Create issue ticket

考えれる582県の原因 好酸球増加症

  • アトピー

    執筆者: Karen McKoy, MD, MPH, Assistant Clinical Professor, Dermatology, Harvard Medical School; Senior Staff, Lahey Clinic Dermatology アトピー性皮膚炎とは、皮膚の上層に生じる、かゆみを伴う慢性的な炎症です。花粉症や喘息のある人、また家族にそのような病気の人がいる人にみられることの多い病気です。 アトピー性皮膚炎は非常によくみられるもので、特に先進国やアレルギーを起こしやすい人に多くみられます。[…][msdmanuals.com]

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもの。アトピー性湿疹(英語: atopic eczema)と呼ぶ方が適切である。アトピーという医学用語は、主にタンパク質のアレルゲンに強く反応する傾向のことであり、気管支喘息、鼻炎などの他のアトピー性のアレルギー疾患にも冠されることがある。アトピーである場合、典型的には皮膚炎、鼻炎、喘息の症状を示すことがあり、その内の皮膚炎(湿疹)のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎(アレルギーせいびえん、allergic rhinitis、略:AR )とは、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を主徴とする鼻粘膜のI型アレルギーである。 鼻アレルギー(nasal allergy)とも呼ばれるが、この場合は鼻粘膜における炎症である鼻炎以外、すなわち副鼻腔などを含む鼻におけるアレルギー疾患全般を指す。しかしながら、アレルギー性鼻炎と鼻アレルギーとはしばしば同義に用いられる。 鼻過敏症(hyperesthetic rhinitis)と呼ぶこともあるが、これはさらに広義であり、アレルギーの機序によらない鼻疾患、たとえば血管運動性鼻炎なども含む概念である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 好酸球性胃炎

    好酸球の大部分は組 織中に存在(気道、肺、胃、腸管、子宮など)、末梢血中のは絶対数では350/μl 未満に調整されています。これ以上に増加する場合を増加と呼びま す。増加には原発性と基礎疾患に続発して生じる二次性増加があり ます(表1)。[med.osaka-cu.ac.jp] […] cationic protein 陽イオンタンパク ECP eosinophil major basic protein 主要基礎タンパク MBP eosinophil peroxidase ペルオキシダーゼ EPO eosinophilia 増加/増加 eosinophilic cystitis 好酸球性膀胱炎[jpeds.or.jp] 木村病より大きさの小さい性血管リンパ増殖は、人種差なく皮膚表面に近くに発生する。両疾患とも増加を伴う。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 薬物過敏症

    、中毒性表皮壊死、hypersensitivity syndrome 血液・造血器 汎血球減少、白血球減少(顆粒減少)、血小板減少、溶血性貧血、増加、リンパ腫様反応 呼吸器 喘息発作、気管支痙攣、PIE症候群、性肺炎、急性間質性肺炎、肺線維症、Goodpasture症候群 肝臓 胆汁うっ滞型肝炎、急性肝細胞壊死 その他の[ryumachi.umin.jp] 臓器 主な症状・病名 全身性 アナフィラキシー反応、ショック、全身痙攣、血清病様反応、薬物熱、過敏性血管炎、ループス症候群、アナフィラキシー様反応 皮膚・粘膜 固定薬疹、播種状紅斑型薬疹、蕁麻疹、血管浮腫、多形紅斑型薬疹、Stevens-Johnson症候群、苔癬型薬疹、湿疹型薬疹、天疱瘡型薬疹、接触皮膚炎、光線過敏反応、剥脱性皮膚炎(紅皮[ryumachi.umin.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    種類 頻度:5%以上 頻度:1〜5%未満 頻度:1%未満 頻度不明 血液及びリンパ系障害 リンパ減少、血小板減少 貧血、増加 心臓障害 動悸 眼障害 眼刺激、眼痛、眼そう痒、流涙増加、霧視 胃腸障害 悪心、下痢 嘔吐、便秘、口内乾燥 腹痛、上腹部痛、胃食道逆流性疾患、腹部不快感、腸炎、イレウス、過敏性腸症候群、口内炎 下腹部痛 全身障害[bavencio.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • アジソン病

    循環血流量の低下(約1/3) 小さい心臓(約1/3) まれに小肝 これらは治療後に回復します。 血液検査の結果は? 死に至る程なのにストレスパターンの欠如 増加 リンパ球増加症 Na/K比 20:1(約10%正常) 肝酵素の上昇 BUN  P  Ca  K Na  Cl  BS 軽い貧血?[pet-hospital.org] ACTHの増加では、 皮膚 や粘膜の色素沈着などが生じる。 【診断】 検査所見では、 増加、低ナトリウム血、高カリウム血症、低血糖などがみられる。血中コルチゾール低下、ACTH負荷試験での異常(血中コルチゾールや尿中17-OHCSの増加を認めないこと)で診断する。[kango-roo.com] 血算の異常としては、(副腎皮質機能低下の患者の 25%で起こる異常所見だが)リンパ増加増多症が挙げられる。[monolis.com]

  • 悪性貧血

    白血球には、、リンパ、単塩基球があります。 好中球は、感染、火傷、心筋梗塞、出血、腫瘍、白血病などで増加し、特定の感染症(チフス、ウイルス)、敗血症、放射線照射、無顆粒球症、再生不良性貧血、エリテマトーデスなどで減少します。ときに、異常は見られないが体質的に常に多い人もいます。[shrc.or.jp] リンパ球の増加は、特定の感染症(伝染性単核症、百日咳、ウイルス症、肝炎など)、リンパ性白血病、バセドウ病、アジソン病などでみられ、リンパの減少は多くの感染急性期、悪性腫瘍、副腎皮質ホルモン服用などでみられます。 増加は、アレルギー疾患、寄生虫、白血病、膠原病などでみられます。[shrc.or.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

さらなる症状

類似した症状