Create issue ticket

考えれる337県の原因 子宮脱

  • 便秘

    便秘(べんぴ、英: constipation)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。原因は腫瘍の増殖に伴う消化管の狭窄や閉塞などの器質的な要因による便の通過障害もあれば、気質的には全く異常を認めない機能性の便秘もあるなど、多岐にわたる。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい等のほか、肩や背中に放散痛を伴う場合がある。2017年10月には、日本消化器病学会により「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が作成された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 直腸脱

    子宮膣部がまだ膣入口内にある状態を“子宮下垂”とよび、子宮が下降して膣の入口の外まで下降・脱出した状態を“子宮”とよびます。 原因は子宮を支えている組織が分娩時に損傷したり、長期にわたる無理な労働による負荷や加齢による泌尿生殖器の萎縮などが考えられます。[hap-fw.org] 子宮などの骨盤臓器(性器)とは 子宮子宮下垂、直腸、膀胱脱、尿道脱などの 骨盤臓器脱 ( 性器脱 )は非常に多くの女性を悩ませる“おしも”の不具合で、とくに更年期以降の女性にしばしば認められます。[mcube.jp] ・膣からの骨盤臓器の脱出:子宮や膀胱瘤といった他の臓器の脱出を伴っていることもあります。[kawagoe-ichou-komon.jp]

  • 肥満

    肥満(ひまん、英: obesity)とは、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼ぶこともある。対義語は、羸痩(るいそう)である。主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。以下ではヒトにおける肥満について論じる。ヒト以外の肥満については、ペットの肥満などを参照のこと。中年太り(ちゅうねんぶとり)は肥満の1種である。 肥満は概念的には明確なアイディアであり、概ね標準体重より 20 % 以上体重が超過した辺りからを肥満と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮脱

    子宮下垂 体外へ脱出してはいないが、膣内で子宮の位置が下降してきているもの 部分子宮 子宮頸部 など、子宮の一部が腟口からのぞいているもの 完全子宮 膣壁が反転し、子宮の全部が腟口から出てきて垂れ下がっているもの 好発条件と予防 [ 編集 ] 子宮下垂・子宮は、出産回数の多い女性が高齢になってから起こしやすい。[ja.wikipedia.org] 子宮子宮下垂・膀胱瘤(膀胱)・直腸瘤(直腸) 病態及び症状 加齢により体内のコラーゲンが減少し、子宮周囲および骨盤底部の靭帯がゆるくなります。そのため子宮が下行し子宮下垂の状態となります。更に進行すると腟より子宮が脱出し子宮の状態となります。これに伴い腟壁が下垂(腟壁下垂)または脱出(腟脱)します。[kagawa-inoshita-hospital.or.jp] 子宮 子宮下垂・は、子宮が正常の位置より下降したものを子宮下垂といい、これがひどくなり外陰部より子宮の一部または全部が脱出するのを子宮といいます。従って子宮の下垂との違いは程度の差です。[jspog.com]

  • 病的肥満

    UMIN試験ID UMIN000030837 最終情報更新日: 2018年2月2日 公開日:2018年2月1日 登録・組み入れ開始日:2018年2月1日 基本情報 試験簡略名 糖尿病を伴う病的肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸バイパス術の安全性と有効性の検証(先進医療A) 試験進捗状況 募集前 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 糖尿病を伴う病的肥満症 評価 主要アウトカム評価 1.安全性の評価:周術期合併症の有無および程度(Clavien-Dindo分類GradeⅢ以上)(術後30日以内) 2.有効性の評価:糖尿病改善効果(HbA1c)(術後12ヶ月) 副次アウトカム評価[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 膀胱脱

    泌尿器科 石浦嘉之(泌尿器科部長) 【膀胱子宮とは?】 膀胱子宮、直腸脱、膣断端等を総称して骨盤臓器といいます。 女性骨盤底筋の緩みや出産に伴う損傷等によって加齢とともに膀胱や子宮など骨盤内臓器が膣口から体外に脱出することがあります。昔は膣口から膀胱や子宮が垂れ下がって脱出している状態を「なすび」と呼んでいました。[toyamah.johas.go.jp] 採用情報はこちらからどうぞ 子宮がん 子宮筋腫 卵巣腫瘍 子宮内膜症 子宮・膀胱 更年期障害 性感染症(STD) 子宮頸がんワクチン ブライダルチェック 避妊ピル(低用量ピル) 骨盤臓器 骨盤内にある子宮、膀胱、腟、直腸などが本来の位置から下垂して腟から脱出してくる病気の総称を骨盤臓器と呼びます。[shiroishi.or.jp] 子宮膣部がまだ膣入口内にある状態を“子宮下垂”とよび、子宮が下降して膣の入口の外まで下降・脱出した状態を“子宮”とよびます。 原因は子宮を支えている組織が分娩時に損傷したり、長期にわたる無理な労働による負荷や加齢による泌尿生殖器の萎縮などが考えられます。[hap-fw.org]

  • 外陰炎

    子宮内膜症 子宮内膜増殖症 子宮腺筋症 子宮筋腫 子宮頸がん 子宮頸管ポリープ 子宮頸管炎 子宮体がん 子宮下垂・子宮 子宮内膜炎 非特異性腟炎 外陰炎 萎縮性腟炎 バルトリン腺炎・膿瘍・のう腫 子宮腟部びらん 不正出血(機能性(子宮)出血) 卵巣機能不全 多のう胞性卵巣 卵巣がん 卵巣のう腫 婦人科、女性外来、心療内科 外陰部がかぶれたり[pluswellness.com] 性感染症(クラミジア・淋病・ヘルペス・コンジローマ) 婦人科良性疾患の診断と管理(子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣腫瘍) 婦人科がんの診断(超音波・血液検査・細胞診・MRI(他院連携)) 女性内分泌異常(女性ホルモン・甲状腺ホルモン) 若年(思春期)女性,女性アスリートの体調管理 更年期症候群・更年期障害(ホルモン補充療法・漢方療法) 子宮[matsumotoc.org] 腫瘍性疾患:子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫・子宮頸癌・体癌・卵巣癌など 女性ホルモンの関与する症状:生理不順・月経痛・月経前症候群・更年期症状など 加齢的要因も関与する症状:子宮下垂や子宮などの骨盤臓器脱や骨粗鬆用など 感染症・炎症:膣・外陰炎・骨盤腹膜炎や膀胱炎 クラミジア・淋菌、カンジダ、トリコモナス、ヘルペスなど 避妊や月経移動、妊娠[kawagoe-yoboiryo.com]

  • 緊張性尿失禁

    一般的な治療方法には以下が含まれます: 膀胱再訓練 骨盤底筋を強化するためのエクササイズ 薬物治療 子宮の矯正手術 尿道と膀胱頸部の閉鎖に役立つ尿道スリング手術を含め、緊張性尿失禁を制御する手術[drphoebehong.com.au] 男性では前立腺肥大症や前立腺癌、女性では子宮などで尿道が開かなかったり、膀胱の収縮する力が低下することで尿が出しにくくなります。ほかに、直腸癌や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまっている場合にもみられます。[kameda.com] 膣後方 TVM :子宮、膣断端、直腸瘤を修復するために、メッシュを子宮と膣の後面、直腸の前面に挿入します。 膣後壁と、肛門から側方へ 3cm 、後方へ 3cm の皮膚に左右一箇所ずつ小切開をおきます。 Anterior TVM と同様に、針と指を用いて仙棘靭帯を貫通するトンネルを形成します。[square.umin.ac.jp]

  • 頚管拡張子宮内膜掻爬術

    ,筋腫核出術,卵巣嚢腫手術,腟式子宮根治術など 手術経験例数および当院実績 松本産婦人科医院における日帰り手術実績(2016 2017年) 総数 175例 人工妊娠中絶手術 124例 子宮内膜掻爬術 19例 外陰腫瘍切除術 7例 流産手術 6例 子宮頚部切除術 6例 子宮鏡下子宮内膜焼灼術 6例 コンジローマ切除術 3例 バルトリン腺嚢胞手術[matsumotoc.org] 3.遺残 この手術は細心の注意をしても、子宮内容のごく一部は残るものです。 胎児や胎盤の成分が出ていれば、子宮内膜(内膜)の一部が残っても心配いりませんが、出血が手術後3週間以上ダラダラと長く続く場合には再手術を必要とすることも、ごく稀にありますので、必ず指示された日に来院下さい。[nakamura-lc.com] 麻酔 腰椎麻酔(または腰椎硬膜外麻酔) 静脈麻酔 入院期間 2日程度 性器 性器根治術(膣閉鎖術) リングペッサリー法やリハビリテーションを行ったがコントロールがうまくいかない場合に行う手術です。[taniguchi-hp.org]

  • 骨盤臓器脱

    子宮などの骨盤臓器(性器)とは 子宮子宮下垂、直腸、膀胱脱、尿道脱などの 骨盤臓器脱 ( 性器脱 )は非常に多くの女性を悩ませる“おしも”の不具合で、とくに更年期以降の女性にしばしば認められます。[mcube.jp] 子宮が完全にはみ出てしまうのが「完全子宮」で、かつてはその形状から「なすび」と言いました。 骨盤臓器脱の診断 骨盤臓器は、老化現象の一つです。患者さまのほとんどは、出産を経験しています。[blog.rakuwa.or.jp] 骨盤臓器子宮・膀胱瘤など)とは、子宮・膀胱・尿道・小腸・直腸などが、女性器(膣)に下垂し膣外に出てきてしまう病気です。別名「性器」、「膣」ともいわれ、古には「なすび」と云われた疾患です。 出てくる臓器によって、子宮・膀胱瘤・尿道瘤・小腸瘤・直腸瘤と呼ばれて骨盤臓器子宮・膀胱瘤など)とはその総称です。[urogyne.jp]

さらなる症状