Create issue ticket

考えれる17県の原因 婦人科検診 異常

  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期
  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮脱

    子宮脱 (しきゅうだつ、 英 : uterine prolapse ) とは 骨盤臓器脱 の一形態で [1] 、 子宮 が 陰門 外へと脱出した状態。 ヒト [ 編集 ] 二足歩行のヒトにおいて、本来なら子宮は、 靭帯 や 筋肉 により 骨盤 中央に支持されている。ところが、加齢や 妊娠 ・ 出産 の繰り返しによりこの支えが緩んでくると、重力に従って子宮が 膣 の方へと垂れ下がり、体外への脱出が起こる。 膀胱脱 ( 膀胱瘤 )や 直腸脱 ( 直腸瘤 )を併発する場合もあり、 尿道 のねじれを伴って排尿困難をきたす可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 転移性卵巣上皮がん
  • 第三度子宮脱
  • 卵巣腺腫
  • 子宮頸癌

    子宮頸癌(しきゅうけいがん、英: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。そこに生じる悪性の上皮性病変(癌)のこと。 発生頻度は発展途上国で高い。発症は20代から40代で高く、死亡は25歳未満ではまれであり、特に高齢者に多い。主な原因に、主に性交渉にって感染するヒトパピローマウイルス (HPV)の感染があるが、大部分の人で通常は免疫によってHPVは排除される。子宮頸癌の人々の87.4%に、HPVの感染が確認されている。ほかの部位のがんに比較して生存率は高く、検診により死亡率は最大80%減少する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)とは子宮腔以外の部分への受精卵の着床をいう。子宮内であっても帝王切開創部や子宮頸管での妊娠も異常妊娠であるため、異所性妊娠(いしょせいにんしん、ectopic pregnancy)と呼称が変更されつつある。全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹症では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。 歴史的には、中世イスラムの外科医アブー・アル[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)とは子宮腔以外の部分への受精卵の着床をいう。子宮内であっても帝王切開創部や子宮頸管での妊娠も異常妊娠であるため、異所性妊娠(いしょせいにんしん、ectopic pregnancy)と呼称が変更されつつある。全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹症では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。 歴史的には、中世イスラムの外科医アブー・アル[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状