Create issue ticket

考えれる86県の原因 寝汗

  • 更年期障害
  • 胃食道逆流症

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、英語:Gastroesophageal Reflux Disease: GERD )とは、胃食道逆流により引きおこされる一連の疾患。以下の3つの病態の総称。 非びらん性胃食道逆流症 (non-erosive reflux disease: NERD ) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害がなく症状だけを伴うもの 逆流性食道炎 (reflux esophagitis) 食道粘膜に、びらん・粘膜障害を生じているもの バレット食道 (Barrett's[…][ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    全身的な症状としては発熱、体重の減少、盗汗(とうかん:顕著な寝汗)を伴うことがあり、これらの3つの症状を「B症状」といいます。 その他には、体のかゆみや皮膚の発疹、腫瘤(しゅりゅう)により気道や血管、脊髄(せきずい)などの臓器が圧迫されると、気道閉塞、血流障害、麻痺(まひ)などの症状があらわれ、緊急で治療が必要な場合もあります。[ganjoho.jp]

  • 慢性疲労症候群

    精神障害 — 感情が変わりやすい、不安、抑鬱、興奮、錯乱、むずむず脚症候群 中枢神経障害 — アルコール不耐性、筋肉の痙攣、筋力低下、振戦、耳鳴り、視力の変化 全身症状 — 口内炎、朝のこわばり、頻尿、体重の変化、動悸、甲状腺の炎症、寝汗、息切れ、低血糖の発作、不整脈、過敏性腸症候群、月経前症候群、発疹 現在の診断基準では、6か月以上持続ないし[ja.wikipedia.org]

  • 皮下膿瘍
  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性関節炎

    多発性関節炎(英: polyarthritis)とは2 4つの炎症が少関節炎(en:oligoarthritis)を含む5つ以上の関節での関節炎のいくつかの型。 多発性関節炎はどの年齢でも発生し、性差はない。 多発性関節炎はほとんどは関節リウマチ、乾癬性関節炎、紅斑性狼瘡(en:Lupus erythematosus)などの自己免疫疾患を原因とするが、ロスリバーウイルス(en:Ross River virus)などの感染症を原因とするものもある。 硬いマットレスと平らな枕による睡眠が多発性関節炎に対して推奨される。 多発性関節炎と下肢の両側性浮腫は関連する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 大腸憩室症
  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 慢性リンパ性白血病

    初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。[ja.wikipedia.org] リンパ節の腫れ以外に自覚症状がある場合には倦怠感、脾腫による腹部膨満や寝汗、発熱、皮膚病変などが見られる。慢性リンパ性白血病の低リスク群では無症状のまま無治療でも天寿を全うすることもあるが、病期が進行してくると貧血や血小板減少が進み、細菌や真菌などの日和見感染症や自己免疫疾患を伴うこともある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状