって起こることもあります.[itsuki-hp.jp] 〈ラクナ梗塞〉 の細い動脈(穿通枝)が高血圧のために狭くなり、ふさがってできる小さな梗塞(多くは直径1・5センチ以下)です。日本人に多いタイプで、全脳 梗塞の約50 60%を占めます。症状は軽症の場合が多いものの、くり返すと脳血管性痴呆の原因にもなります。[min-iren.gr.jp] 脳幹梗塞で椎骨底動脈に狭窄がなく橋, 底部に接した縦長の穿通枝梗塞も含まれます。 穿通枝起始部の小さなアテロームによる狭窄・閉塞によるとされています(症状は進行することが多く、治療抵抗性でなかなか進行が止められないこともしばしば経験します)。 その他の脳梗塞もしくはBADとして区別して分類するほうが治療・予後を考える上で有用です。[osaka-njm.net]

  • 前大脳動脈梗塞

    梗塞のことを言います.その原因は主に加齢や高血圧であります.それから脳塞栓ですが,このには心原性脳塞栓と言って心房細動や心臓弁膜症,心筋梗塞など心臓が原因で心臓の中に血栓ができて,それが脳まで飛んで大きな血管を突然閉塞して発症するものや脂肪組織(骨折などで骨髄から出てくる)や空気などが脳に詰まって起こることもあります.[itsuki-hp.jp] 脳幹梗塞で椎骨底動脈に狭窄がなく橋, 底部に接した縦長の穿通枝梗塞も含まれます。 穿通枝起始部の小さなアテロームによる狭窄・閉塞によるとされています(症状は進行することが多く、治療抵抗性でなかなか進行が止められないこともしばしば経験します)。 その他の脳梗塞もしくはBADとして区別して分類するほうが治療・予後を考える上で有用です。[osaka-njm.net] 高脂血症などの生活習慣病やストレス,喫煙,大量飲酒,脱水,肥満なども原因となります.血栓性脳梗塞では約半数に前触れとしての一過性脳虚血発作(TIA,脳梗塞を起こしかけて麻痺やしびれなどが起こっても24時間以内に元に戻る)が認められると言われています.次にラクナ梗塞ですが,これは脳の深部にある直径1mm以下の細い動脈が閉塞して起こる15mm以下の小さな[itsuki-hp.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    内の血管ので、小さな血栓が一時的に血管を閉塞させると神経症状が出現しますが、何らかの理由で再び流れ出すと、症状は回復します。多くの発作は数分間で消失するか、長くても1時間以内に回復するため、そのまま放置する人が多いようです。しかしこの発作は、その後大きな脳卒中の発作をおこす前兆です。[toyoko-stroke.com]

  • 腺腫

    2.良性脳腫瘍(下垂体腺腫) 下垂体は,の正中部でトルコ鞍と呼ばれる骨のくぼみのに存在し大きさ7-8 mmの小さな組織です。その上方には視神経が存在しております。 下垂体は,ホルモンの中枢であり,ホルモンを分泌し,全身の各臓器に働きかけています。 下垂体腺腫は下垂体の一部の細胞が腫瘍化したもので組織学的には良性です。[kantoh.johas.go.jp] 下垂体腺腫について 下垂体は脳の正中部でトルコ鞍と呼ばれる頭蓋骨の凹みのに存在しています。 サクランボのようにぶら下がっている重さ約700mg、大きさは約1cmぐらいの小さな組織です。下垂体は、様々なホルモンを分泌して,全身のホルモン濃度をコントロールするコントロールセンターの様な役割を果たしている組織です。[nara-hp.jp] 下垂体は、脳の正中部でトルコ鞍と呼ばれる骨のくぼみのに存在しており、重さ約700 mg、大きさ7-8 mmの非常に小さな組織です。その上方には視神経 (物を見る神経)が ( 図 2) 、側方には眼球運動神経 (動眼神経・外転神経などの眼を動かす神経)が存在しております。[square.umin.ac.jp]

  • 三角線維軟骨複合障害

    手の外科センター 手は身体のでは小さな運動器ですが、「運動」「感覚」「コミュニケーション」など多くの機能を持ちと密接に関連する特殊な器官です。そのため、手に障害をきたすと日常生活や仕事、趣味などに大きな支障となります。したがってわれわれが手に外科的処置を加える場合には多部位とは異なる心構えと考え方、技術操作が必要となります。[showa-u-orthopedic.com]

さらなる症状