Create issue ticket

考えれる92県の原因 好中球数減少, 正球性正色素性貧血

  • 鉄欠乏性貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    血清フェリチン値1,000ng/mL以上、輸血が40単位を超えた場合発症するリスクが高くなる 播種血管内凝固症候群 敗血症 ヘモクロマトーシス 心肥大・心不全・不整脈 糖尿病 末梢血塗沫標本検査 汎血球減少を来たす。 血算 色素貧血 : 作られる赤血球は正常な赤血球のため、(または大色素貧血を示す。[ja.wikipedia.org] PNH血球検査 血清生化学検査 血清鉄、血中エリスロポエチン値、顆粒コロニー刺激因子 (G-CSF) などの上昇が見られる。 血液機能検査 鉄動態検査 : 鉄飽和率などの上昇が見られる。 骨髄シンチグラフィ 骨髄の111Inシンチグラフィでは骨髄への取り込み低下が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: 好中球数減少
  • 伝染性単核球症

    白血球総数は正常ないしやや増加、は正常ないしやや減少(百分率は低下)する。リンパ球の著しい増加、異型リンパ球の出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。伝染性単核球症の鑑別において平均リンパ球/白血球比(L/WBCC)を用いると、cut off 0.35とすることで、特異度100 %、感度90 %との報告がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

    不足: 正球性正色素性貧血

さらなる症状