Create issue ticket

考えれる212県の原因 尋常性白斑

  • 円形脱毛症

    また円形脱毛症は、橋本病に代表される甲状腺疾患、尋常白斑、SLE、関節リウマチ、あるいは重症筋無力症などの各種自己免疫疾患と併発する場合があります。特に、甲状腺疾患は約8%、尋常白斑は約4%の患者が、円形脱毛症を併発していると言われています。[enkei-datsumou.com] ,SLE,関節リウマチ,I 型糖尿病,あるいは重症筋無力症などの自己免疫疾患が合併することが知られている18)19).特に甲状腺疾患は 8%,尋常白斑は 4%の合併率を有するとの報告がある 3 アトピー性皮膚炎 患者 47 例中 29 例がアトピー性疾患(気管支喘息,アトピー性皮膚炎,軽度のアレルギー性鼻炎)のいずれかを合併し23),AA[ikumou-professionals.com] 円形脱毛症は、橋本病(慢性甲状腺炎)に代表される甲状腺疾患、 尋常白斑 じんじょうせいはくはん 、関節リウマチ等の自己免疫疾患と併発する場合があります。また、円形脱毛症になりやすい体質もあり、そのような人は改善しても再発することが多いようです。 円形脱毛症は遺伝する?[d-yutaka.co.jp]

  • 皮膚感染症

    狭範囲中波長紫外線(NB-UVB)照射を、通常の外用内服では治療に難渋する尋常乾癬、アトピー皮膚炎、類乾癬、尋常白斑、円形脱毛症、痒疹など、に用いています。 ダーモスコピーを導入し、主に色素性病変の良性・悪性の鑑別に役立てています。[kanden-hsp.jp] 胼胝腫(タコ)鶏目(ウオノメ)、毛孔苔癬(さめはだ)、肝母斑(シミ) 老人色素斑(シミ)、雀卵斑(そばかす)、老人疣贅(としよりいぼ) 尋常白斑(しろなまず)、瘢風(くろなまず) トラネキサム酸治療 シミ、肝斑 レーザー治療 赤あざ、青あざ、茶色いあざ、外傷性刺青 トラネキサム酸について 元々は抗炎症薬や止血剤として、蕁麻疹や扁桃炎[e-hifuka.jp] 石川 貴裕 いしかわ たかひろ (医員) 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 皮膚腫瘍 アレルギー 皮膚科一般 波多野 美由紀 はたの みゆき (非常勤医員) 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 皮膚科一般 小田 充思 おだ あつし (非常勤医員) 皮膚科一般 専門分野・特色 乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、菌状息肉腫、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹、尋常白斑[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 尋常性白斑

    20-30%の尋常白斑患者で家系内発症がみられる。 症状が 頭髪 部分に来ると、その部分の毛の色が白くなる場合もある。 2012年に 日本皮膚科学会 によって尋常白斑診療ガイドラインが策定された。[ja.wikipedia.org] 尋常白斑 (じんじょうせいはくはん、別名:しろなまず(白癜)、 英 : vitiligo vulgaris )は、 皮膚 色素をつくる部位の損失を不規則に引き起こす、慢性的な皮膚疾患である。後天性疾患であるが、環境的要因で稀に生じる可能性がある。 マイケル・ジャクソン もこの病気を患っており、長らく偏見報道に悩まされていた。[ja.wikipedia.org] 関連項目 [ 編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 尋常白斑 に関連するカテゴリがあります。 マイケル・ジャクソンの外観 マイケルの場合ストレスや頭部火傷などによる後天的発症であり、先天的な異常ではない [1] 。 アルビノ (こちらは先天性な遺伝子異常であり、後天的には生じない。)[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    アジソン病(あじそんびょう、Addison's disease)は、両側 副腎 の後天性慢性的病変により 副腎皮質 ホルモン の分泌低下を来した疾患である。 原因は、 自己免疫疾患 、 結核 、両側副腎への癌転移、 アミロイドーシス ・サルコイドーシスなどが挙げられる。 【症状】 症状は、副腎皮質ホルモンの分泌低下によるものと、それに伴う副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の増加によるものとの、大きく2つに大別される。 ホルモンの低下では、グルココルチコイド欠乏症状( 体重 減少、筋力低下、食欲不振、 低血糖 )やミネラルコルチコイド欠乏症状( 低血圧[…][kango-roo.com]

  • 尋常性魚鱗癬

    、日光色素斑、肝斑、太田母斑、色素母斑(ほくろ)・扁平母斑・尋常白斑・表皮母斑、脂腺母斑、単純性血管腫、いちご状血管腫など)・良性皮膚腫瘍(脂漏性角化症、粉瘤(アテローマ)、石灰化上皮腫など)・表皮内癌(ボーエン病、日光角化症、パジェット(ぺージェット)病など)・皮膚がん(基底細胞癌(基底細胞腫)・有棘細胞癌・悪性黒色腫(メラノーマ)[hosp.tohoku.ac.jp] ・ 尋常白斑(白なまず) ・ 尋常疣贅 ・ じんましん ・ 青年性扁平 疣贅 ・ 接触皮膚炎 ・ 帯状疱疹 ・ 多汗症 ・ 多形滲出性紅斑 ・ スティーブンス・ジョンソン症候群 ・ たこ、うおのめ ・ 丹毒 ・ 手白鮮、足白鮮(水虫) ・ 天疱瘡 ・ 凍傷(しもやけ) ・ 伝染性膿痂診(とびひ) ・ 頭部白鮮(しらくも) ・ にきび[toshiwa-kai.or.jp] 、掌蹠膿疱症など 角化症 乾癬、類乾癬、魚鱗癬、苔癬、鶏眼、胼胝など 色素異常症 尋常白斑、老人色素斑など 真皮・皮下脂肪織の疾患 結節性紅斑、環状肉芽腫、脂肪識炎など 付属器疾患 尋常性痤瘡、円形脱毛症、爪甲の変化(爪甲剥離、陥入爪)、男性型脱毛症*など(*保険適応外) 母斑と神経皮膚症候群 母斑細胞母斑、神経線維腫症など 皮膚の良性腫瘍[hakujyujikai.or.jp]

  • ターナー症候群

    ターナー症候群 (ターナーしょうこうぐん、Turner syndrome)とは、 染色体異常 の一つで、正常女性の 性染色体 がXXの2本なのに対し、X染色体が1本しかないことによって発生する一連の症候群のこと。その名称は、この症候群を報告したアメリカの内分泌学者 ヘンリー・ターナー ( 英語版 ) に由来する。大多数は適切な医学的介入のもとで健康な社会生活を送ることから、病気・障害ではなく一種の体質であることを強調する意味で「ターナー女性」という呼称を用いることが推奨されている [1] 。 原因 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性遊走性紅斑

    (いぼ)、脂漏角化腫(老人いぼ)、日光角化症、ほくろ、 その他の皮膚腫瘍 など 円形脱毛症、尋常白斑(はくはん)、しみ、そばかす、魚鱗癬(ぎょりんせん)、 足底角化症(かかとのカサカサ) など[nobuhifuka.com] 、日光色素斑、肝斑、太田母斑、色素母斑(ほくろ)・扁平母斑・尋常白斑・表皮母斑、脂腺母斑、単純性血管腫、いちご状血管腫など)・良性皮膚腫瘍(脂漏性角化症、粉瘤(アテローマ)、石灰化上皮腫など)・表皮内癌(ボーエン病、日光角化症、パジェット(ぺージェット)病など)・皮膚がん(基底細胞癌(基底細胞腫)・有棘細胞癌・悪性黒色腫(メラノーマ)[hosp.tohoku.ac.jp] 胼胝腫(タコ)鶏目(ウオノメ)、毛孔苔癬(さめはだ)、肝母斑(シミ) 老人色素斑(シミ)、雀卵斑(そばかす)、老人疣贅(としよりいぼ) 尋常白斑(しろなまず)、瘢風(くろなまず) トラネキサム酸治療 シミ、肝斑 レーザー治療 赤あざ、青あざ、茶色いあざ、外傷性刺青 トラネキサム酸について 元々は抗炎症薬や止血剤として、蕁麻疹や扁桃炎[e-hifuka.jp]

  • 連圏状ひ糠疹

    (ほくろ) 汗管腫 尋常白斑(しろなまず) 肝斑(シミ) 雀卵斑(そばかす) 老人性色素斑(日光黒子、年寄りのシミ) 脂漏性角化症(年寄りのいぼ) 表皮嚢腫(角質嚢腫・粉瘤腫)ピンポン大に成ってとても痛い 脂肪腫 血管腫 石灰化上皮腫 粘液嚢腫 ガングリオン 神経線維腫 皮膚線維腫 毛細血管拡張性肉芽腫 肥厚性瘢痕 ケロイド アクロコルドン[ja.wikipedia.org] 膠原病 鶏眼(うおのめ) 尋常魚鱗癬 紫斑病 光線過敏症 尋常白斑 陥入爪(巻き爪) いぼ ケロイド 眼けん黄色腫 つばめ皮フ科 連携病院 【連携病院】 新潟県立吉田病院 長岡赤十字病院 新潟県立がんセンター新潟病院 【登録医】 長岡赤十字病院 新潟市民病院 つばめ皮フ科 2017年度 手術実績 つばめ皮フ科2017年以降の実績はこちら[tsubame-hifuka.jp] 放射皮膚炎 種痘様水疱症 薬疹 【色素異常症】 尋常白斑 老人性白斑 先天性白皮症 まだら症雀卵斑(そばかす) 遺伝性対側性色素異常症(遠山) 肝斑 老人性色素斑 摩擦黒皮症 柑皮症 【母斑・母斑症】 色素性母斑 獣皮様母斑 扁平母斑 表皮母斑 類器官母斑 若年性黒色腫(スピッツ母斑) 青色母斑 太田母斑 伊東母斑 蒙古斑 プリングル[umeda.cure.to]

  • 癜風

    図表 特徴は自覚症状がないことと紅斑、褐色斑、白斑とさまざまな色素斑である。 鑑別すべき疾患は扁平母斑、カフェオレ斑、尋常白斑、炎症後色素斑、ジベルバラ色粃糠疹など多数あるが、直接鏡検で菌要素をみいだせば容易に確定診断できる。 癜風病巣は細かい鱗屑を伴っているため、テープを貼ってはがしたときに病巣の形に白い鱗屑が認められる。[clinicalsup.jp] 白ナマズ( 尋常白斑 )は治りにくい病気なのですが、黒ナマズ(癜風)の方は基本的に治療に対する反応のよい病気です。大半の癜風は抗真菌剤の外用(塗り薬)で治癒しますが、広範囲で外用が難しい例や再発を繰り返す例も見られ、このような場合は抗真菌剤であるイトラコナゾールの内服(飲み薬)治療を行います。[umeda.cure.to] ジベルばら色粃糠疹や尋常白斑など、他の皮膚疾患との鑑別が必要になることがあります。 検査・診断 癜風では、皮膚に生じた斑点を爪先やメスでこすると大量にフケが落ちる(落屑)ため、診断に役立ちます。[medicalnote.jp]

さらなる症状