Create issue ticket

考えれる4県の原因 女性よりも男性が早期発症

  • 家族性高コレステロール血症

    ヘテロ体でも未治療では男性では30 50歳、女性では50 70歳程度で心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を発症することが多い。早期発見・早期治療が生命予後の改善に極めて重要である。 家族性高コレステロール血症ホモ接合体は総コレステロール 600mg/dlと著名高値を示し、小児期から黄色腫や動脈硬化疾患を認めることから診断は容易である。[ja.wikipedia.org]

  • リンパ浮腫睫毛重生症候群
  • 常染色体優性多発性嚢胞腎

    PKD2 では女性より男性のほうが早期に腎不全にいたるが, PKD1 ではこのような性差はみられない.他のリスク要因としては30歳以前の発症,30歳以前の血尿の発症,35歳以前の高血圧の発症,高脂血症,HDLコレステロールの低値,鎌状赤血球症家系などがある.アフリカ系アメリカ人や, ACE もしくは ENOS に特定の遺伝子型を持つ人で病変進行[grj.umin.jp]

  • ジストニア

    3.検査所見 血清フェリチン濃度はほとんどの男性、更年期以降の女性で低下する。更年期以前の女性では血清フェリチン濃度の低下は1/4に留まる。 MRIで発症早期には赤核、尾状核、淡蒼球、被殻、視床、黒質、大脳皮質がT2強調画像で低輝度となる。進行期となり組織障害が増悪すると、淡蒼球、尾状核が高輝度となる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状