Create issue ticket

考えれる73県の原因 婦人科検診 異常

  • 膣炎

    性交経験のある方には 性交のある方の場合、生理痛の有無に関わらず、定期的な婦人検診をおすすめします。最も大切なことは子宮の異常(子宮内膜症や子宮筋腫など)、卵巣の異常(卵巣のう腫や卵巣の働きのチェック)、性感染症などの帯下(おりもの)の異常の有無など、将来妊娠する能力にも大きく関係することもある、婦人科分野全体に関わるチェックです。[tomimatsu-lc.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    子宮がん検診婦人検診後のフォローアップ 子宮頚部や体部の細胞異常・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・骨量の低下などを指摘された場合、治療を要する状況にならないかどうか検査・観察していくことが大切です。[ogino-hp.or.jp]

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 子宮脱

    子宮脱 子宮下垂・脱は、子宮が正常の位置より下降したものを子宮下垂といい、これがひどくなり外陰部より子宮の一部または全部が脱出するのを子宮脱といいます。従って子宮の下垂と脱の違いは程度の差です。子宮の下端は腟内に突出しており(子宮腟部)、子宮の前方は膀胱、後方は直腸とそれぞれ接しており、多くの場合子宮が下降するときは、腟・膀胱・直腸などの臓器を引き連れて下がり、ひどくなると腟は、それにつられて裏返ってしまうこともあります。このように、骨盤の中に周囲の臓器が落ち込むことからpelvic organ prolapse(骨盤内臓脱)もしくは性器脱とよばれます。 症状[…][jspog.com]

  • 子宮頸癌

    子宮を温存するためには、がんの早期発見が必要不可欠であり、そのためには婦人検診(子宮頸がん検診)が大切です。検診では綿棒などで子宮頸部の細胞を軽くこすりとって、異常な細胞ができていないか顕微鏡で調べます(細胞診)。異形成の程度が軽度であれば経過観察となり、がんが見つかれば治療することとなります。[saiseikai.or.jp] 月経とは無関係の出血、茶褐色・黒褐色のおりものが増える等の異常がみられたら検診を待たずに早めに医療機関を受診しましょう。 診療婦人科です。 子宮頚がんとは 子宮頸がん(がん情報サービスホームページ) 検診のご案内 対象者 職場等で受診機会のない20歳以上の女性。 受診間隔は2年に1回です。[city.narita.chiba.jp]

  • 転移性卵巣上皮がん

    卵巣がんについて、特徴・分類・症状・原因・検診・検査方法・病期(ステージ)・生存率・治療法・再発・転移など様々な観点から解説します。 男女ともに、がんでの死亡率はおおよそ60歳から増加し、高齢になるにつれ高くなっていきます。卵巣がんだけを見てみると、2017年に亡くなった人は4,745人で、年齢別でみてみると20歳代では13人、30歳代では76人、40歳代では408人、50歳代では731人、60歳代では1,125人、70歳代では1,005人、80歳代以上では1,385人となっています。[…][ganchiryo.com]

  • 第三度子宮脱

    ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長 清水なほみ先生 妊娠・出産は想像以上に女性の体に負担がかかるもの。産後、トラブルを抱える人も少なくありませんが、「最近、膣のあたりが何かヘン[…]」という人は、もしかしたら 子宮脱 かも!? “子宮脱”とは、どんな病気? 子宮脱とは、子宮を支えている 骨盤底筋群 が弱くなることで、子宮が下垂して膣から出てくる病気。子宮だけでなく、膀胱や直腸が一緒に下がってきてしまうこともあります。 子宮や膀胱、直腸をネット状に骨盤底筋群が支えている (c)フリーメディカルイラスト図鑑 産婦人科医で「ポートサイド女性総合クリニック[…][mrs.living.jp]

  • 卵巣腺腫

    2. 卵巣・卵管 1. 卵巣・卵管の解剖 卵巣は充実性の臓器です。左右一対存在します。卵子を成熟させたり、ホルモンを産生する機能があります。妊娠可能な年齢での長径は4cm程度です。卵巣表面に見られるくぼみは排卵の際にあいた孔です。閉経(50歳ぐらい)の後の卵巣はしぼんで表面にしわが寄ってきますが、なめらかになる場合もあります。[…][www33052u.sakura.ne.jp]

  • 骨盤腫瘍

    森岡 幹 医師 専門は婦人科悪性腫瘍で、外来診療・手術を担当しておりますが、悪性疾患ばかりではなく婦人良性疾患の診療もさせていただいております。良性腫瘍手術(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症等)や子宮癌検診での異常、急性腹症など地域の先生方からの紹介患者さんも多く、連携を取りあって治療を進めていきたいと考えております。[showa-u.ac.jp]

  • 子宮外妊娠

    子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)とは子宮腔以外の部分への受精卵の着床をいう。子宮内であっても帝王切開創部や子宮頸管での妊娠も異常妊娠であるため、異所性妊娠(いしょせいにんしん、ectopic pregnancy)と呼称が変更されつつある。全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹症では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。 歴史的には、中世イスラムの外科医アブー・アル[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状