Create issue ticket

考えれる19県の原因 小さい、または異常な胎盤

  • 出血性甲状腺嚢胞

    この子もまた臍帯卵膜付着という1-2%と言われているへその緒の異常で、小さく生まれてきました。 胎盤には全くついてなかったという感じでした。お腹を開けてみて分かったことでした。色々とお腹を開いてみて分かることが多々あるのだなと毎回ビックリします。[tbs.co.jp]

  • 発育遅延

    大学病院で至急検診してもらいましたが、胎児自体に今のところ異常はなく、胎盤小さいため、なかなか成長できないのだろうと先生はおっしゃってました。そして、胎児は23wで290gと非常に小さく、約1ヶ月分ぐらい成長が遅れているとのことでした。[komachi.yomiuri.co.jp] ①胎児の形態異常、染色体異常、胎内感染などが原因で妊娠7か月以前から起こり、体のすべての部分が標準より小さいタイプ。②妊娠8か月以降、胎盤機能不全で胎児が栄養失調になるといった場合です。 子宮内胎児発育遅延の90%は②のタイプで、妊娠高血圧症候群などの合併症が原因です。[babycome.ne.jp] 身体が全体的に小さい。 不均衡型:胎児栄養失調 【原因】胎盤異常や母体の妊娠高血圧症候群、多胎妊娠、喫煙などにより、 血液の流れが悪くなり、胎児に届く栄養が不足することによって起こる。 【時期】妊娠中期 後期に発症することが多い。 【割合】約7 8割 【特徴】頭部は成長しているが体幹の成長が遅く、やせている。[mamanoko.jp]

  • ターナー症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XXと一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する。[ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 膜様胎盤

    【症例3】 32歳,1経妊1経産.体外受精妊娠.妊娠24週3日にFGR紹介.推定体重343g(-3.5SD).明らかな胎児異常なし.胎盤は子宮後壁付着で胎盤長径9cm,厚さ3.0cm.超音波上は胎盤自体も小さいが,母体面より胎児面が小さく周郭胎盤と診断.以後も発育停止や血流異常を認めず,妊娠36週2日に選択帝王切開施行.出生体重1230g([jsum.or.jp]

  • 胎盤嚢胞

    染色体数は正常だが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がないため)胎児がごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の 絨毛組織 が異常増殖する [1] 。 子宮腔内全体にぶどうの房状の 絨毛 の異常増殖が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 無頭骸症

    がある.妊娠週数に比べて頭臀長が小さいことや,主観的な判断にはなるが胎盤小さいことに気付くこともある(8).その他に、臍帯ヘルニアや後頭蓋窩の異常なども妊娠初期に検出しやすい異常である. 13トリソミー 全前脳胞症,巨大膀胱,臍帯ヘルニアのいずれかまたはそれらの2つ以上が,13トリソミーの半数以上にみられ,これらはいずれも妊娠初期で検出が[plaza.umin.ac.jp] 先天性心疾患に心房心室欠損症があり,重症のものであれば妊娠初期でも検出が可能である(7).大腿骨の短縮や,軽度の水腎症などの妊娠中期に検索されるいわゆるソフトマーカーの異常および消化管閉鎖は,妊娠初期ではその特徴がまだ顕著ではなく、検出は困難である. 18トリソミー 合併しうる形態的異常は多数におよび,その中でも最も特徴的なものの中に四肢の異常[plaza.umin.ac.jp]

  • ネコ鳴き症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • モザイク三染色体性 1

    また、CPMでは胎盤重量が正常核型に比べ小さい傾向にあることも確認されています。胎盤の染色体異常が16トリソミーと正常核型のモザイクの場合、FGRやIUFD、胎児構造異常に関連することが報告されるなど、CPMによる胎児発育不全に関しては多くの症例が報告されています。[jaog.or.jp] 全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 9

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

さらなる症状