Create issue ticket

考えれる121県の原因 子宮内膜腺癌

  • 子宮筋腫

    エストロゲン依存性の疾患として、ほかに乳腺症、乳癌、子宮症、子宮筋症、子宮増殖症、子宮などが知られている。特に子宮症と子宮筋症の合併例は多く、月経困難症の合併をみることがある。子宮内膜症の合併は約20%である。 本症の半数以上が無症候性である。また悪性化も極めて稀であるため特に医学的な介入が必要がないことが殆どである。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮内膜間質肉腫

    子宮と臨床的に似ている点があるものの、子宮より悪性度が高い疾患です。 肉腫 子宮(分泌物を排出する器官)に発生する悪性軟部腫瘍で、発生頻度は肉腫の10%程度と、非常にまれです。発症年齢は癌肉腫よりも若いとされています。[sarcoma.jp]

  • 洞不全症候群

    子宮ⅠA期相当、類Grade1の術前診断にて腹式単純子宮全摘術、両側付属器摘出術を施行した。術後病理組織診断が類StageⅡ、Grade2であったため、術後補助療法としてAP療法(アドリアマイシン、シスプラチン)を開始した。[imic.or.jp]

  • 子宮内膜腺癌

    3.子宮とその治療方法は? 子宮の奥の方(赤ちゃんができるところ)にできるで、ほとんどが子宮ですが、最近は癌肉腫というたちの悪い腫瘍が増えているようです。動物性脂肪や乳製品を多くとる、タモキシフェンやエストロゲンを長期に内服している、出産経験がない、肥満・糖尿病・高血圧を合併する女性がかかりやすいです。[kanazawa-med.ac.jp] がんの組織型や分化度(悪性度)からみた種類 原因、疫学 症状 検査 治療 がんの組織型や分化度(悪性度)からみた種類 がんの組織型の違いによって、類がん、漿液性腺がん、明細胞がん、粘液性腺がんなどに分けられますが、類子宮の80%以上を占め、他のがんに比べて予後が比較的良好です。[simo.saiseikai.or.jp] 表1 子宮の術後再発リスク分類 低リスク群: 類G1あるいはG2で筋層浸潤1/2未満 子宮頸部浸潤なし 脈管侵襲なし 遠隔転移なし 中リスク群: 類G1あるいはG2で筋層浸潤1/2以上 類G3で筋層浸潤1/2未満 漿液性腺, 明細胞で筋層浸潤なし 子宮頸部浸潤なし 脈管侵襲あり 遠隔転移なし 高リスク群:[com-info.org]

  • 転移性卵巣上皮がん

    3.子宮とその治療方法は? 子宮の奥の方(赤ちゃんができるところ)にできるで、ほとんどが子宮ですが、最近は癌肉腫というたちの悪い腫瘍が増えているようです。動物性脂肪や乳製品を多くとる、タモキシフェンやエストロゲンを長期に内服している、出産経験がない、肥満・糖尿病・高血圧を合併する女性がかかりやすいです。[kanazawa-med.ac.jp] 卵管に類似する場合は 漿液 を分泌する漿液性嚢胞腫瘍、子宮頚管腺に類似する場合は 粘液 を分泌する粘液性嚢胞腫瘍、非妊娠時の子宮内膜に類似する場合は類腫瘍、妊娠時子宮に類似する場合は明細胞腫瘍となる。分化度によって漿液性嚢胞 腺腫 、漿液性嚢胞 腫瘍 、漿液性嚢胞 と末語が変化していく。[ja.wikipedia.org]

  • ブレンナー腫瘍

    (CIN)、コイロサイトーシス、高度異形成、上皮扁平上皮、微小浸潤異形成、頚部、類扁平上皮筋症、日付診、内膜増殖症、子宮内膜間質肉腫、平滑筋肉腫、悪性中胚葉性混合腫瘍、胎盤、胞状奇胎、絨毛、卵管妊娠、卵巣子宮症、漿液性嚢胞腺腫、粘液性腺、明細胞癌、類内膜腺癌、ブレンナー腫瘍、セルトリ・間質腫瘍、[doai.jp] 子宮症やチョコレート嚢胞に伴う場合がある。 卵巣明細胞腫瘍は大部分が明細胞であり、境界悪性腫瘍の発生頻度はきわめてまれである。[jspk.umin.jp] CIN(含CIS) 26 扁平上皮 4 通常型がん 印環細胞 1 31 子宮がん 高分化型(G1) 5 類内膜腺がん 中分化型(G2) 0 類内膜腺がん 低分化型(G3) 4 明細胞腺がん 1 9 卵巣癌 類内膜腺がん 高分化型(G1) 0 類内膜腺がん 中分化型(G2) 1 類内膜腺がん 低分化型(G3) 1 明細胞腺[osakaminami.hosp.go.jp]

  • 子宮内膜症

    子宮体癌、子宮頸癌 - 子宮体部の子宮内膜や子宮頸部などの上皮細胞が癌化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮症 - ではないが、子宮の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮筋症 - 子宮内膜症が子宮筋層に生じたもの 子宮肉腫 -[ja.wikipedia.org]

  • 子宮脱

    子宮体癌、子宮頸癌 - 子宮体部の子宮内膜や子宮頸部などの上皮細胞が癌化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮症 - ではないが、子宮の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮筋症 - 子宮内膜症が子宮筋層に生じたもの 子宮肉腫 -[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣線維莢膜細胞腫

    CIN(含CIS) 26 扁平上皮 4 通常型がん 印環細胞 1 31 子宮がん 高分化型(G1) 5 類内膜腺がん 中分化型(G2) 0 類内膜腺がん 低分化型(G3) 4 明細胞腺がん 1 9 卵巣癌 類内膜腺がん 高分化型(G1) 0 類内膜腺がん 中分化型(G2) 1 類内膜腺がん 低分化型(G3) 1 明細胞腺[osakaminami.hosp.go.jp] 卵管に類似する場合は漿液を分泌する漿液性嚢胞腫瘍へ子宮頚管線に類似する場合は粘液を分泌する粘液性嚢胞腫瘍、非妊娠時の子宮内膜に類似する場合は類腫瘍、妊娠時子宮に類似する場合は明細胞腫瘍となる。分化度によって漿液性嚢胞腺腫、漿液性嚢胞腫瘍、漿液性嚢胞と末語が変化していく。 漿液性嚢胞腺癌は多房性から充実性と内部形態は様々である。[sorriso27.exblog.jp] 卵管に類似する場合は 漿液 を分泌する漿液性嚢胞腫瘍、子宮頚管腺に類似する場合は 粘液 を分泌する粘液性嚢胞腫瘍、非妊娠時の子宮内膜に類似する場合は類腫瘍、妊娠時子宮に類似する場合は明細胞腫瘍となる。分化度によって漿液性嚢胞 腺腫 、漿液性嚢胞 腫瘍 、漿液性嚢胞 と末語が変化していく。[ja.wikipedia.org]

  • 重複子宮

    子宮に関する病気 [ 編集 ] 子宮体癌 、 子宮頸癌 - 子宮体部の子宮内膜や子宮頸部などの上皮細胞が癌化し、悪性腫瘍を形成する 子宮内膜増殖症 - 子宮内膜が過度に増殖する(細胞異型を伴う場合は前癌状態に該当) 子宮症 - ではないが、子宮の細胞が本来の子宮腔内以外の場所で増殖し炎症を起こしたりする 子宮筋症 - 子宮内膜症[ja.wikipedia.org]

さらなる症状