Create issue ticket

考えれる439県の原因 寝汗

  • 更年期障害

    手足がほてる、寝汗がひどい、めまい耳鳴りがする このような症状は ほてりタイプ といえ、血を補う作用のある 当帰 ( とうき ) や 芍薬 ( しゃくやく ) 、また元気を出す 白朮 ( びゃくじゅつ ) や 茯苓 ( ぶくりょう ) 、 甘草 ( かんぞう ) などが入った漢方薬が良く使われます。[kobayashi-seidaido.co.jp]

  • 胃食道逆流症

    さらには肩こりや耳の痛み、背部痛、口の苦味、寝汗などを自覚する方もいます。喘息と診断されていた方が胃酸を押さえる薬を飲むことで症状が軽くなることもあります。 診断 診断に重要なのは患者さんの自覚症状です。自覚症状は医師の問診で診断します。さらに食道炎の診断を下すために以下のような検査を行います。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    全身症状としては、発熱、全身の倦怠感、体重減少、寝汗などがあります。 【治療の方法】 ホジキンリンパ腫:限局型(1期、2期)では化学療法を3 4コース行い、その後病変があった部位を中心に放射線療法を行うのが、最近では一般的になっています。その理由は、全身に広がっているかもしれない病巣を根絶して治すためです。[yomidr.yomiuri.co.jp] 6ヶ月の間に体重が10%以上減少する 体がだるい 寝汗をかく 免疫力の低下、感染症を起こしやすい といった症状が出現します。 非ホジキンリンパ腫の診断・検査 悪性リンパ腫にはいろいろな種類があること、また病気の拡がりには個人差があり、治療方法にも影響するため、次のような検査を行います。多くの検査は外来で施行可能です。[kanden-hsp.jp] *予後不良因子 1)B症状(寝汗、体重減少、発熱) 2)組織型で LD (リンパ球減少型) 3)縦隔に大きな腫瘤がある(腫瘤/胸郭比が 1/3 以上) 4)頸部に大きな腫瘤がある(直径が6 cm 以上) 5)3カ所以上のリンパ節領域に腫瘤がある。 6)年齢が 40 歳以上 7)血沈の1時間値が 40mm 以上 マントル照射野の決め方。[radiol.med.tohoku.ac.jp]

  • 慢性疲労症候群

    精神障害 — 感情が変わりやすい、不安、抑鬱、興奮、錯乱、むずむず脚症候群 中枢神経障害 — アルコール不耐性、筋肉の痙攣、筋力低下、振戦、耳鳴り、視力の変化 全身症状 — 口内炎、朝のこわばり、頻尿、体重の変化、動悸、甲状腺の炎症、寝汗、息切れ、低血糖の発作、不整脈、過敏性腸症候群、月経前症候群、発疹 現在の診断基準では、6か月以上持続ないし[ja.wikipedia.org]

  • 皮下膿瘍
  • 脳卒中

    目次 脳卒中とは 脳卒中の症状 脳卒中を疑ったら 病院での検査、治療 脳卒中の予防 1. 脳卒中とは 脳の血管が破れるか詰まるかして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。より早期(発症して4.5時間以内が目安です)に治療を開始すると後遺症が軽くなることがある、救急疾患です。 原因によって、1)脳梗塞(脳の血管が詰まる)、2)脳出血(血管が破れる)、3)くも膜下出血(動脈瘤が破れる)、4)一過性脳虚血発作(TIA)(脳梗塞の症状が短時間で消失する)の4つに分類されます。 脳梗塞[…][ncvc.go.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    発汗や、寝汗がひどい場合には、汗止め効果もあるユリ根が有効です。動悸には強心作用 (きょうしんさよう) があるハスの実をとると効果があります。また、シソの葉には鎮静作用があります。 注意すべきこと 気をつけたいのは、甲状腺ホルモンの主成分であるヨード(ヨウ素)の摂取に注意することです。[kotobank.jp]

  • 多発性関節炎

    多発性関節炎(英: polyarthritis)とは2 4つの炎症が少関節炎(en:oligoarthritis)を含む5つ以上の関節での関節炎のいくつかの型。 多発性関節炎はどの年齢でも発生し、性差はない。 多発性関節炎はほとんどは関節リウマチ、乾癬性関節炎、紅斑性狼瘡(en:Lupus erythematosus)などの自己免疫疾患を原因とするが、ロスリバーウイルス(en:Ross River virus)などの感染症を原因とするものもある。 硬いマットレスと平らな枕による睡眠が多発性関節炎に対して推奨される。 多発性関節炎と下肢の両側性浮腫は関連する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    発熱・食欲低下・体重減少・筋肉痛・関節痛・頭痛・寝汗が、病気の初期にみられます。血液検査では炎症反応が上昇します。病気が進行すると、内臓への血液供給量が減少して様々な症状が現れます。[printo.it] 体重減少、疲労感、熱、寝汗、多彩な皮膚・粘膜の症状はよくある症状です。 MPAでは、主に腎臓と心臓に炎症が生じます。 6.4どのようにして診断しますか? 上気道と下気道、腎臓の症状がそろうと、GPAが疑われます。[printo.it]

  • B 細胞リンパ腫

    血液系の悪性腫瘍に特徴的ないわゆるB症状(微熱、倦怠感、寝汗、意図しない体重減少)を診断時に生じている例は30%程度です。[medicalnote.jp] 典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少ですが、例えば中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)など、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。[ganjoho.jp] 全身症状としての発熱、寝汗、体重減少(*B症状という)の他、浸潤臓器の障害に伴う症状が出現します。 診断のためには病変部の組織を一部採取する生検が必要です。生検された組織は特殊染色を行い顕微鏡で観察するほか、腫瘍細胞表面に発現している蛋白質や遺伝子染色体の異常について詳しく解析します。[kouritu-cch.jp]

さらなる症状