Create issue ticket

考えれる148県の原因 好塩基球増加

  • インフルエンザ

    62体保第三九号 昭和六二年九月二八日 各都道府県教育委員会学校保健事務主管課長・各都道府県私立学校事務主管課長・附属学校を置く各国立大学事務局長・国立久里浜養護学校長あて 文部省体育局学校保健課長通知 当面のインフルエンザ予防接種の取扱いについて[…][mext.go.jp]

  • 慢性副鼻腔炎

    太田西ノ内病院 呼吸器科 慢性副鼻腔炎は、一般に蓄膿症と呼ばれている耳鼻咽喉科領域の病気です。意外に厄介な病気で、保存的な治療法では治りきらず、しばしば手術を必要とすることは、皆様もご存知だろうと思います。ここでは、それが内科の呼吸器疾患と密接な関係があることをご紹介します。[…][ohta-hp.or.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮下膿瘍
  • 白血赤芽球性貧血

    特に誘因なく白血球が増加し、骨髄や後骨髄の出現、塩基増加あり、慢性骨髄性白血病を最も考える。[hhk.jp] (0.8 8.0%) 増加すると喘息、枯草熱、食物および薬物過敏、アレルギー、突発性増加症、 慢性骨髄性白血病 3,塩基:basophi leukocytesは小血管壁の透過性を亢進する。肥満細胞と類似作用。[shinshu-u.ac.jp] 白血球には、、リンパ、単塩基があります。 中球は、感染症、火傷、心筋梗塞、出血、腫瘍、白血病などで増加し、特定の感染症(チフス、ウイルス)、敗血症、放射線照射、無顆粒球症、再生不良性貧血、エリテマトーデスなどで減少します。ときに、異常は見られないが体質的に常に多い人もいます。[shrc.or.jp]

  • 真性多血症

    網赤血球数は増加、約70%の症例が 白血球数(塩基増加、約50%に血小板数50-100万/μlの増加が認めら れます。 (2) 生化学検査 :これは増加した塩基から放出されることによる高ヒスタミン血症が 約70%の症例に認められます。造血細胞の産生によるLDH高値、破壊亢進による高尿 酸血症がみらます。[med.osaka-cu.ac.jp] 加えて、入浴後に生じやすい皮膚 掻痒感(増加した塩基からヒスタミンが放出される)、血栓症(特に血液粘稠度亢進 により脳血流低下に伴う脳血栓症)、塞栓症、易出血性が見られます。また血小板増加 を伴う症例では四肢末端に焼けたような疼痛を伴う充血した腫脹が下肢に見られること があります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 慢性骨髄性白血病

    CMLの進展に伴って、塩基増加中球アルカリフォスファターゼ低下、発症から1年ほどで白血球数1-2万/μLに増加、その後、幼若顆粒球の末梢血出現、血清ビタミンB12の増加、白血球数5万/μLに増加、そして発症後5年ほどで脾臓腫大が見られる。しかし最近では「白血球数1-2万/μLで発見されることが多い」という。[medical.nikkeibp.co.jp] 増加している白血球は、 塩基 であるが、特に塩基増加は顕著である。塩基は一般には白血球の1%以下しかない稀な種類の白血球であるが、 慢性骨髄性白血病では一番初期、他の血球に先んじて塩基増加し始め、慢性期を通じて塩基は著明な増加を見せる [ 要出典 ] 。[ja.wikipedia.org] 末梢血の芽比率は2%以下で、しばしば塩基増加しています。治療をしないで放置すると早晩急性転化へと移行します。 移行期 慢性期から急性期へ移行する場合に徐々に進む場合と突然移行する場合があります。前者の状態を移行期と呼び、お薬に耐性が出てきはじめます。治療に抵抗して白血球が増加し、脾臓が大きくなります。[kanden-hsp.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    […] aCMLは稀な疾患であり、末梢血白血球数の増加(13000/μl以上)があ り、分類上、前骨髄、骨髄、後骨髄が10%以上認められます。塩基増加は 顕著ではなく、単球が増加している場合もありますが、その比率は10%未満であり、芽 球は末梢血、骨髄ともに20%未満と定義されています。[med.osaka-cu.ac.jp] 目次に戻る 第3章 診 断 慢性骨髄性白血病の診断 東條 有伸 東京大学医科学研究所先端医療研究センター 助教授 要旨 慢性骨髄性白血病は診断時には極めて均一な病像を呈する疾患単位であり,ほとんど臨床症状がない点と幼若顆粒の出現や塩基酸球の増加を認める特徴的な末梢血液所見から容易に疑うことができる.確定診断にはフィラデルフィア染色体[saishin-igaku.co.jp] ( 100万/μL) ・治療に無関係の血小板減少( 10万/μL) ・末梢血における塩基割合 20% ・末梢血あるいは骨髄における芽球割合10〜19% ・診断時におけるいわゆる“major route”の付加的染色体異常(second Ph, trisomy 8, isochromosome 17q, trisomy 19)または 複雑型染色体異常[jshem.or.jp]

  • 遺伝性球状赤血球症

    この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 2015年5月 ) 独自研究 が含まれているおそれがあります。 ( 2018年8月 ) 遺伝性球状赤血球症 (いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう、英 Hereditary spherocytosis , HS)は、 溶血性貧血 の一種。 遺伝 性に 赤血球 が球状化する。 病態 [ 編集 ] 球状になった赤血球( 球状赤血球 )は変形能が乏しいので、物理的に 脾臓[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    血液検査 血液中で増加している細胞を顕微鏡で詳しく調べます。白血球の一種である塩基が少し増加し、正常に分化した顆粒球が特にふえていた場合に、慢性骨髄性白血病を疑い、骨髄穿刺という検査を行います。[ganchiryo.com]

さらなる症状

類似した症状