Create issue ticket

考えれる211県の原因 子癇前症

  • 本態性高血圧症

    目次に戻る 第4章 高血圧症の管理・治療 特殊な高血圧症の治療:(2)妊娠高血圧症 中村 敏子 国立循環器病センター内科高血圧・腎臓部門 要旨 妊娠に伴う高血圧性疾患は母児死亡の主な原因であり,その管理は極めて重要である.妊娠時の高血圧は慢性高血圧,妊娠性高血圧,子癇(妊娠中毒),慢性高血圧に重なった子癇および子癇に分類される.治療[saishin-igaku.co.jp]

  • 子癇前症

    子癇は 出生前診断 で定期的に検査される。 [6] 推奨する予防は:リスクの高い場合は アスピリン の服用、少量の カルシウム補給 、医薬品による高血圧治療である [4] [7] 。子癇の有効な治療は胎児-胎盤の分娩である [4] 。子癇の症状の重さと妊娠の進行具合にもよるが分娩が勧められる場合がある [4] 。[ja.wikipedia.org] 子癇は、妊娠の三半期の最後である21週目以降に起こる、命を脅かすかも知れない病態です (1) 。子癇には、妊娠35週目までに起こる早期型子癇と、35週目以降に起こる晩期子癇という二つのサブタイプがあります (2) 。この病態は、出産に引き続いく数日間にも起こる可能性があります (3) 。[naturopathiccurrents.com] アブストラクト全文を閲覧 背景: ニンニクは血圧低下、血小板凝集抑制、酸化ストレス低減作用を有することが示唆されており、子癇およびその合併症予防に役立つ可能性があるという仮説が立てられている。 目的: 子癇およびその合併症の予防に対するニンニクの効果を評価すること。[cochrane.org]

  • 肥満

    肥満指数(BMI)と死亡リスク 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本のコホート研究のプール解析 ― 日本人のBMIと死亡リスク[…][epi.ncc.go.jp]

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    不当過大児(リスク比(RR)0.71、 95%信頼区間(CI) 0.22 2.34、試験2件、児 89例、エビデンスの質は低い)、重度の高血圧または子癇(RR 1.02、 95% CI 0.07 15.86、試験1件、 女性95 例、エビデンスの質は非常に低い)、子癇(RR 0.34、 95% CI 0.01 8.14、試験1件、女性[cochrane.org] 除外基準:妊娠の糖尿病の診断,metformin投与禁忌,胎児奇形,妊娠高血圧,子癇,胎児発育制限,破水。 方法 metformin群(373例),インスリン群(378例)に無作為割り付け。 metformin群では500mgまたは1000mg(分2)より開始し,目標血糖値に達するまで最大2500mgまで増量。[diabetes.ebm-library.jp] 子癇(RR 1.00、 95% CI 0.31 3.26、試験3件、女性136例)。しかしDASH食群のほうが帝王切開が少なかった(RR 0.53、95% CI 0.37 0.76、試験2件、女性86例)。 低炭水化物食 対 高炭水化物食(試験2件):以下に関する明らかな差は認められなかった。[cochrane.org]

  • 1型糖尿病

    目の前の“この子”と一緒に開く,糖尿病療養指導の実践書 書評者:中村 慶子(愛媛大教授・看護学科)[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 慢性腎盂腎炎

    腎盂や腎臓そのもの(腎実質)に感染を起こす 腎盂腎炎 を繰り返すと、 慢性腎盂腎炎 になります。慢性腎盂腎炎では腎機能障害が徐々に進行し、腎不全に陥ることがあります。 原因 尿路に感染を起こしている細菌が何らかの原因で繰り返し腎盂に達するもので、尿流障害が背景にあります。つまり、腎盂・尿管の形態異常、尿路結石、腎盂・尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象、神経因性膀胱、前立腺肥大症などが原因として考えられます。[…][izaki-office.jp]

  • 急性妊婦の脂肪肝

    (重症)** ②常位胎盤早期剥離 (2)1次周産期医療機関から2次周産期医療機関等への搬送基準 2次周産期医療機関受けれ可能週数以降の救急疾患(産科) ①羊水塞栓の疑い ②子癇、妊娠高血圧症候群(重症) ③HELLP症候群、急性妊娠脂肪肝 ④出血を伴う置胎盤 ⑤妊娠36週未満の前期破水 ⑥胎児機能不全(軽症)** ⑦切迫早産:胎胞脱出、[pref.toyama.jp] 子癇、妊娠高血圧症候群(重症) ③HELLP症候群、急性妊娠脂肪肝 ④常位胎盤早期剥離、出血を伴う置胎盤 ⑤前期破水 ⑥胎児機能不全(軽症・重症)** ⑦切迫早産:胎胞脱出、子宮頸管開大、点滴による子宮収縮抑制困難、発熱 ⑧双胎子宮内一児死亡 ⑨その他の緊急を要する母体合併症 2次周産期医療機関受入れ可能週数以降の下記状態 ①胎児機能不全[pref.toyama.jp] および3次周産期医療機関への搬送基準 すべての妊娠週数の3次救急対応疾患 ①多発性外傷 ②重症熱傷 ③急性中毒 妊娠22週以降の救急疾患(産科以外) ①脳血管障害 ②急性心不全 ③呼吸不全 ④敗血性ショック ⑤出血性ショック ⑥多臓器機能障害 ⑦意識障害 妊娠22週以降 2次周産期医療機関受入れ可能週数*未満の救急疾患(産科) ①羊水塞栓[pref.toyama.jp]

さらなる症状