Create issue ticket

考えれる21県の原因 孤立性溶解性骨病変

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 気管支原性癌
  • 甲状腺髄様癌

    抄録 症例は23歳時にRET遺伝子変異が確認された多発性内分泌腫瘍症2A型(MEN2A)女性保因者。26歳時に画像上病変不明だがガストリン負荷試験陽性のため,甲状腺全摘術 両側D1郭清を施行した。術後14年目にCEA・カルシトニンの異常高値と右内深頸リンパ節腫大を認め,右内深頸リンパ節郭清術を施行した。姉・母・本人の順番で1995年から1999年に甲状腺手術を行い,いずれもStage[…][jstage.jst.go.jp]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 線維肉腫

    概要 線維肉腫とは、悪性軟部腫瘍のひとつであり、組織学的には、細胞分化を示さない線維芽細胞の悪性腫瘍と定義されています。 線維芽細胞は皮膚の真皮でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを産生する細胞であり、細胞と細胞を結びつける役割を果たす結合組織の中に多く存在しています。線維肉腫はこの線維芽細胞が悪性化して異常増殖することで生じるものです。 発症年齢は乳幼児期と中年期の二峰性であり、悪性腫瘍であるものの、予後は比較的とされています。また、乳幼児に生じる乳児型線維肉腫と呼ばれるタイプのものは、成人発症例よりも予後が良いとの報告もあります。 原因[…][medicalnote.jp]

  • 骨髄炎

    骨髄炎(こつずいえん)は、骨髄の炎症。細菌感染によるものがほとんど。原因菌としてはブドウ球菌、緑膿菌、表皮ブドウ球菌、MRSAなどがある。化膿性骨髄炎ともいわれる。急性と慢性に分かれる。 骨の組織に、細菌などの微生物が感染して化膿するもので、難治性の疾患である。 骨の外傷(開放性骨折、複雑骨折、粉砕骨折、外科手術、骨髄穿刺、銃による外傷等)などによって、細菌が骨髄に入って増殖して炎症を起こす場合や、血流に乗って細菌が骨髄に達して増殖(血行性感染)して骨髄炎となる場合がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨リンパ腫
  • 転移性乳癌
  • 膀胱移行上皮癌

    UMIN試験ID C000000093 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2005年8月30日 登録・組み入れ開始日:2003年6月1日 基本情報 試験簡略名 浸潤性膀胱移行上皮癌(T2-4aN0M0)に対する術前MVAC化学療法 根治的膀胱摘除と根治的膀胱摘除のみの予後改善に関する第III相比較試験(JCOG0209, BC MVAC Phase III) 試験進捗状況 試験終了 試験実施地域 日本 実施都道府県[…][rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状