Create issue ticket

考えれる97県の原因 好塩基球増加症

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 慢性副鼻腔炎

    わかさ出版ホームページ 刊行物 わかさ夢ムック わかさ夢ムック78 慢性副鼻腔炎 蓄膿症・アレルギー性鼻炎気管支ぜんそくも3分でスッキリ 鼻の通りがよくなる即効ケア大全 2018年11月30日発売 830 税円 購入する 大特集 慢性副鼻腔炎 蓄膿症・アレルギー性鼻炎気管支ぜんそく も3分でスッキリ 鼻の通りがよくなる 即効ケア大全 鼻水・粘り鼻水・鼻づまり・鼻タケなど 鼻トラブルを一挙克服! 慢性副鼻腔炎 蓄膿症・アレルギー性鼻炎気管支ぜんそく 3分でスッキリ 鼻の通りがよくなる 即効ケア大全 鼻水・粘り鼻水・鼻づまり・鼻タケなど 鼻トラブルを一挙克服! ぜんそく最新治療 実施病院リスト付[…][wks.jp]

  • 皮下膿瘍
  • 帯状疱疹

    帯状疱疹(たいじょうほうしん、英: Herpes zoster, Zoster)とは、水痘・帯状疱疹ウイルス(英: Varicella-zoster virus)によって引き起こされるウイルス感染症の一種。 「1年の中で特に起こりやすいという時期はない」とされていたが、宮崎県内の医療機関(開業医39施設と総合病院7施設)が1997-2006年に行った4万8388例(男2万181人、女2万8207人)に対する調査では、8月に多く冬は少なく、帯状疱疹と水痘の流行は逆の関係にある。この現象は、10年間毎年観測されたとしている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 白血赤芽球性貧血

    見逃してはいけない 白血球増加で骨髄・後骨髄球・塩基増加を見たら、慢性骨髄性白血病を見逃さない。 文献 岡田 定:「誰も教えてくれなかった血算の読み方・考え方」医学書院、2011(次号につづく)[hhk.jp] 白血球には、、リンパ、単塩基があります。 中球は、感染、火傷、心筋梗塞、出血、腫瘍、白血病などで増加し、特定の感染症(チフス、ウイルス)、敗血症、放射線照射、無顆粒球症、再生不良性貧血、エリテマトーデスなどで減少します。ときに、異常は見られないが体質的に常に多い人もいます。[shrc.or.jp] (0.8 8.0%) 増加すると喘息、枯草熱、食物および薬物過敏、アレルギー、突発性増加、 慢性骨髄性白血病 3,塩基:basophi leukocytesは小血管壁の透過性を亢進する。肥満細胞と類似作用。[shinshu-u.ac.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 2015年5月 ) 独自研究 が含まれているおそれがあります。 ( 2018年8月 ) 遺伝性球状赤血球症 (いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう、英 Hereditary spherocytosis , HS)は、 溶血性貧血 の一種。 遺伝 性に 赤血球 が球状化する。 病態 [ 編集 ] 球状になった赤血球( 球状赤血球 )は変形能が乏しいので、物理的に 脾臓[…][ja.wikipedia.org]

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。クローン病(CD: Crohn's disease)とともに炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類され、厚生労働省より指定される難病(旧 特定疾患)である。 1875年に英国のGuy's HospitalのSamuel WilksとWalter Moxonによって報告された。日本では1928年に東京大学の稲田龍吉らによって初めて報告されている。1973年には旧厚生省より特定疾患に指定された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症

    網赤血球数は増加、約70%の症例が 白血球数(好中球、好塩基球)増加、約50%に血小板数50-100万/μlの増加が認めら れます。 (2) 生化学検査 :これは増加した塩基から放出されることによる高ヒスタミン血が 約70%の症例に認められます。造血細胞の産生によるLDH高値、破壊亢進による高尿 酸血症がみらます。[med.osaka-cu.ac.jp] 加えて、入浴後に生じやすい皮膚 掻痒感(増加した塩基からヒスタミンが放出される)、血栓(特に血液粘稠度亢進 により脳血流低下に伴う脳血栓症)、塞栓症、易出血性が見られます。また血小板増加 を伴う症例では四肢末端に焼けたような疼痛を伴う充血した腫脹が下肢に見られること があります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 骨髄異形成

    HOME 特定疾患情報 不応性貧血(骨髄異形成症候群) 医療機関情報 患者団体情報 研究班名簿 特定疾患情報 (一般利用者向け) 診断・治療指針 (医療従事者向け) FAQ (よくある質問と回答) 1. 不応性貧血(骨髄異形成症候群, MDS)とは[…][web.archive.org]

さらなる症状