Create issue ticket

考えれる764県の原因 対麻痺

  • 前脊髄動脈症候群

    国内における1990年 2010年の前脊髄動脈症候群の麻痺症例を対象に文献調査を行った結果、補助具を用いて歩行自立に至ったのが23例中7例であり、うち6例が痛みによる発症と2椎体の病変、1例が痺れによる発症と1椎体の病変であった。[jstage.jst.go.jp] 【 前脊髄動脈症候群の検査と診断 】 前脊髄動脈症候群とは前脊髄動脈の閉塞による、急激に下肢の麻痺や障害レベル以下の解離性感覚障害や膀胱直腸障害などが挙げられます。錐体路が侵されると、麻痺、外側脊髄視床路で、温痛覚障害、自律神経下行路が侵され、神経因性膀胱、直腸障害などです。[hospita.jp] 前脊髄動脈症候群 前脊髄動脈の閉塞により、急激に下肢の麻痺・障害レベル以下の解離性感覚障害(触覚はわかるが、痛覚と温度覚が障害)・膀胱直腸障害を呈する。背部痛を伴うことがある。 後脊髄動脈症候群 後脊髄動脈症候群は、前脊髄症候群の1/10程度の頻度で少ない。 病巣部以下の深部感覚優位の障害、深部反射の低下/消失、膀胱直腸障害が起こる。[medi.m2blog.net]

  • 頸動脈狭窄症

    SAPPHIRE traialで規定されたCEAの危険因子は心疾患(うっ血性心不全、冠動脈疾患、開胸手術が必要など)、重篤な呼吸器疾患、側頸動脈閉塞、側咽頭神経麻痺側頸動脈閉塞、側咽頭神経麻痺、頸部直達手術または頸部放射線治療の既往、CEA再狭窄例、80歳以上の少なくとも1つが該当することである。[ja.wikipedia.org] CEAのリスクを増加させる状態としては第2頚椎より高位の狭窄、胸腔内に至る低位の狭窄、過去の同側のCEAの既往、側の声帯麻痺、気管切開、頸部大手術後、放射線治療後などが上げられている。[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺癌

    『TOMOの会(患者会)』が実施した 「トモセラピー治療」に関するアンケート結果を公開しました。 「治療後のPSA推移、副作用、QOL、余病、再発・転移」 『TOMOの会(患者会)』が2013年10月実施 母数103人 【アンケート項目】 Q1:トモセラピー治療後の経過年数について Q2:トモセラピー治療後のPSAの推移状況について Q3:トモセラピー治療後の現在の副作用の有無(重複回答) Q3-A:「排尿関連」 Q3-B:「排便関連」 Q3-C:「下血関連」 Q3-D:「男性機能」 Q3-E:「その他」 Q4:全体的なQOLの変化について[…][tomotherapy.jp]

  • 多発性硬化症

    神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻 、 感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp] 二次性進行期では進行性の障害をきたす病巣は中枢神経のどこでもおきるわけではなく、錐体路の遠位部に生じやすく痙性麻痺が悪化していく形をとりやすい。ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。[ja.wikipedia.org]

  • 神経根脊髄障害
  • 筋萎縮性側索硬化症

    2) 頚髄部腫瘍 : 通常は上肢の筋萎縮と麻痺、下肢の痙性麻痺を生じる。しかし通常は 感覚障害を伴い膀胱直腸障害も高率に合併。 MRI 。 3) 頸肋 :片側ないし両側の小手筋萎縮と自発痛、感覚鈍麻あり 。[wakayama-med.ac.jp] 痙性麻痺(SPG)20型(トロイアー症候群) の臨床的特徴は,構語障害,遠位筋萎縮,軽度発達遅滞,低身長を伴う痙性不全麻痺である.ほとんどの患児には初期に発達指標(歩行・言語)の遅れを認め,その後,歩行や言語機能の緩徐な低下が見られる.病的な多幸症や号泣といった情動不安定や感情障害もよく見られる.軽度の小脳症状も一般的に認める.最重症の[grj.umin.jp] 遺伝性痙性麻痺 (HSP)の特徴は,潜行性に進行する下肢の筋力低下と痙縮である.神経障害が下肢の進行性の筋力低下と痙縮,緊張性膀胱,下肢振動覚の軽度障害(位置覚障害を伴うこともある)に限定されている場合,「純粋型」(uncomplicated)HSPに分類される.他器官の症状や,痙攣発作,認知症,筋萎縮,錐体外路症状,末梢性ニューロパチー[grj.umin.jp]

  • ムコ多糖症

    年長患者では 腰椎アライメント不整 (すなわち胸腰椎後弯症)により限局性の脊柱管狭窄症、圧迫性脊髄症、麻痺に至ることがある。 靭帯弛緩 による関節過可動はよく認められる。しかし、関節可動域の減少も膝・股・肘といった大関節で見られうる。[grj.umin.jp]

  • 不全対麻痺

    抄録 【目的】第3腰髄(以下;L3)不全麻痺症状を呈した患者に対して装具療法を実施した。術後7か月を経過した時期からでも歩行に改善がみられて活動性が向上したが、その間には装具の変更と破損に対する修理が何度も必要だった。今回の装具療法の経験について症例報告する。 【方法】下記経過の症例に対して、外来での装具処方検討を実施した。[jstage.jst.go.jp] 不全麻痺を呈しASIA Impairment Scale(以下AIS)はC,ASIA Lower Extremity Motor Score(以下LEMS)3/50,感覚は左L5 S1で軽度鈍麻,両下肢にアロディニアを認めた。[ci.nii.ac.jp] 【考察】 今回,不全麻痺例に対し,当院訓練用のスタンダードなSLBでは,立脚期の膝折れは改善されず立脚期の不安定を認め,歩行動作獲得は困難であったため,SLB処方に工夫を行った.立脚中期に外側への転倒傾向があることから外側ウェッジ・外側フレアをそれぞれ7mm追加することで安定性が増した.また立脚後期に起こる膝折れに対してはトゥスプリングを[jstage.jst.go.jp]

  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

さらなる症状

類似した症状