Create issue ticket

考えれる16県の原因 小さい、または異常な胎盤

  • 出血性甲状腺嚢胞

    この子もまた臍帯卵膜付着という1-2%と言われているへその緒の異常で、小さく生まれてきました。 胎盤には全くついてなかったという感じでした。お腹を開けてみて分かったことでした。色々とお腹を開いてみて分かることが多々あるのだなと毎回ビックリします。[tbs.co.jp]

  • 発育遅延

    大学病院で至急検診してもらいましたが、胎児自体に今のところ異常はなく、胎盤小さいため、なかなか成長できないのだろうと先生はおっしゃってました。そして、胎児は23wで290gと非常に小さく、約1ヶ月分ぐらい成長が遅れているとのことでした。[komachi.yomiuri.co.jp] 身体が全体的に小さい。 不均衡型:胎児栄養失調 【原因】胎盤異常や母体の妊娠高血圧症候群、多胎妊娠、喫煙などにより、 血液の流れが悪くなり、胎児に届く栄養が不足することによって起こる。 【時期】妊娠中期 後期に発症することが多い。 【割合】約7 8割 【特徴】頭部は成長しているが体幹の成長が遅く、やせている。[mamanoko.jp] 不均衡型(asymmetrical type) 胎児栄養失調型 ・胎盤血流障害に起因した栄養障害によって生じる ・血流再配分が生じる結果、頭囲の発育は正常範囲にあるが躯幹の小さい不均衡な発育を示す ・妊娠後期で発症することが多い ・胎盤梗塞、前置胎盤、臍帯付着異常、妊娠高血圧症候群、多胎、母体合併症妊娠、喫煙 など ・頻度:7080% 、児[mixi.jp]

  • ターナー症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XXと一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する。[ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • ネコ鳴き症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 9

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 15

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 19

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 20 症候群

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

  • 環状染色体 4

    全胞状奇胎は無核卵子と精子が受精した場合で、大半が染色体23Xの精子の遺伝子を倍加させた46XX [2] と一見正常に見えるが、哺乳類の場合は胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来の物なので、この場合(母親由来の遺伝子がない)胎児はごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるため胎盤の絨毛組織が異常発達する [3][ja.wikipedia.org]

さらなる症状