Create issue ticket

考えれる50県の原因 女性器潰瘍

  • 鉄欠乏症

    鉄分の排出量の増加 月経中の女性や、子宮筋腫、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・大腸がんなどの消化疾患のある方は出血が多く、大量の鉄分を奪われるため、鉄分不足が起こりやすくなります。[takeuchi-medical-clinic.com] これには過多月経や子宮筋腫のほか、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんや大腸がんなど消化の病気があげられます。 女性の場合、生理は定期的な出血であるため貧血のリスクは高くなります。正常な生理の出血であれば、翌月の生理までに鉄分量が回復するようになっていますが、過多月経の場合は出血量が多いため、次第に貧血になっていきます。[shinagawa-c.com]

  • 貧血

    月経過多、子宮筋腫、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんや大腸がんなど消化の病気などがあります。成人男性や閉経後の女性にみられる鉄欠乏性貧血は、何らかの病気で出血している可能性を考えます。[miyauchi-cl.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    一方、男性と閉経以後の女性の鉄欠乏性貧血には注意が必要です。胃潰瘍や十 二指腸潰瘍、胃癌・大腸癌など消化の病気が隠れていることがあるからです。 これらの人々は、生理的に血液を失うことがありませんから、貧血は病気の可 能性を示唆すると考えた方がよいのです。必ず原因をよく調べるべきです。[kenkoigaku.or.jp]

  • 皮膚潰瘍

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 皮膚潰瘍 ( ひふかいよう )は、何らかの原因で 皮膚 に穴( 潰瘍 )ができること。 目次 1 原因 2 診断 3 治療 3.1 皮膚潰瘍外用剤 3.2 創傷保護剤(創傷被覆剤・ドレッシング剤) 3.3 その他の外用薬剤 3.4 その他の治療 4 外部リンク 原因 [ 編集 ] 外傷 熱傷 感染症 強い 接触性皮膚炎 (かぶれ) 褥瘡 血行不良 糖尿病 放射線 腫瘍 ( 基底細胞癌 ・ 扁平上皮癌 ) 医原性(検査・治療に伴う合併症等による) ベーチェット病 全身性強皮症 診断 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 血管迷走神経性失神

    出血の原因としては女性、消化器が最も頻度は高い。潰瘍の既往、タール便、血便の有無、肝硬変、生理の状態は確認する。起立性失神の場合は起立後3分以内にバイタルサインの変動が認められることが多く、血圧が20mmHg以上低下したり収縮期血圧が90mmHg以下になったり眼前暗黒感を訴えたりする。起立試験は救急室でも施行が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 失神

    出血の原因としては女性、消化器が最も頻度は高い。潰瘍の既往、タール便、血便の有無、肝硬変、生理の状態は確認する。起立性失神の場合は起立後3分以内にバイタルサインの変動が認められることが多く、血圧が20mmHg以上低下したり収縮期血圧が90mmHg以下になったり眼前暗黒感を訴えたりする。起立試験は救急室でも施行が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 心原性失神

    出血の原因としては女性、消化器が最も頻度は高い。潰瘍の既往、タール便、血便の有無、肝硬変、生理の状態は確認する。起立性失神の場合は起立後3分以内にバイタルサインの変動が認められることが多く、血圧が20mmHg以上低下したり収縮期血圧が90mmHg以下になったり眼前暗黒感を訴えたりする。起立試験は救急室でも施行が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 排尿失神

    出血の原因としては女性、消化器が最も頻度は高い。潰瘍の既往、タール便、血便の有無、肝硬変、生理の状態は確認する。起立性失神の場合は起立後3分以内にバイタルサインの変動が認められることが多く、血圧が20mmHg以上低下したり収縮期血圧が90mmHg以下になったり眼前暗黒感を訴えたりする。起立試験は救急室でも施行が可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 睡眠障害

    痛みを伴う病気 糖尿病・頭痛・十二指腸潰瘍患者・関節リウマチ・慢性疼痛・ 呼吸や神経の病気 慢性閉塞性肺疾患・睡眠関連喘息・パーキンソン病・脳血管障害 女性特有の問題 女性ホルモンとの関連・更年期障害 その他の病気 内分泌疾患・皮膚疾患 睡眠障害は多くの面で生活に影響を与えます。[city.tokorozawa.saitama.jp]

  • 頸動脈洞失神

    出血の原因としては女性、消化器が最も頻度は高い。潰瘍の既往、タール便、血便の有無、肝硬変、生理の状態は確認する。起立性失神の場合は起立後3分以内にバイタルサインの変動が認められることが多く、血圧が20mmHg以上低下したり収縮期血圧が90mmHg以下になったり眼前暗黒感を訴えたりする。起立試験は救急室でも施行が可能である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状