Create issue ticket

考えれる88県の原因 女性よりも男性が早期発症

  • リンパ浮腫睫毛重生症候群

    執筆者: James D. Douketis , MD, Professor, Divisions of General Internal Medicine, Hematology and Thromboembolism, Department of Medicine, McMaster University; Director, Vascular Medicine Research Program, St. Joseph's Healthcare Hamilton リンパ系疾患 リンパ系の概要 リンパ節腫脹 リンパ浮腫[…][msdmanuals.com]

  • 過食

    有病率 アメリカの成人(18歳以上)における過食性障害の12カ月有病率は、女性が1.6%、男性が0.8%です。 経過 過食性障害は、典型的には青年期や成人期早期に始まりますが、成人期後期になって発症する人もいます。過食性障害の寛解率は、神経性過食症より高いとされています。[e-heartclinic.com]

  • うつ病

    アメリカの調査では、20代での発症が最も高く、高齢者の初発例も珍しくありません。青年期早期以降では、女性の有病率が男性の1.3 3倍です。 経 過 典型的には、うつ病を持つ人の5人に2人は発症後3ヵ月以内に回復し始め、5人に4人が1年以内に回復し始めます。[e-heartclinic.com]

  • 反応性うつ病

    男性より女性にやや多く、21歳以前に始まる早期発症型は少なく、一般には20-35歳の間に発症します。うつ病の第一度近親(親、子、兄弟姉妹、二卵性双生児など、遺伝子を半分共有している方)に多く見られます。 症 状 食欲不振または過食 睡眠困難 倦怠感 自尊心低下 集中困難あるいは決断困難 絶望感 のうち、少なくとも2つの症状を呈します。[heartclinic-yokohama.com]

  • 気分変調性障害

    男性より女性にやや多く、21歳以前に始まる早期発症型は少なく、一般には20-35歳の間に発症します。うつ病の第一度近親(親、子、兄弟姉妹、二卵性双生児など、遺伝子を半分共有している方)に多く見られます。 症 状 食欲不振または過食 睡眠困難 倦怠感 自尊心低下 集中困難あるいは決断困難 絶望感 のうち、少なくとも2つの症状を呈します。[heartclinic-yokohama.com] 発症年齢は、21歳前後に始まる早期発症の例は少なくて、普通は20 35歳ぐらいで発症することが多く、男性より女性にやや多く見られます。また、うつ病である親、子供、兄弟姉妹、二卵性双生児などの場合、遺伝的にこの気分変調症が生じる可能性は高くなります。[dr-maedaclinic.jp] 性別 男性 女性 全体 生涯有病率 1.1% 1.7% 1.4% また、男女別の有病率を見ても分かる通り気分変調症は男性よりも女性のほうが若干多く、10代での早期発症型は少数で、通常は20歳から35歳までに発症します。[challenged.ahc-net.co.jp]

  • 神経症性障害

    男性より女性にやや多く、21歳以前に始まる早期発症型は少なく、一般には20-35歳の間に発症します。うつ病の第一度近親(親、子、兄弟姉妹、二卵性双生児など、遺伝子を半分共有している方)に多く見られます。 症 状 食欲不振または過食 睡眠困難 倦怠感 自尊心低下 集中困難あるいは決断困難 絶望感 のうち、少なくとも2つの症状を呈します。[heartclinic-yokohama.com]

  • 高コレステロール血症

    しかし、この病気の患者さんでは、血液中のLDLコレステロールを肝臓で処理できないか処理する能力が低いため、血液中濃度が上昇し、血管壁にたまって早期に動脈硬化が進みます。 心筋梗塞の発症は、男性では20歳代から始まり、40歳代がピーク、女性では30歳代から始まり、50歳代がピークです。[hospital.japanpost.jp]

  • 冠動脈疾患

    従って、心筋梗塞およびその前段階である冠動脈の動脈硬化を早期に発見し、予防する必要があります。 冠動脈疾患を発症した場合、女性男性よりも重篤になるとされています。このため、性差が心疾患の発症・進行・予後に与える影響を多角的かつ包括的に理解することが今後の医療の個別化、効率化のために重要です。[ncvc.go.jp]

  • 家族性高コレステロール血症

    ヘテロ体でも未治療では男性では30 50歳、女性では50 70歳程度で心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患を発症することが多い。早期発見・早期治療が生命予後の改善に極めて重要である。 家族性高コレステロール血症ホモ接合体は総コレステロール 600mg/dlと著名高値を示し、小児期から黄色腫や動脈硬化疾患を認めることから診断は容易である。[ja.wikipedia.org] しかし、この病気の患者さんでは、血液中のLDLコレステロールを肝臓で処理できないか処理する能力が低いため、血液中濃度が上昇し、血管壁にたまって早期に動脈硬化が進みます。 心筋梗塞の発症は、男性では20歳代から始まり、40歳代がピーク、女性では30歳代から始まり、50歳代がピークです。[hospital.japanpost.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    男性より女性にやや多く、21歳以前に始まる早期発症型は少なく、一般には20-35歳の間に発症します。うつ病の第一度近親(親、子、兄弟姉妹、二卵性双生児など、遺伝子を半分共有している方)に多く見られます。 症 状 食欲不振または過食 睡眠困難 倦怠感 自尊心低下 集中困難あるいは決断困難 絶望感 のうち、少なくとも2つの症状を呈します。[heartclinic-yokohama.com]

さらなる症状