Create issue ticket

考えれる15県の原因 妊娠後期

  • 妊娠

    妊娠高血圧症候群、流産、早産、胎児異常の早期発見と予防のための検査、妊娠後期は胎児well-beingの検査を行っていく。[ja.wikipedia.org] 従って、妊娠中期・後期には使用回避。 D :ヒトの胎児に明らかに危険であるという証拠があるが、危険であっても、妊婦への使用による利益が容認 (*) [113]trimetyadione ミノ・アレビアチン錠(大日本住友) 禁忌:妊婦・妊娠可能婦人。[drugsinfo.jp] 胎児発育の目安であり、妊娠週数の推定や分娩予定日の算出に用いられる。BPD(cm) 週数/4の関係式も存在するが妊娠後期では信頼性は乏しい。 推定胎児体重(EFW)児頭大横径(BPD)、体幹前後径(APTD)、体幹横径(TTD)、大腿骨長(FL)を用いて推定する。推定式は各種存在し、コンセンサスは得られていない。[ja.wikipedia.org]

  • 卵管妊娠

    妊娠高血圧症候群、流産、早産、胎児異常の早期発見と予防のための検査、妊娠後期は胎児well-beingの検査を行っていく。[ja.wikipedia.org] 胎児発育の目安であり、妊娠週数の推定や分娩予定日の算出に用いられる。BPD(cm) 週数/4の関係式も存在するが妊娠後期では信頼性は乏しい。 推定胎児体重(EFW)児頭大横径(BPD)、体幹前後径(APTD)、体幹横径(TTD)、大腿骨長(FL)を用いて推定する。推定式は各種存在し、コンセンサスは得られていない。[ja.wikipedia.org] 流産とは妊娠22週未満の場合を指す。児の胎外生活は不可能である。22週以降は児の生存が可能な場合もあることから早産と区別される。周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    妊娠高血圧症候群、流産、早産、胎児異常の早期発見と予防のための検査、妊娠後期は胎児well-beingの検査を行っていく。[ja.wikipedia.org] 胎児発育の目安であり、妊娠週数の推定や分娩予定日の算出に用いられる。BPD(cm) 週数/4の関係式も存在するが妊娠後期では信頼性は乏しい。 推定胎児体重(EFW)児頭大横径(BPD)、体幹前後径(APTD)、体幹横径(TTD)、大腿骨長(FL)を用いて推定する。推定式は各種存在し、コンセンサスは得られていない。[ja.wikipedia.org] 流産とは妊娠22週未満の場合を指す。児の胎外生活は不可能である。22週以降は児の生存が可能な場合もあることから早産と区別される。周産期医療の発達した2008年現在も34週未満の早産は予後不良な場合が多い。流産では12週未満に起こった場合は染色体異常が原因のことが多く早期流産という。また12週以降では羊膜絨毛膜炎が原因であることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 膣カンジダ症

    特に妊娠後期にひどくなり、苦しい思いをしました。 夏場でもよいかどうか指示を仰いでくださいね。ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、そのおかげで便秘解消にも赤ちゃんに母乳を与えたり、育児に体力が必要になるところですが、メリットとデメリットがあります。 そのうえ、残留農薬がないかどうかについて詳しく述べていきましょう。[npo-iha.com]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠初期の場合、胎児の感染は少ないが重症であり、流産となる場合もあります。妊娠後期の場合、胎児の感染は多いが、軽症の場合が多いです。脳症、痙攣、水頭症、頭蓋内石灰化や網脈絡膜炎や黄疸、肝臓・脾臓の腫れ等が見られる場合があります。母親を治療することによって、先天性のトキソプラズマ症の発生を減らせるので、正確で敏速な診断が大変に重要です。[city.yokohama.lg.jp] 妊娠後期 伝染のリスクはあるが、比較的軽い症状となりすぐには気付かれないことも多い。早くに気付かれる症状としては、色素性の脈絡網膜炎、ひきつけや精神運動発達の遅れ、頭蓋の肥大などが上げられる。実際にはこのような症状が出ないで慢性感染に移行することが多く、数年たってから眼に病変が見付かって先天性トキソプラズマ症と診断されることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。[ja.wikipedia.org]

  • むずむず脚症候群

    抄録 女性は,月経,妊娠・出産,閉経を通して,視床下部-下垂体-卵巣系の内分泌環境が大きく変動する.それに伴い,気分の変調や睡眠が変化することはよく知られている.月経前には,いらいら,抑うつ感を伴った日中の眠気の増加が特徴的である.妊娠中に関しては,妊娠前期に過眠がみられるが,妊娠中期には比較的安定し,妊娠後期に夜間不眠が多く経験される.睡眠時無呼吸症候群[doi.org]

  • 妊娠糖尿病

    その上、妊娠後期において母体の血糖コントロールが不良の場合、胎児も高血糖にに曝されるため、正常な胎児であれば、胎児の膵臓が大量のインスリンを作り続けることになる。インスリンは胎児の 肺サーファクタント の合成を抑制するために、大量のインスリンを作り続けた結果、胎児が出生した後で、 新生児呼吸窮迫症候群 を発症するリスクも上昇する。[ja.wikipedia.org] 註2.妊娠中、特に妊娠後期妊娠による生理的なインスリン抵抗性の増大を反映して糖負荷後血糖値は非妊時よりも高値を示す。そのため、随時血糖値や75gOGTT負荷後血糖値は非妊時の糖尿病診断基準をそのまま当てはめることはできない。 これらは妊娠中の基準であり、出産後は改めて非妊娠時の「糖尿病の診断基準」に基づき再評価することが必要である。[dm-net.co.jp]

  • 妊娠糖尿病

    その上、妊娠後期において母体の血糖コントロールが不良の場合、胎児も高血糖にに曝されるため、正常な胎児であれば、胎児の膵臓が大量のインスリンを作り続けることになる。インスリンは胎児の 肺サーファクタント の合成を抑制するために、大量のインスリンを作り続けた結果、胎児が出生した後で、 新生児呼吸窮迫症候群 を発症するリスクも上昇する。[ja.wikipedia.org] 註2.妊娠中、特に妊娠後期妊娠による生理的なインスリン抵抗性の増大を反映して糖負荷後血糖値は非妊時よりも高値を示す。そのため、随時血糖値や75gOGTT負荷後血糖値は非妊時の糖尿病診断基準をそのまま当てはめることはできない。 これらは妊娠中の基準であり、出産後は改めて非妊娠時の「糖尿病の診断基準」に基づき再評価することが必要である。[dm-net.co.jp]

  • 常位胎盤早期剥離

    特に妊娠高血圧症候群の例に多い。 分娩を重ねるほど、高齢であるほど起こりやすい。 妊娠高血圧症の既往 妊娠後期の持続性の下腹部痛 性器出血 胎動の減弱、消失 ショック DIC特に、DIC、弛緩出血の合併に注意する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状