Create issue ticket

考えれる180県の原因 好酸球性膀胱炎

  • 間質性膀胱炎

    間質性膀胱炎 (かんしつせいぼうこうえん)は、血行障害や自己免疫障害による、膀胱機能障害の病気である。 診断基準 [ 編集 ] 必須項目 点状出血または ハンナー潰瘍 の存在 膀胱部痛または尿意切迫時に伴う痛み 除外項目 膀胱容量350ml以上 膀胱容量が150mlに達するまでに尿意がないもの 不安定膀胱 症状が9ヶ月未満 夜間頻尿の欠如 抗生剤 、 抗コリン剤 、 消炎鎮痛剤 にて症状が消失するもの 排尿回数が8回未満(1日) 3ヶ月以内に 細菌性膀胱炎 または細菌性前立腺炎に罹患 下部 尿路結石 活動性の 性器ヘルペス 子宮、子宮頚部、膣、尿道の 悪性腫瘍 尿道憩室 薬剤性膀胱炎[…][ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    細菌感染以外の膀胱炎 細菌感染以外の膀胱炎としては、小児や免疫抑制状態でのアデノウイルス感染による膀胱、放射線照射後の放射線膀胱、サイクロフォスファミドなど抗悪 腫瘍剤(抗がん剤)による出血膀胱、抗喘息薬による膀胱、間質性膀胱炎などがあります。[kyorin-u.ac.jp] 多くは細菌感染が原因である細菌性膀胱ですが、 その他にウイルスや抗がん剤などが原因となる出血膀胱・放射線による 放射線膀胱・アレルギーとの関連が疑われる膀胱・原因不明の間質性膀胱炎などがあります。 持病がなく思い当たる原因がない場合の単純性膀胱炎や、 若い女性の頻尿・排尿痛・残尿感はほとんどが細菌性膀胱炎です。[omori-ajc.com]

  • 性腺機能低下症

    原発胆汁肝硬変 原発硬化胆管 消化管疾患 慢性特発性偽性腸閉塞症 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 腸管神経節細胞僅少症 ルビンシュタイン・テイビ症候群 CFC症候群 コステロ症候群 チャージ症候群 クリオピリン関連周期熱症候群 全身型若年性特発性関節炎 TNF受容体関連周期性症候群 非典型溶血性尿毒症症候群 ブラウ症候群[sick.blogmura.com] 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症 家族性高コレステロール血症(ホモ接合体) 甲状腺ホルモン不応症 先天性副腎皮質酵素欠損症 先天性副腎低形成症 アジソン病 特発性間質性肺炎 肺動脈性肺高血圧症 肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 リンパ脈管筋腫症 網膜色素変性症 バッド・キアリ症候群 特発門脈圧亢進症[sick.blogmura.com]

  • 好酸球性胃炎

    タンパク MBP eosinophil peroxidase ペルオキシダーゼ EPO eosinophilia 増加症/増加 eosinophilic cystitis 膀胱 eosinophilic fasciitis 筋膜炎 eosinophilic gastroenteritis 好酸球性胃腸炎[jpeds.or.jp] 酵素免疫吸着法/酵素結合免疫吸着検査法/酵素免疫測定法/ELISA ELISA enzymopathy 酵素病 eosinopenia 好酸球減少/好酸球減少症 eosinophil 好酸球 eosinophil cationic protein 好酸球陽イオンタンパク ECP eosinophil major basic protein 主要基礎[jpeds.or.jp]

  • 内側性硬化症

    95 自己免疫肝炎 96 クローン病 97 潰瘍大腸 98 消化管疾患 99 慢性特発性偽性腸閉塞症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 101 腸管神経節細胞僅少症 289 クロンカイト・カナダ症候群 290 非特異性多発性小腸潰瘍症 291 ヒルシュスプルング病(全結腸型又は小腸型) 292 総排泄腔外反症 293[shiga-med.ac.jp] 95 自己免疫肝炎 96 クローン病 97 潰瘍大腸 98 消化管疾患 99 慢性特発性偽性腸閉塞症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 101 腸管神経節細胞僅少症 102 ルビンシュタイン・ティビ症候群 103 CFC症候群 104 コステロ症候群 105 チャージ症候群 106 クリオピリン関連周期熱症候群 107[city.narita.chiba.jp] 中隔視神経形成異常症/ドモルシア症候群 164 眼皮膚白皮症 301 黄斑ジストロフィー 302 レーベル遺伝性視神経症 303 アッシャー症候群 328 前眼部形成異常 329 無虹彩症 聴覚・平衡機能系疾患 消化器系疾患 告示番号 指定難病名 91 バッド・キアリ症候群 92 特発性門脈圧亢進症 93 原発性胆汁性胆管炎 94 原発性硬化胆管[shiga-med.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    44 多発血管肉芽腫症 99 慢性特発腸閉塞症 45 多発血管性肉芽腫症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 46 悪性関節リウマチ 101 腸管神経節細胞僅少症 47 バージャー病 102 ルビンシュタイン・テイビ症候群 48 原発性抗リン脂質抗体症候群 103 CFC症候群 49 全身性エリテマトーデス 104[city.okinawa.okinawa.jp] 原発硬化胆管 自己免疫肝炎 クローン病 潰瘍大腸 消化管疾患 慢性特発性偽性腸閉塞症 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 腸管神経節細胞僅少症 ルビンシュタイン・テイビ症候群 CFC症候群 コステロ症候群 チャージ症候群 クリオピリン関連周期熱症候群 若年性特発性関節炎 TNF受容体関連周期性症候群 非典型溶血性尿毒症症候群[city.suginami.tokyo.jp] 95 自己免疫肝炎 96 クローン病 97 潰瘍大腸 98 消化管疾患 99 慢性特発性偽性腸閉塞症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 101 腸管神経節細胞僅少症 102 ルビンシュタイン・ティビ症候群 103 CFC症候群 104 コステロ症候群 105 チャージ症候群 106 クリオピリン関連周期熱症候群 107[city.narita.chiba.jp]

  • クロンカイト・カナダ症候群

    このページを印刷する ※ は当院で診療している指定難病 告示番号 指定難病名(消化器系疾患) 当院での診療 91 バット・キアリ症候群 92 特発性門脈圧亢進症 93 原発性胆汁性肝硬変 94 原発性硬化胆管 95 自己免疫肝炎 96 クローン病 97 潰瘍大腸 98 消化管疾患 99 慢性特発性偽性腸閉塞症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症[byouin.metro.tokyo.jp] 原発胆汁肝硬変 原発硬化胆管 消化管疾患 慢性特発性偽性腸閉塞症 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 腸管神経節細胞僅少症 ルビンシュタイン・テイビ症候群 CFC症候群 コステロ症候群 チャージ症候群 クリオピリン関連周期熱症候群 全身型若年性特発性関節炎 TNF受容体関連周期性症候群 非典型溶血性尿毒症症候群 ブラウ症候群[sick.blogmura.com] 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症 家族性高コレステロール血症(ホモ接合体) 甲状腺ホルモン不応症 先天性副腎皮質酵素欠損症 先天性副腎低形成症 アジソン病 特発性間質性肺炎 肺動脈性肺高血圧症 肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 リンパ脈管筋腫症 網膜色素変性症 バッド・キアリ症候群 特発門脈圧亢進症[sick.blogmura.com]

  • 尿毒症性肺炎

    44 多発血管肉芽腫症 99 慢性特発腸閉塞症 45 多発血管性肉芽腫症 100 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 46 悪性関節リウマチ 101 腸管神経節細胞僅少症 47 バージャー病 102 ルビンシュタイン・テイビ症候群 48 原発性抗リン脂質抗体症候群 103 CFC症候群 49 全身性エリテマトーデス 104[city.okinawa.okinawa.jp] バッド・キアリ症候群 37 膿疱性乾癬(汎発型) 92 特発性門脈圧亢進症 38 スティーヴンス・ジョンソン症候群 93 原発性胆汁性肝硬変 39 中毒性表皮壊死症 94 原発性硬化性胆管炎 40 高安動脈炎 95 自己免疫性肝炎 41 巨細胞性動脈炎 96 クローン病 42 結節性多発動脈炎 97 潰瘍性大腸炎 43 顕微鏡的多発血管炎 98 好酸消化管疾患[city.okinawa.okinawa.jp]

  • 頸性脊椎炎

    間質膀胱 2010年9月6日 ANCA関連血管炎 疥癬 2010年8月2日 Fisher症候群 左中足骨骨折 2010年7月5日 急性好酸球性肺炎 インスリノーマ 2010年6月7日 薬剤性浮腫 悪性腫瘍(肺癌) 2010年5月10日 壊死性筋膜炎 MAGIC症候群 2010年3月1日 SLE(ループス腸炎) Churg-Strauss[m.chiba-u.ac.jp] 7月4日 クラミジア肝周囲炎 潰瘍性大腸炎 2011年6月6日 好酸球性胃腸炎 急性大動脈解離 2011年4月11日 大動脈解離 リウマチ性多発筋痛症 2011年2月7日 強皮症、CNSループス 咽後膿瘍、縦隔炎 2010年12月6日 T細胞リンパ腫 破傷風 2010年11月1日 レプトスピラ感染症 足根管症候群 2010年10月18日 増多症候群[m.chiba-u.ac.jp]

  • 急性間質性腎炎

    尿症の感度は 67% 、特異度は 87% という研究データがある。尿症は前立腺膀胱炎、アテローム塞栓腎疾患、急速進行性糸球体腎炎などでもみられる) しかしほとんどの場合では、最初腎生検は行わずに、原因と思われる薬剤を中止して様子を見る。[georgebest1969.typepad.jp]

さらなる症状