Create issue ticket

考えれる53県の原因 学習と発達遅延

  • 早産

    早産はまた、視覚障害、発達遅延学習困難など広範な長期症状のリスクを高める。 「我々は早産が世界的に重要な健康問題であり、毎年1500万人に達する」と主任研究者のフィリッパ・ミドルトン准教授は語っている。「大部分の妊娠期間は38-42週間だが、早産児は37週よりも前に生まれる。早過ぎる誕生は死亡や貧しい健康のリスクを高めるのである。」[nibiohn.go.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    発達の進行は、健常者と同様に推移するか軽度の遅延が認められるに過ぎないが、重度の学習障害が発生する可能性がある。一般的に、多動および情緒不安定が認められる。 診断・検査 リン酸ヒスタミンの皮内注射後に軸索性紅斑は認められないが、このことはHSANの全ての型に共通する所見であり、HSAN IVに特異的なものではない。[grj.umin.jp]

  • 家族性腹部大動脈瘤

    一部の患者では、発達遅延が認められる。その場合でも、多くは、頭蓋骨早期癒合症や水頭症に合併した発達遅延であり、学習障害がLDSの一次的症状としてあらわれることは非常に稀であると考えられる。 その他、時に認められる所見としては顎下部鰓嚢胞や、歯芽エナメル質欠損などがあるが、これらについては、さらに検討が必要である。[grj.umin.jp]

  • ペロー症候群 3
  • 自律神経障害

    発達の進行は、健常者と同様に推移するか軽度の遅延が認められるに過ぎないが、重度の学習障害が発生する可能性がある。一般的に、多動および情緒不安定が認められる。 診断・検査 リン酸ヒスタミンの皮内注射後に軸索性紅斑は認められないが、このことはHSANの全ての型に共通する所見であり、HSAN IVに特異的なものではない。[grj.umin.jp]

  • 子宮の病理後退

    一部の患者では、発達遅延が認められる。その場合でも、多くは、頭蓋骨早期癒合症や水頭症に合併した発達遅延であり、学習障害がLDSの一次的症状としてあらわれることは非常に稀であると考えられる。 その他、時に認められる所見としては顎下部鰓嚢胞や、歯芽エナメル質欠損などがあるが、これらについては、さらに検討が必要である。[grj.umin.jp]

  • パピヨン・ルフェーブル症候群

    【0104】 通常は乳児期、幼年期もしくは青年期において初めて診断される障害は、例えば、精神遅延学習障害、算数障害、読字障害、書字表出障害、運動能力障害、発達性協調運動障害、意思疎通障害、表出性言語障害、音韻障害、受容-表出混合性言語障害、連発性吃音、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レット症候群、注意欠陥多動障害[ekouhou.net]

  • Hoyeraal-Hreidarsson症候群

    通常は乳児期、幼年期もしくは青年期において初めて診断される障害は、例えば、精神遅延学習障害、算数障害、読字障害、書字表出障害、運動能力障害、発達性協調運動障害、意思疎通障害、表出性言語障害、音韻障害、受容 表出混合性言語障害、連発性吃音、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レット症候群、注意欠陥多動障害(ADHD[biosciencedbc.jp]

  • 遺伝性感覚性ニューロパチー

    発達の進行は、健常者と同様に推移するか軽度の遅延が認められるに過ぎないが、重度の学習障害が発生する可能性がある。一般的に、多動および情緒不安定が認められる。 診断・検査 リン酸ヒスタミンの皮内注射後に軸索性紅斑は認められないが、このことはHSANの全ての型に共通する所見であり、HSAN IVに特異的なものではない。[grj.umin.jp]

  • クライナー・ホームズ症候群

    通常は乳児期、幼年期もしくは青年期において初めて診断される障害は、例えば、精神遅延学習障害、算数障害、読字障害、書字表出障害、運動能力障害、発達性協調運動障害、意思疎通障害、表出性言語障害、音韻障害、受容 表出混合性言語障害、連発性吃音、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レット症候群、注意欠陥多動障害(ADHD[biosciencedbc.jp] 【0090】 通常は乳児期、幼年期もしくは青年期において初めて診断される障害は、例えば、精神遅延学習障害、算数障害、読字障害、書字表出障害、運動能力障害、発達性協調運動障害、意思疎通障害、表出性言語障害、音韻障害、受容-表出混合性言語障害、連発性吃音、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レット症候群、注意欠陥多動障害[ekouhou.net] 【0104】 通常は乳児期、幼年期もしくは青年期において初めて診断される障害は、例えば、精神遅延学習障害、算数障害、読字障害、書字表出障害、運動能力障害、発達性協調運動障害、意思疎通障害、表出性言語障害、音韻障害、受容-表出混合性言語障害、連発性吃音、広汎性発達障害、アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障害、レット症候群、注意欠陥多動障害[ekouhou.net]

さらなる症状