Create issue ticket

考えれる77県の原因 好酸球増加

  • アトピー
  • アトピー性皮膚炎

    はじめに この患者さん向けのインターネットパンフレットは、厚生労働科学研究「アトピー性皮膚炎の既存治療法の適応と有効性の再評価に関する研究」(1999-2001年度)の一環として2001年に初版が作成されました。その後、厚生労働科学研究「アトピー性皮膚炎の既存治療法のEBMによる評価と有用な治療法の普及」(2002-2004年度)による検討結果を加え、2003年に増補版として追加訂正を行い、厚生労働科学研究「アトピー性皮膚炎の発症・症状の制御および治療法の確立普及に関する研究」(2011-2013年度)の成果を踏まえ、2013年12月に大幅に改訂しました。[…][kyudai-derm.org]

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎(アレルギーせいびえん、allergic rhinitis、略:AR )とは、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を主徴とする鼻粘膜のI型アレルギーである。 鼻アレルギー(nasal allergy)とも呼ばれるが、この場合は鼻粘膜における炎症である鼻炎以外、すなわち副鼻腔などを含む鼻におけるアレルギー疾患全般を指す。しかしながら、アレルギー性鼻炎と鼻アレルギーとはしばしば同義に用いられる。 鼻過敏症(hyperesthetic rhinitis)と呼ぶこともあるが、これはさらに広義であり、アレルギーの機序によらない鼻疾患、たとえば血管運動性鼻炎なども含む概念である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 寄生虫病

    主な症状 痒み、発疹、顔面浮腫、筋肉痛、倦怠感等 消化管侵襲期:悪心、腹痛、下痢 幼虫筋肉移行期:感染後2〜6週の間、眼窩周囲の浮腫、発熱、筋肉痛、皮疹、高度の増加。幼虫の通過により心筋炎を起こし、死亡することがあります。[fsc.go.jp]

  • アレルギー性喘息
  • 肺炎

    増加は慢性性肺炎を示唆している可能性がある。肺門部および気管傍リンパ節腫大はサルコイドーシスにより特徴的である。 予後 病理学的変化は,早期に検出された場合や抗原曝露が除去された場合は,完全に可逆的である。急性型は,抗原を回避すれば自然軽快する;症状は通常数時間以内に軽減する。[msdmanuals.com] 洗浄液中のリンパ球が増加( 60%)し,CD4 /CD8 比が 1.0であることが,この疾患の特徴である(正常比 標準誤差 2.3 0.2);これとは対照的に,CD4 優位(比 1.0)のリンパ増多は,よりサルコイドーシスに特徴的である。他の所見には,肥満細胞数 1%(急性曝露後)ならびにおよび増加などがありうる。[msdmanuals.com]

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 骨髄増殖性疾患

    慢性性白血病/特発性増加症候群(CEL/HES) 白血球の一種増加し、多くの臓器にが湿潤し傷害する。 分類不可能型PVのほぼ全例、MF、ETのおおよそ半数においてチロシンキナーゼJak2遺伝子の点突然変異が発見され、JAK2V617F変異融合遺伝子と呼ばれている。[ja.wikipedia.org] 慢性好中球性白血病 Chronic Neutrophilic Leukemia:CNL 白血球の一種類、が顕著に増加する。CMLに似るがPhiladelphia染色体は存在せず、NAPスコアは低下しない。非常に希である。[ja.wikipedia.org]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    血中の増加以外に、性組織障害因子(ECPなど)の上昇、IgE高値なども認められる。抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic antibody:ANCA)のサブタイプであるミエロペルオキシダーゼに対する抗体(MPO-ANCA)が約50%の症例で血清中に検出される。[nanbyou.or.jp] ( 40万/µL) (3)血清IgE増加( 600 U/mL) (4)MPO-ANCA陽性 (5)リウマトイド因子陽性 (6)肺浸潤陰影 重症度分類 性多発血管炎性肉芽腫症の重症度分類を用いて3度以上を対象とする。[nanbyou.or.jp] 診断は後述の診断基準によってなされ、(1)先行する気管支喘息あるいはアレルギー性鼻炎、(2)血中の増加、(3)前項にある血管炎症状を認めることによる。さらに病理組織所見が存在すると確実になる。参考所見として、血沈亢進、血小板増加、IgE高値、血清MPO-ANCA(p-ANCA)陽性などが重要である。[nanbyou.or.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状