Create issue ticket

考えれる157県の原因 女性の骨盤痛

  • 急性膀胱炎

    こんな症状の方はご相談ください 尿失禁、尿漏れ 頻尿(トイレが近い)、過活動膀胱 排尿困難 間質性膀胱炎 急性膀胱炎 腎盂腎炎 健康診断で血尿を指摘された 尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある 慢性骨盤症候群(明らかな原因が無いのに、下腹部がある) 腹圧性尿失禁 女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん[clinic-kawai.jp]

  • 卵巣嚢胞

    エストロゲン(女性ホルモン)に依存する疾患であるため、初経から閉経までの生殖可能年齢の女性に発症します。 【症状の現れ方】 症状としては月経、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが破裂した場合は激痛を伴います。また、卵巣がんが発生することもあります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    妊娠を希望している女性は特に、下腹部などの症状に十分気をつけ、少しでも不安があるときは婦人科で診てもらいましょう。 骨盤内炎症性疾患(PID)を予防するには?[192abc.com] 子宮外妊娠(頻度不明) 本剤装着中に妊娠した場合,その約半数が子宮外妊娠である.子宮外妊娠,骨盤内の手術,又は骨盤内感染症の既往歴のある女性が妊娠した場合,子宮外妊娠の可能性が高い.月経遅延時の下腹部又は無月経の女性で出血が始まった場合は,子宮外妊娠の可能性を考慮すること.子宮外妊娠の場合は,速やかに本剤を除去し,必要な処置を行うこと.[kegg.jp] 肝臓は女性生殖器よりもだいぶ上にあるので、骨盤腹膜炎の症状に加えて、 「右上腹部(季肋部痛)」 が出ることがあります。同じような部位に痛みが出る病気には胆石症、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍などがあり、さらに診断を惑わせます。 いかがでしたでしょうか?「菌」が膣から侵入し、肝臓に至るまで、何となくイメージがつかめたでしょうか?[tokyobay-mc.jp]

  • 膀胱脱

    “年のせいで仕方ない”とは思わずに、治療できる可能性がありますので、女性泌尿器科を受診してください。 慢性骨盤症候群 (膀胱痛症候群/間質性膀胱炎・外陰痛症) 「膀胱痛症候群/間質性膀胱炎」とは?[w-health.jp]

  • 分娩

    無痛分娩 当院では無痛分娩の方法として硬膜外麻酔を取り入れています。麻酔科の経緯のある院長が麻酔を担当し、硬膜外腔という神経の外側の隙間に細いチューブを挿入して麻酔薬を注入し、子宮収縮による痛みの神経をブロックします。 一番の目的は痛みを和らげることによって余分な力がぬけ、その作用で骨盤筋の弛緩が得られ分娩の進行がスムーズになること、それによって分娩後に疲れが残らないようにすることです。 良い点 他の痛み止めの方法より、効果が確実です。 児への影響を認めません。 帝王切開が必要になった時に、同じ麻酔方法で行うことができます。 分娩後の回復が早く、体力が温存できます。 開始する時期[…][asamotoclinic.com]

  • 膣痙攣

    本当に膣痙攣になる可能性はゼロではありません 本当になると挿入した状態で病院に運ばれてしまう、というような話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。 この症状にまつわるこうした話は昔からありますし、これは現在でもインターネット上にはセックス中に彼女が膣痙攣を起こして慌てて救急車を呼んだ、結合したままの状態で救急車に乗る羽目になった、というような噂話を沢山目にすることができます。 確かに、ペニスを挿入したような状態で膣が痙攣してしまい筋肉が収縮すればペニスが抜けなくなってしまうというのは、やはり何となく誰にでも想像できます。 本当はなってもおかしくないと考えてしまいますよね。[…][pdc-cuba.org]

  • 子宮内膜症

    女性の約6 10%が子宮内膜症です。子宮内膜症の女性の割合は、不妊症の女性(25 50%)や骨盤がある女性(75 80%)で高くなっています。診断時の平均年齢は27歳ですが、子宮内膜症は青年に発症することもあります。[msdmanuals.com] 子宮内膜症・子宮筋腫について 1)子宮内膜症について 子宮内膜症は生殖年齢にある女性の20-40%にみられるともいわれ、不妊症の原因として問題になるばかりでなく、疼痛(月経、慢性骨盤、性交痛)は普段の生活をもおびやかす女性にとって非常に悩ましい疾患です。[med.nagoya-u.ac.jp] 症状としては生理骨盤、排便時痛、性交痛などです。子宮内膜症は女性ホルモンの影響で月経があっている間はだんだんと悪くなっていくことが多いです。子宮内膜症が悪化すると、月経痛がひどくなるだけではなく、不妊や卵巣がん、心筋梗塞などのリスクも増えるといわれています。[saga-s.co.jp]

  • 盲腸後部虫垂炎
  • 卵巣淡明細胞腫瘍

    子宮筋腫はHLRCCの女性の患者のほとんどに見られ、多発性でサイズも大きくなりやすい。診断年齢は18歳から52歳で、ほとんどが月経不順、過多月経、骨盤を経験する。腎癌は血尿、腰背部痛を来し、触診できる大きさの腫瘤は通常片側性かつ単発性で進行が速い。[grj.umin.jp] ほとんどの女性が過多月経、月経不順、骨盤を経験している。HLRCCで子宮筋腫を罹患している女性は、30歳以下という若い年齢(一般集団では45歳)で、症候性の子宮筋腫に対する子宮摘出、筋腫核出を施行している[ Farquhar & Steiner 2002, Toro et al 2003, Alam et al 2005 ]。[grj.umin.jp]

  • 子宮脱

    子宮脱 子宮下垂・脱は、子宮が正常の位置より下降したものを子宮下垂といい、これがひどくなり外陰部より子宮の一部または全部が脱出するのを子宮脱といいます。従って子宮の下垂と脱の違いは程度の差です。子宮の下端は腟内に突出しており(子宮腟部)、子宮の前方は膀胱、後方は直腸とそれぞれ接しており、多くの場合子宮が下降するときは、腟・膀胱・直腸などの臓器を引き連れて下がり、ひどくなると腟は、それにつられて裏返ってしまうこともあります。このように、骨盤の中に周囲の臓器が落ち込むことからpelvic organ prolapse(骨盤内臓脱)もしくは性器脱とよばれます。 症状[…][jspog.com]

さらなる症状