Create issue ticket

考えれる11県の原因 好酸球増加, 胸水, 薬剤胸水

つまり: 好酸球増加, 胸水,, 胸水

  • 全身性エリテマトーデス

    漿膜炎 Serositis 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦音。一日以上続く典型的な心外膜痛(臥位で痛み、前かがみ座位で軽減する)、または心嚢液貯留、心外膜摩擦音、心エコーによる心外膜炎。ただし感染症、尿毒症、Dressler心外膜炎など他の既知の病因を除く。 7.[med.osaka-u.ac.jp] 漿膜炎(Serositis) 一日以上続く典型的な胸膜炎、または胸水、胸膜摩擦音。一日以上続く典型的な心外膜痛(臥位で痛み、前かがみ座位で軽減する)、または心嚢液貯留、心外膜摩擦音、心エコーによる心外膜炎。ただし感染症、尿毒症、Dressler心外膜炎など他の既知の病因を除く。 7.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 胸部レントゲンでの胸水貯留像、心胸郭比の拡大、エコーによる心嚢液や腹水貯留、腹部膨隆が観察される。 腎障害 糸球体腎炎が基本である。シェーグレン症候群とは異なり、びまん性の間質性腎炎は少ない。様々な病理組織像がある。現在では国際腎臓学会の分類(ISN分類)が標準的である。1日尿蛋白3.5g以上のネフローゼ症候群を呈することがしばしばある。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    多発血管炎性肉芽腫症 ( 英語 : Granulomatosis with polyangiitis; GPA )は全身性の 血管炎 で、中〜小型 動脈 を傷害する疾患。 1939年 ドイツ の病理学者 Wegenerにより報告された。 鼻 やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に 間質性肺炎 、 急速進行性糸球体腎炎 をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて 鞍鼻 を呈することがある。 眼球突出 、 ぶどう膜炎[…][ja.wikipedia.org]

  • 特発性好酸球増加症

    特発性増加症候群はHESと略称され、特発性増多症や原発性増加症候群、あるいは単に増加症候群・増多症候群・増加症などと呼ばれることもあるが、寄生虫感染やアレルギー及びT細胞増殖などの増加をきたす基礎疾患によるものはこの項で解説する特発性増加症候群には含めない。[ja.wikipedia.org] 以上が6ヶ月以上)あるいは6ヶ月以内に死亡、②増加の基礎疾患(寄生虫感染、アレルギー性疾患など)がない、③浸潤による症状や徴候(肝脾腫、基質性心雑音、うっ血性心不全、中枢神経異常、肺線維症、発熱、体重減少、貧血)の存在である.[midb.jp] 慢性性白血病/特発性増加症候群(英名: Chronic eosinophilic leukemia / Hyper eosinophilic syndrome )とは慢性骨髄増殖性疾患の一つであり、原因不明の増加を特徴とする血液疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病
  • 肺吸虫症

    症状 [ 編集 ] 症状は 創傷 性 肝炎 、 腹膜炎 、 胸水 貯留、 気胸 、発熱、発咳、血痰などであり、血液所見は 好酸球 数増加を伴う 白血球 数の増加を示す。人体寄生例では 脳 へ侵入した場合、 頭痛 、 嘔吐 、 てんかん 様 発作 、視力障害などを示して死亡することがある。[ja.wikipedia.org] 症状 [ 編集 ] 症状は 創傷 性 肝炎 、 腹膜炎 、 胸水 貯留、 気胸 、発熱、発咳、血痰などであり、血液所見は 増加を伴う 白血球 数の増加を示す。人体寄生例では 脳 へ侵入した場合、 頭痛 、 嘔吐 、 てんかん 様 発作 、視力障害などを示して死亡することがある。[ja.wikipedia.org]

  • コクシジオイデス症

    コクシジオイデス症(英: coccidioidomycosis)とはCoccidioides immitisあるいはC. posadasiiを原因とする真菌症。渓谷熱(valley fever)、San Joaquin Valley fever、California valley fever、desert feverとも呼ばれる。C. immitisはアメリカ合衆国南西部、メキシコ北部、アメリカ大陸中央および南部の土壌に生息する。C. immitisは乾燥時には休眠状態で過ごし、雨が降ると長い菌糸を持つカビの姿に発育し、この菌糸が分断して空中性の胞子となる。 コクシジオイデス症 メルクマニュアル[…][ja.wikipedia.org]

  • 非定型肺炎

    昔から「異型肺炎」として、肺炎にしては元気で一般状態も悪くないことが特徴であるとされてきたが、重症肺炎となることもあり、胸水貯留は珍しいものではない。 他に合併症としては、中耳炎、無菌性髄膜炎、脳炎、肝炎、膵炎、溶血性貧血、心筋炎、関節炎、ギラン・バレー症候群、スティーブンス・ジョンソン症候群など多彩なものが含まれる。[niid.go.jp] 白血球増多はないが、末梢血数は増加する。CRP や赤沈は上昇、ときにIgM の上昇を認める。病原体検出法としては、抗原検出法として、直接蛍光抗体法、酵素抗体法などでクラミジア抗原を検出するほか、DNA 診断法(PCR, LCR)で特異遺伝子を検出する。分離も一部の施設では試みられる。[niid.go.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    血液分画では塩基増加し、と、時には増加する。白血球数が2万個/μlを超えると芽球も出現して慢性骨髄性白血病の状態が明白になる。 1945年、広島と長崎が原子爆弾で被爆したが、その放射線被曝者では5年後の1950年から10年後の1955年にかけて慢性骨髄性白血病の発生頻度が著明に増加した。[ja.wikipedia.org]

類似した症状