Create issue ticket

考えれる22県の原因 子宮頸癌

  • 性感染症

    海外では子宮、尖圭コンジローマの予防を目的としたヒトパピローマウイルスワクチンが開発、導入されているが、未知の課題も多い(本号 12ページ )。 また、STDは重複感染することが多く(本号 4ページ & 14ページ )、診断時には他のSTDの可能性も考慮し、早期診断・治療に結びつけることが必要であろう。[idsc.nih.go.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮子宮 - 子宮体部の子宮内膜や子宮部などの上皮細胞が化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮内膜症 - 癌ではないが、子宮内膜の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮腺筋症 - 子宮内膜症が子宮筋層に生じたもの 子宮肉腫 -[ja.wikipedia.org] アメリカでは女性自身の身体管理の一環として、腟鏡を使って子宮頚部をセルフチェックすることを推奨する動きがある。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮脱

    子宮子宮 - 子宮体部の子宮内膜や子宮部などの上皮細胞が化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮内膜症 - 癌ではないが、子宮内膜の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮腺筋症 - 子宮内膜症が子宮筋層に生じたもの 子宮肉腫 -[ja.wikipedia.org] アメリカでは女性自身の身体管理の一環として、腟鏡を使って子宮頚部をセルフチェックすることを推奨する動きがある。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮腺筋症

    子宮子宮 - 子宮体部の子宮内膜や子宮部などの上皮細胞が化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮内膜症 - 癌ではないが、子宮内膜の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮腺筋症 - 子宮内膜症が子宮筋層に生じたもの 子宮肉腫 -[ja.wikipedia.org] アメリカでは女性自身の身体管理の一環として、腟鏡を使って子宮頚部をセルフチェックすることを推奨する動きがある。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮頸癌

    日本国内で実施されている子宮検診の検査法は細胞診とHPV検査である。いずれもWHOで子宮の検診検査として有効性が認められた検査法。 細胞診は子宮を疑うような異常細胞がないか判定する検査。子宮部から採取した細胞を色素で染色し、異常細胞がないか顕微鏡で観察する検査法。[ja.wikipedia.org] 子宮がん 基礎知識:[がん情報サービス] 国立がん研究センター メルクマニュアル - 子宮[ja.wikipedia.org] 子宮の最大の特徴は、原因がはっきりしており予防可能なであるという点である。これは異形成(子宮になる前の病変)が発見可能なためであり、定期的な子宮検診により、異形成の段階で発見・治療することにより癌の発症を未然に防ぐことができる。検診により死亡率は最大80%減少する可能性がある。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性血管内皮腫

    これらが揃うと頭頸部癌(咽頭・食道など)の罹患率が上昇する。日本を含むアジアではアルコール脱水素酵素 (ADH1B) の活性が低い人が多い。 子宮は発癌リスクを軽減できるHPVワクチンが日本でも認可された。胃癌はヘリコバクター・ピロリを除菌することにより、発癌リスクを軽減できることが報告されている。[ja.wikipedia.org] 子宮部扁平上皮 - ヒトパピローマウイルス16型、18型(HPV-16, 18) バーキットリンパ腫、咽頭癌、胃癌 - EBウイルス(EBV) 成人T細胞白血病 - ヒトTリンパ球好性ウイルス 肝細胞癌 - B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV) カポジ肉腫 - ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8) 胃癌および胃MALT[ja.wikipedia.org]

  • HIV感染症
  • 子宮頸部異形成
  • 子宮内膜増殖症

    子宮 子宮体癌 子宮筋腫 子宮内膜増殖症 子宮内膜症 卵巣腫瘍 分類 上皮性卵巣腫瘍 胚細胞性卵巣腫瘍 ホルモン産生性卵巣腫瘍 成熟奇形腫 絨毛性疾患 胞状奇胎 侵入奇胎 胎児性癌 クラミジア 淋病 カンジダ 性器ヘルペス 梅毒 不妊治療 避妊 妊娠中絶[ja.wikipedia.org]

  • 尖圭コンジローマ

    メルク社より尖圭コンジローマと子宮の原因ウイルスであるHPV6、11、16、18型のワクチン、商品名ガーダシルが2011年8月、日本国内でも承認され、接種可能となった。中1から高2生を対象が助成対象となり、原則無料接種が可能となっている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状