Create issue ticket

考えれる22県の原因 女性の身長増加

  • 内分泌機能不全

    なお、こうした体の成熟は先に時期としてあげた年齢からわかるように、全体として女性の方が男性より早く始まります。また、体の成熟に伴って 成長(身長増加) もみられますが、これも女の子が11歳くらいに、男の子が13歳くらいに一番のびるという男女差があります。[byouin.metro.tokyo.jp] 2.幼児から中学入学以前まで 1 2歳以降 ターナー症候群 では、ほかの健常女性と比べ身長増加率が徐々に低下します。このため、この時期に低身長をきっかけに診断されることが多いです。 3.中学入学以降高校卒業まで この時期は低身長あるいは性腺機能低下症による症状(乳腺発達の遅れ、初経がこない)のためみつかります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    成長加速現象(身長スパート) 思春期の身長スパートは男女児とも女性ホルモン(エストロゲン)に依存している。女性ホルモンは成長ホルモン分泌を増加させることにより、身長発達を促進し、同時に骨成熟を促進することにより、骨端線を閉鎖し、身長発育を停止する。[senoopc.jp] 女児の方が身長発育が早く、思春期獲得身長が小さいことは、女性ホルモン分泌量の差による部分が大きいと考えられる。 年間身長増加率は乳児期が最大で、以後漸減し思春期の身長スパート開始1年前が最低(dipと呼ばれる)となる。 思春期身長スパート開始後、最終身長に達するまでの獲得身長は、思春期発来年齢が若いほど大きく、年長になるほど小さくなる。[senoopc.jp]

  • 女性化乳房症

    一般的に知られているのは、乳腺細胞の増殖促進、卵巣排卵制御、脂質代謝制御、インスリン作用、血液凝固作用、中枢神経(意識)女性化、皮膚薄化、LDLの減少とVLDL・HDLの増加による動脈硬化抑制などである。 また、思春期における身長の伸びはエストロゲンの分泌が促進されることで起こされていると同時にエストロゲンは骨端線を閉鎖させる作用もある。[ja.wikipedia.org]

  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 3

    なお、こうした体の成熟は先に時期としてあげた年齢からわかるように、全体として女性の方が男性より早く始まります。また、体の成熟に伴って 成長(身長増加) もみられますが、これも女の子が11歳くらいに、男の子が13歳くらいに一番のびるという男女差があります。[byouin.metro.tokyo.jp] 2.幼児から中学入学以前まで 1 2歳以降 ターナー症候群 では、ほかの健常女性と比べ身長増加率が徐々に低下します。このため、この時期に低身長をきっかけに診断されることが多いです。 3.中学入学以降高校卒業まで この時期は低身長あるいは性腺機能低下症による症状(乳腺発達の遅れ、初経がこない)のためみつかります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 黄体ホルモン欠乏

    エストロゲンは、一般的には8・9歳頃から、卵巣で分泌され、女性らしいからだ作りを助けるホルモンです。思春期においては、乳房の成長や子宮・膣の発育などを促すとともに、身長や体重の増加に役立ちます。女性ならではのまるみをおびたからだつきをつくるのも、エストロゲンです。 分泌量が増える12歳前後になると、女性は初潮を迎えます。[kobayashi.co.jp]

  • マッカルウェルズ症候群

    症状出生時から四肢短縮をみとめるが 出生身長はさほど小さくはない 成長とともに低身長が目立つようになり 成長期の身長増加は小さい 成人身長は男性で約 130cm 女性で約 125cm である 顔貌の特徴は出生時からみられる 乳幼児期 (3 歳頃まで ) に問題になるのは 大孔狭窄および頭蓋底の低形成による症状である 大孔狭窄では延髄や上位頸髄[docsplayer.net]

  • 巨人症

    初期には四肢末端の増大、骨格の変化、体重増加身長増加女性では月経異常などがみられます。次いで次第に腫瘍の増大進展により、圧迫症状としての頭痛、視力・視野障害などが出現し、さらに長期間この状態が持続すると心肥大や薬剤での治療が難しい糖尿病を合併します。[nouproblem.jp]

  • 先天性脊椎上骨幹端形成不全

    3.症状 出生時から四肢短縮を認めるが、出生身長は、さほど小さくはない。成長とともに低身長が目立つようになり、成長期の身長増加は小さい。成人身長は男性で約130cm、女性で約125cmである。顔貌の特徴は出生時からみられる。乳幼児期(3歳頃まで)に問題になるのは、大孔狭窄及び頭蓋底の低形成による症状である。[nanbyou.or.jp]

  • 高トリグリセリド血症

    適正体重の維持(体重kg/(身長m)の2乗 22を標準とする)、腹囲の適正化(男性85cm未満、女性90cm未満)、身体活動の増加(速歩、水泳、サイクリングなどを1日30 60分、週3回以上)も重要です。 生活習慣の是正を3 6カ月続けても目標値に達しない場合は薬物療法を行います。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 二次赤血球増加症

    常染色体優性遺伝する家族性赤血球増加症も、ごくまれに報告されています。 ご質問の女性は太り気味のようで、肥満指数〔体重(キロ) 身長(メートル)の2乗〕を計算すると28.4になり、25以上なので明らかに肥満であると考えられます。[tokushima.med.or.jp]

さらなる症状