Create issue ticket

考えれる547県の原因 子宮頸癌

  • 子宮頸部異形成

    子宮部異形成/子宮部上皮内 異形成とは(癌ではないが)細胞や細胞配列が乱れる病変のことですが、その程度によって、軽度異形成、中等度形成、高度異形成に分類されます。高度異形成は子宮の前癌病変となされています。上皮内癌は癌細胞が表面のみに留まっているものです。[himeji.jrc.or.jp] (39歳以下の子宮のほとんどは子宮で、子宮の大部分は40歳以降に発生する。) また39歳以下では、子宮は乳癌の次に罹患率が高い。 主な死亡層は高齢者となる。[ja.wikipedia.org] 子宮のできるまで 子宮子宮の入口の部分にできるですが、突然できるものではありません。これから説明するように5 10年の間にだんだんとできてくるものです。 子宮は上に示すように異形成という前癌状態を経て上皮内癌となります。上皮内癌は出来上がったばかりの癌で、まだおとなしく浸潤することができません。[tokudai-sanfujinka.jp]

  • HIV感染症

    腫瘍 カポジ肉腫 原発性脳リンパ腫 非ホジキンリンパ腫 LSG分類により 大細胞型 免疫芽球型 Burkitt型 浸潤性子宮 F.[acc.ncgm.go.jp] 播種したもの、b:肺、頸部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの 2)13歳未満で、ヘモフィルス、連鎖球菌等の化膿性細菌により以下のいずれかが2年以内に、2つ以上多発あるいは繰り返して起こったもの a:敗血症、b:肺炎、c:髄膜炎、d:骨関節炎、e:中耳・皮膚粘膜以外の部位や深在臓器の膿瘍 3)C11活動性結核のうち肺結核、及びE19浸潤性子宮[glaxosmithkline.co.jp] エイズの指標疾患 真菌症 細菌感染症 腫瘍 カンジダ症(食道、気管、気管支、肺) クリプトコッカス症(肺以外) コクシジオイデス症 ヒストプラズマ症 ニューモシスチス肺炎 化膿性細菌感染症 (13才未満) サルモネラ菌血症 活動性結核 非結核性抗酸菌症 カポジ肉腫 原発性脳リンパ腫 非ホジキンリンパ腫 浸潤性子宮 原虫症 ウイルス感染症[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 外陰炎

    子宮内に膿が貯留する子宮溜膿腫の原因の何割かに、子宮子宮体癌が共存していることは、有名な事実です。このような子宮溜膿腫を確実に治療するには、単に感染症の知識だけでは絶対に不可能であり、子宮癌に関する幅広い知識と臨床経験も要求されます。[santamaria-med.jp] 不妊症の方で慢性子宮内膜が、ポリープの原因であると考えられる場合には内服抗菌剤を投与することがあります。 子宮 子宮の出口で膣につながっている部位を子宮部といいます。ここに発生したのことを部位の名前から子宮といいます。別項に述べている 子宮 という子宮の奥の方にできる子宮の4割ですが、子宮は6割です。[ofuku-miyakegroup.jp] しかし、進行期によっては治療を優先することもある。 子宮子宮部の上皮異常) 子宮は全妊婦の0.05%に合併する。 リスク因子に初交年齢が低く(16歳以下)、性交相手が多数(4人以上)なことがあげられる。[www2.nms.ac.jp]

  • 子宮頸癌

    日本国内で実施されている子宮検診の検査法は細胞診とHPV検査である。いずれもWHOで子宮の検診検査として有効性が認められた検査法。 細胞診は子宮を疑うような異常細胞がないか判定する検査。子宮部から採取した細胞を色素で染色し、異常細胞がないか顕微鏡で観察する検査法。[ja.wikipedia.org] 放射線治療は、子宮の標準的治療のひとつとして普及しています。 子宮の放射線治療は、手術を行った後に予防的に治療する場合 (術後放射線治療) と、手術を併用せずに治す目的で治療を行う場合 (根治的放射線治療) のふたつに分かれます。 ここでは、治す目的で行う放射線治療について説明いたします。[med.fukuoka-u.ac.jp] 子宮は風船のような形をしていて、 下方のくびれた入り口部分を子宮部と呼びます。 この 子宮部にできるが「子宮」です。 原因はウィルス!!! 子宮は、 ほとんどがヒトパピローマウイルス (HPV) の感染によって発症 すると考えられています。 ヒトパピローマウイルス 全部で 100 型以上存在します。[yamanashi-obgy.org]

  • 子宮頸炎

    醫學期刊論文一篇篇指出慢性發炎與癌變、 心血管疾病 、阿茲海默症、 糖尿病 、巴金森症、腎臟病之間的關聯,有些屬於間接相關,有些則屬於直接相關,像是 脂肪肝 炎與慢性肝炎導致 肝子宮炎發展成 子宮 ,這兩種炎與癌之間的因果關係尤其明顯。 本文節錄自 《不生病的藏傳養生術:身心靈全面關照的預防醫學》 ,由時報文化出版。[commonhealth.com.tw] 子宮炎是可以用抗生素治療的,但治癒後仍然存在,且大部分都不需要作進一步的治療。 2.子宮 子宮的鱗、柱狀表皮接合處的部位,是一個細胞很活躍的地方,在某種內分泌的環境下,會發生惡性之細胞變性,這種細胞已被公認為子宮之先驅,將來有可能演變為症。[healthwomen.com.tw] 子宮の放射線治療は、骨盤部への外部照射と子宮・膣に器具を挿入しての腔内照射を併用して行います。骨盤部の外部照射は、子宮部ののみにダメージを与えるのではなく、周囲の転移している可能性のあるリンパ節も含めて照射します。一方、腔内照射は子宮部のを中心に放射線を集中的に照射します。[twmu-rad.info]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尖圭コンジローマ

    2価ワクチンはHPV16/18に起因する子宮部上皮内腫瘍と子宮だけである。4価ワクチンはHPV6/11/16/18に起因する子宮、外陰癌、腟癌、尖圭コンジローマと多くの適応がある。しかも世界的には4価HPVワクチンは男性に対して有効であり、67か国ではすでに承認・接種されている。[medical.radionikkei.jp] HPV-16・18感染症(陰茎子宮) 陰茎子宮は粘膜細胞にヒューマン・パピローマ・ウイルス16番・18番が感染することによって発生します。 ヒューマン・パピローマ・ウイルス16番・18番に対するワクチンが開発されました。[akira-kimura.com] しかし同時に悪性化や子宮合併の報告もあり注意深い経過観察が必要な疾患でもある. 今回我々はBPの一例を経験したので報告する. 症例は34歳女性. 2002年8月に肛門性交の機会があり, 同年秋頃より肛門周囲に丘疹が出現. 皮疹の増加と拡大を認め2003年1月当院受診した.[jstage.jst.go.jp]

  • 卵巣の悪性中腎腫

    詳細は省略しますが 0期:一番初期ので、上皮内 I期:子宮部に限局する II期:子宮部を超えて広がるが、骨盤壁や膣の下1/3には達しない III期:子宮部を越え、骨盤壁に達するか、あるいは膣の下1/3に達している IV期: 膀胱や直腸の粘膜まで広がっているか、あるいは小骨盤腔を越えている 進行期別には、大体以下のごとくとなりますが[ise.jrc.or.jp] 子宮 子宮は、子宮口周囲に発生します。また、多くの子宮はゆっくりと増殖しますが、癌細胞が見つかるより前に、まずは癌ではないが正常でもない細胞が見つかります。この細胞を異型細胞と呼び、細胞診ではこの段階から(つまりになる前の「前病変:子宮部上皮内腫瘍」から)診断することができます。[nissay-hp.or.jp] 主な対象疾患 腫瘍分野 子宮子宮部高度異形成、子宮、子宮内膜増殖症、卵巣癌、卵巣境界悪性腫瘍、 絨毛性疾患、外陰癌、腟癌、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症 生殖医学分野 不妊・不育症、更年期障害・月経異常、異所性妊娠、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症、先天性性分化異常 特徴・特色 腫瘍分野 婦人科腫瘍分野は、主に、悪性腫瘍に対して手術[kitasato-u.ac.jp]

  • 外陰上皮内腫瘍

    子宮は、妊娠時にはその中で胎児が成長する子宮体部と、子宮体部から突出し膣から観察可能な子宮部とからなります。子宮部の子宮といいます。性行為と子宮との関係は、百年以上前から疑われていましたが、1960年代には、疫学的調査研究により確立されています。[city.yokohama.lg.jp] HPVの16型、18型は子宮の発症原因の約65%を占めているとされ、特に20歳代の子宮では90%、30歳代では75.9%の発症原因となっている。また、HPVの6、11型は尖圭コンジローマの発症原因の約90%を占めるとされている。[medical.nikkeibp.co.jp] 高リスク(発癌性あり)のヒトパピローマウイルス(HPV)による感染は、子宮になるのに必要であるものの、それだけでは子宮になりにくく、他の要因も重なると子宮になりやすいと考えられています。[city.yokohama.lg.jp]

  • 性感染症

    海外では子宮、尖圭コンジローマの予防を目的としたヒトパピローマウイルスワクチンが開発、導入されているが、未知の課題も多い(本号 12ページ )。 また、STDは重複感染することが多く(本号 4ページ & 14ページ )、診断時には他のSTDの可能性も考慮し、早期診断・治療に結びつけることが必要であろう。[idsc.nih.go.jp] しかし、まれに消滅せずに残ってしまうケースがあり、そのまま放置すると良性の場合「尖圭コンジローム」の原因となり、悪性の場合「子宮」の原因となります。[yoboukai-shinjukusatellite.jp]

さらなる症状