Create issue ticket

考えれる553県の原因 子宮出血

  • 貧血

    原因③ 出血による鉄不足 月経や出産、子宮筋腫、子宮内膜症などの子宮疾患、消化性潰瘍、がんなどによる出血 など 出血により体外に鉄が排出されてしまうことが原因 貧血対策のためには、バランスのよい食事とあわせて貧血対策におすすめの栄養素を摂取することが大切です。[abc-cooking.co.jp] 鉄欠乏性貧血 高齢者の貧血の中で最も多くみられるもので、表面上は普通の貧血ですが、その原因のほとんどが、胃がん、大腸がん、胃潰瘍(いかいよう)など消化管からの出血であるという点で 要注意です。他に痔出血子宮がん等もありますが、いずれも出血によってヘモグロビンを作る材料である鉄分が不足して貧血が発生してきます。[kanagawa.med.or.jp] どこからか出血してた?」 「はい。子宮筋腫からの出血でした。」 「ええっ!?良く見つけたわねえ!」 「はい。全部ちゃーんと診ましたから!」 「…。」 かわいそうな患者さんは、このあいだ医師になったばかりの男性研修医に、文字通り頭のてっぺんからつまさきまですっかり“見られてしまった”というわけです。[bdj.co.jp]

  • 卵巣嚢胞

    なお、よく動く卵巣嚢腫では根元の部分がねじれて茎捻転 (けいねんてん) をおこし、循環障害を招くと、激しい下腹部痛をはじめ、嘔吐 (おうと) 、発熱、子宮出血などの急性症状がみられ、ただちに手術する必要がある。[kotobank.jp] 「子宮内膜症」とは、この子宮内膜に似た組織が、何故か子宮の内側以外の色々な場所にできて、女性ホルモンの働きで厚くなり(増殖)、出血(剥離)を繰り返す不思議な病気です。これが卵巣の内部に発生したものが「卵巣チョコレート嚢胞」です。 卵巣内では子宮内膜に似た組織から月経毎に出血が起こり、行き場のない出血は貯留して囊胞(ふくろ)を作ります。[sakuracl-chitose.com] 妊娠がおこらないと、月に1回子宮から剥がれて出血し、生理となります。子宮内膜症があると、子宮内膜からの出血子宮以外の場所、たとえば卵巣や腸の腹膜でおこり、卵巣、卵管や腸が癒着したり、卵巣内にチョコレートのう胞と呼ばれる卵巣のう腫ができます。[nms.ac.jp]

  • 妊娠

    分娩後の子宮収縮が不良となると弛緩出血子宮復古不全となることがある。この場合はパルタンM0.125mg(3T3 食後)といった子宮収縮薬を用いることがある。なお、産後1 - 2か月で出血が認められた場合は機能性子宮出血であるばあいが多く、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤であるノアルテン-Dを用いることもある。[ja.wikipedia.org] D :ヒトの胎児に明らかに危険であるという証拠があるが、危険であっても、妊婦への使用による利益が容認 (*) [232]misoprostol サイトテック錠(モンサント) 禁忌[本剤には子宮収縮作用があり、妊婦で完全又は不完全流産及び子宮出血が見られたとの報告][添付文書,1998.9.改訂] X :胎児に対して永続的な障害をもたらす危険性[drugsinfo.jp] 回復 子宮が元の大きさに戻るまでには4 - 6週間かかる。産後の出血(悪露)が消失するまで約4週間かかるが、特に合併症などがない限り、絶対安静の必要はなく、無理をしない(重いものを持つ、長時間立つなど)程度で通常の生活を送ることができる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    子宮から出る場合(子宮出血)が多いですが、その中でも機能性と言ってホルモンのバランスが崩れて起こる子宮出血と器質性と言って腫瘍(筋腫やがん)や炎症や血液疾患(血小板減少症)などが原因で起こる2種類の子宮出血があります。まず診察をして場所と原因の正確な診断をする必要があります。[murata-ladies-clinic.com] 14).生殖器:(0.1%未満)卵巣嚢腫、(頻度不明)精巣痛、不正子宮出血。 15).代謝:(0.1%未満)血中カリウム減少、血中カリウム増加、(頻度不明)脱水、血中重炭酸塩減少、低カリウム血症。 16).注入部位:(0.1〜1%未満)疼痛、(0.1%未満)血管外漏出、紅斑。[medical.nikkeibp.co.jp] Case① 33歳女性 婦人科外来 「1週間くらい前からおりものが増えてきて、生理じゃないのに出血がちょっとあるんです。変な病気だと怖いので、婦人科に来ました。」 このように、子宮頸管炎の主な症状は、 「帯下(おりもの)の増加」 と 「不正性器出血」 です。子宮頸管粘膜の炎症により分泌物が増え、出血しやすくなるというわけです。[tokyobay-mc.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    病気の 起こる原因はまだはっきりと解っていませんが、女性ホルモン(主にエストロゲン)で増殖し、生理の時には剥がれて出血するという子宮内膜と同じような性質 を持ちます。[kameda.com] また、重度化すると、プロゲステロンが分泌されていない状態(エストロゲンの分泌のみで)で子宮内膜が厚くなってしまうため、“破綻出血”といって 不正出血や月経過多、出血が止まらないといった病態が引き起こされます。 PCOSの原因には様々あるとされていますが、未だにはっきりとは解明されていません。[sj-shibuya-bc.jp] 子宮線筋症 子宮内膜症によって起こる疾患で、子宮内膜が子宮筋層内に生育しているために、生理の時期になると子宮筋層内で内膜がはがれて出血を起こすことになります。これが生理痛の原因になります。また、内膜部分の混在により筋層の肥大化を起こしますから、子宮全体の大きさも大きくなります。[nebuta.co.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮内膜症があると、出血子宮以外の場所、たとえば、卵巣や腸の表面で起こり、卵巣内に出血がたまって、卵巣がはれたり、まわりの臓器と癒着したりします。子宮以外の場所に子宮内膜ができる原因ははっきりとは分かっていませんが、20代から40代前半くらいに多い病気です。 意外と知らない?[fukui-tv.co.jp] しかし妊娠が成立しなかった場合、子宮内膜は子宮内腔から出血と共に剥がれ落ち、子宮口から膣を通り体外へ排出されます。これが月経です。 子宮内膜症とは本来、子宮の内腔だけに存在するはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が他の臓器に発生し増殖する病気です。他の臓器に発生・増殖した子宮内膜も同様に剥離・出血を起こします。[suzuki-hospital.jp] 妊娠がおこらないと、月に1回子宮から剥がれて出血し月経となります。子宮内膜症の場合、子宮内膜からの出血子宮以外の場所(卵巣や腸の腹膜など)でおこり、卵巣、卵管や腸が癒着したり、卵巣内にチョコレートのう胞と呼ばれる卵巣のう腫ができたりします。 子宮内膜症の症状は主に「痛み」と「不妊」です。[shiroishi.or.jp]

  • 子宮筋腫

    筋腫は,異常子宮出血,骨盤痛や圧迫感,泌尿器や腸管の症状,および妊娠合併症を頻繁に引き起こす。診断は内診,超音波検査,または他の画像検査による。症状のある患者の治療は,患者の妊孕性および子宮温存の希望により決まる。[msdmanuals.com] 過多月経、不正子宮出血、強い月経痛、下腹痛・腰痛、下腹部腫瘤感、不妊などです。 3.診断 大きい筋腫は内診で分かりますが、詳しくは画像検査(超音波検査、MRI検査)で診断します。 4.治療 年齢、症状、大きさ、妊娠希望の有無などにより治療法を選択します。 症状のない場合は経過観察することもあります。[himeji.jrc.or.jp] 筋腫によって月経血の流出が妨げられたり、出血が多いためにおこります。月経痛がひどい場合は筋腫ではなく、 子宮内膜症 (しきゅうないまくしょう)(「 子宮内膜症 」)であったり、子宮内膜症と子宮筋腫の合併であったりすることも少なくないので、専門医の判断が必要です。 過多月経や長期の不正(性器)出血を放置しておくと、やがて貧血になります。[kotobank.jp]

  • 常位胎盤早期剥離

    概要 疾患のポイント: 常位胎盤早期剝離とは、子宮体部に付着している胎盤が、妊娠中または分娩経過中の胎児娩出以前に、子宮より剝離するものをいう。主な症状は、出血、腹痛、子宮収縮、子宮過緊張、子宮板状硬、胎児機能不全 胎児死亡である。妊娠後半期に性器出血、下腹痛、子宮収縮に異常胎児心拍パターンを認めた場合は常位胎盤早期剝離を疑う。[clinicalsup.jp] 分娩中であれば陣痛障害(持続性子宮収縮、分娩停止)。 性器出血 性器出血は認めないか少量で、主たる出血子宮内にとどまる。ときに血性羊水をみる。 急性貧血、出血性ショック DIC 診断 急激にはじまる腹痛と少量の性器出血はまず本症を疑う。 触診 腹壁を触診すると板状に硬く触れ(腹壁板状硬)、子宮は剥離部に一致し著明な圧痛を認める。[www2.nms.ac.jp] 胎盤が剥がれてしまうことで、子宮内での出血が起きると、子宮がそれに反応して急激な収縮を起こします。ただし、出血子宮の中で留まり、外まで出てこない場合もあるため、出血がないことが安心材料にはなりません。[kidsrepublic.jp]

  • 凝固異常
  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状