Create issue ticket

考えれる254県の原因 好気性菌

  • レンサ球菌感染

    […] β溶血を示すレンサ球菌を原因とし、突発的に発症して急激に進行する敗血症性ショック病態である。 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。後発症状としては軟部組織病変、循環不全、呼吸不全、血液凝固異常(DIC)、肝腎症状など多臓器不全を来し、日常生活を営む状態から24時間以内に多臓器不全が完結する程度の進行を示す。A群レンサ球菌等による軟部組織炎、壊死性筋膜炎、上気道炎・肺炎、産褥熱は現在でも致命的となりうる疾患である。 劇症型溶血性レンサ球菌感染症とは (国立感染症研究所)[…][pref.okayama.jp]

  • 緑膿菌

    緑膿によるピオシアニン(緑色色素)の産生 。 左は緑膿を培養した培地。偏性気性であるため培地の表面近くだけに増殖して( バイオフィルム の形成、白い部分)、そこから培地下方に向けて産生したピオシアニンが拡散している。右は緑膿菌培養前の培地。 緑膿菌によるピオベルジン(黄緑色の蛍光色素)の産生 。[ja.wikipedia.org] 緑膿 (りょくのうきん、学名、 Pseudomonas aeruginosa )は、 細菌 に分類される、 グラム陰性 で 気性 の 桿菌 の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な 常在 の1つでもある。ヒトに対しても 病原性 を持つものの、仮に健常者に 感染 しても 発病 させることはほとんど無い。[ja.wikipedia.org] それに加え、CF病患者のバイオフィルムに生息する緑膿は(歴史的に、全てのシュードモナス属は 偏性気性生物 に分類されていたにも関わらず) 嫌気呼吸 を行うようになる [1] 。 呼吸形態を嫌気的に変更することは、緑膿菌の増殖を促進する。嫌気呼吸は、バイオフィルムの主要成分であるアルギン酸を多量に生産する 表現型 の維持に有利である。[ja.wikipedia.org]

  • リステリア症

    リステリア病(listeriosis) 病原体 リステリア属の Listeria monocytogenes (グラム陽性通性嫌気性または微気性、短桿菌) 種は6種 L. brayi L. innuocua L. ivanovii L. monocytogenes (ヒトリステリア症の原因菌) L. seeligeri L. welshimeri[med.akita-u.ac.jp] リステリア属の基準種であり、0.5x1 µm程度の大きさの、通性嫌気性〜微気性の短桿菌である。通性細胞内寄生性であり、細胞内では細胞骨格を形成するアクチンを利用して細胞質内を移動し、さらに隣接する細胞に侵入するという特徴を持つ。[ja.wikipedia.org]

  • ブルセラ症

    【 ブルセラ症 】気性GNR、細胞内寄生 ウシ、ヤギ、ヒツジなどからミルク、チーズなどを介してヒトに感染する人獣共通感染症 仙腸関節炎、副睾丸炎、睾丸炎、髄膜炎、心内膜炎、肝脾腫 マルタ熱として、地中海周辺、中近東に多く存在し不明熱(FUO)とされることも テトラサイクリン 【熱型②】・間欠熱(弛張熱っぽいが、時々発熱が欠ける)―――マラリア[search.yahoo.co.jp] ブルセラ属はグラム陰性、偏性気性短小桿菌(特に新鮮分離株では球菌のようにみえる)( 図1 )で、芽胞や鞭毛は持たず細胞内寄生性を持つ。ヒトに感染する主要4菌種は、病原性の高い順に B. melitensis 、 B. suis 、 B. abortus 、 B. canis である( 表1 )。[niid.go.jp] 病原体 ブルセラ属( Brucella spp.)はグラム陰性、偏性気性短小桿菌で、芽胞や鞭毛はなく、細胞内に寄生する性質を有しています。[pref.wakayama.lg.jp]

  • クレブシエラ属

    気性 偏性気性 酸素は必要 緑膿気性 酸素少量で増殖がよい 淋菌 通性嫌気性菌 酸素がなくても増殖 大腸菌 嫌気性菌 偏性嫌気性菌 酸素は有害 バクテロイデス 3)その他、細菌等 (A)抗酸菌 結核菌 Mycobacterium tuberculosis らい菌 Mycobacterium leprae 非定型抗酸菌 Atypocal[f.kpu-m.ac.jp] 下痢症の原因として問題となったのは、Butzler(ベルギー)らの研究(1972)によるもので、その後、Skirrow(イギリス)により確認された。 微気性培養と培地の考案により、分離培養が一般の検査・研究室で可能になったことにより、現在では、食中毒の重要な原因である。[eiken.pref.kanagawa.jp] 2)グラム陰性 気性 球菌 ナイセリア Neisseria 淋菌 N.gonorrhoeae 髄膜炎 N.meningitidis ブランハメラ Branhamella カタル球菌 B.catarrhalis メモ4) 桿菌 ヘモフィルス Haemophilus インフルエンザ菌 H.influenzae メモ5) パラインフルエンザ[f.kpu-m.ac.jp]

  • 緑膿菌敗血症

    緑膿の酸素要求性について初歩的な質問で申し訳ありませんが, ご教授のほどお願い致します。 【回答】 気性が嫌気環境で発育可能な理由には二つ考えられます。 1. 側の因子 Pseudomonas 属は気性に分類されます。[jarmam.gr.jp] 緑膿によるピオシアニン(緑色色素)の産生 。 左は緑膿を培養した培地。偏性気性であるため培地の表面近くだけに増殖して( バイオフィルム の形成、白い部分)、そこから培地下方に向けて産生したピオシアニンが拡散している。右は緑膿菌培養前の培地。 緑膿菌によるピオベルジン(黄緑色の蛍光色素)の産生 。[ja.wikipedia.org] B.8 胆道感染症 胆道感染からの分離のうち、気性では腸球菌の分離頻度が最も高く、次いで大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、緑膿菌の順となる。嫌気性菌は続発性腹膜炎と比較し低率である。[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • グラム陰性菌肺炎

    気性 偏性気性 酸素は必要 緑膿気性 酸素少量で増殖がよい 淋菌 通性嫌気性菌 酸素がなくても増殖 大腸菌 嫌気性菌 偏性嫌気性菌 酸素は有害 バクテロイデス 3)その他、細菌等 (A)抗酸菌 結核菌 Mycobacterium tuberculosis らい菌 Mycobacterium leprae 非定型抗酸菌 Atypocal[f.kpu-m.ac.jp] * 通性嫌気性菌 : 酸素のある好気条件下・酸素のない嫌気条件下の両方で増殖できる群をいい、一般細菌の大部分がこれに属する。 大腸菌、ブドウ球菌など。 * 偏性気性 :酸素がないと増殖できないもの。 結核菌 、百日咳菌など。[hica.jp] B)消化器感染症 1)口腔内感染症:口腔領域の化膿性疾患から分離される起炎気性と 嫌気性の割合は7:3。気性ではストレプトコッカス属、スタフィ ロコッカス属、コリネバクテリウム属。嫌気性菌ではベイヨネラ属、ペプ トコッカス、ペプトストレプトコッカス属が多い。混合感染も希ではない。 ※第一世代セファロスポリンが著効する。[nms.co.jp]

  • 慢性膿瘍

    概念 ・肺放線症は、嫌気性もしくは微気性であるActinomyces属(Actinomyces israeliiが主)によって引き起こされる慢性化膿性肉芽腫性疾患である。[kameda.com] 会陰(すなわち,鼠径部,腟,殿部,直腸周囲)の膿瘍には,糞便中に存在するが含まれ,通常それらのは嫌気性であるか,気性と嫌気性菌が混在する。ようとせつは,毛包を基盤として発生する皮膚膿瘍であり,いくつかの特徴を有する( せつとよう )。[msdmanuals.com] * 通性嫌気性菌 : 酸素のある好気条件下・酸素のない嫌気条件下の両方で増殖できる群をいい、一般細菌の大部分がこれに属する。 大腸菌、ブドウ球菌など。 * 偏性気性 :酸素がないと増殖できないもの。 結核菌 、百日咳菌など。[hica.jp]

  • 骨髄炎

    培養検査(血液培養、骨生検の培養など)による原因の同定は診断と治療の両面で重要である。 培養提出時は気性・嫌気性菌、抗酸菌、真菌の確認を行う。血液培養は治療開始前に少なくとも2セットは採取する。  骨髄炎を疑う場合、下記を病態に合わせて適宜行う。[clinicalsup.jp] 隣接する軟部組織の病巣から生じる 慢性骨髄炎 に対しては(特に糖尿病患者において),経験的な治療法はグラム陽性およびグラム陰性の気性に加えて嫌気性菌に対して効果的なものでなければならない。[msdmanuals.com] 培養提出時は気性・嫌気性菌、抗酸菌、真菌の確認を行う。血液培養は治療開始前に少なくとも2セットは採取する。 もし、画像検査にて骨髄炎と一致する所見を認めた場合で、血液培養より骨髄炎の起因菌となりうる菌が検出された場合は、その検出菌を原因菌として治療を開始してよい。[clinicalsup.jp]

  • 外陰炎

    ・ステロイド剤 性交渉 腟トリコモナス症 病因 腟トリコモナス 主な症状 おりもの(多量) 時ににおい おりもの うみ性 泡沫状 量多 炎症 腟壁発赤 主な誘因 性交渉など 細菌性腟症 病因 嫌気性菌など 主な症状 おりもの(軽度) におい おりもの 灰色 量普通 炎症 特になし 主な誘因 性交渉の場合が多い 骨盤内感染症 病因 クラミジアや淋菌 気性[empecid.jp]

さらなる症状