Create issue ticket

考えれる7県の原因 女性により一般的(90, )

  • 妊娠

    妊娠した女性90%が48種類もの医療用医薬品とOTC薬物を使用していた。最も一般に服用される薬剤は制吐薬、制酸薬、抗ヒスタミン薬、鎮痛薬、抗菌薬、精神安定薬、催眠薬、利尿薬、社会的薬物・違法薬物などである。 それでも薬物が惹起する奇形は、全ての胎児の先天異常の僅か2-3%に過ぎない。[drugsinfo.jp]

    不足: )
  • 病的肥満

    医学的には内臓脂肪面積が100cm 2 以上のときに内臓脂肪型肥満と診断されますが、一般にはウエスト周囲長で代用されていて、男性は85cm以上、女性90cm以上の場合に該当します。[seikatsusyukanbyo.com]

    不足: )
  • コクサッキー ウイルス感染症

    感染経路 主に性交渉 周囲へ感染させうる期間 HPVウイルスを保持している間は感染の可能性があります 感染症法 尖形コンジローマは5類感染症(指定医療機関は届出が必要) 主な症状は HPVは主に性交渉でヒトからヒトに感染しますが、性交渉の経験がある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染する¹)とされている一般なウイルスです。[vaccine4all.jp] HPVに感染しても90%以上の感染者では、感染後数年以内にHPVウイルスが自然に排除(消失)されます³)が、排除されずに長期間感染したままでいると尖形コンジローマや、子宮頸がんなどのがんが生じることがあります。[vaccine4all.jp]

    不足: )
  • 血管腫

    乳児血管腫(Infantile Hemangioma:IH)は苺状血管腫とも呼ばれ、出生時もしくは生後間もなく発症する血管内皮の増殖を特徴とする良性血管性腫瘍であり、発症率の男女差は1:3と女性に多い。一般に生後1 4週に出現し、1年以内に急速に増殖するが(増殖期)、その後90%以上は5 7歳までに数年かけて徐々に自然消退する。[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: )
  • トパピローマウイルス

    感染経路 主に性交渉 周囲へ感染させうる期間 HPVウイルスを保持している間は感染の可能性があります 感染症法 尖形コンジローマは5類感染症(指定医療機関は届出が必要) 主な症状は HPVは主に性交渉でヒトからヒトに感染しますが、性交渉の経験がある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染する¹)とされている一般なウイルスです。[vaccine4all.jp] HPVに感染しても90%以上の感染者では、感染後数年以内にHPVウイルスが自然に排除(消失)されます³)が、排除されずに長期間感染したままでいると尖形コンジローマや、子宮頸がんなどのがんが生じることがあります。[vaccine4all.jp]

    不足: )
  • トパピローマウイルス感染症

    感染経路 主に性交渉 周囲へ感染させうる期間 HPVウイルスを保持している間は感染の可能性があります 感染症法 尖形コンジローマは5類感染症(指定医療機関は届出が必要) 主な症状は HPVは主に性交渉でヒトからヒトに感染しますが、性交渉の経験がある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染する¹)とされている一般なウイルスです。[vaccine4all.jp] HPVに感染しても90%以上の感染者では、感染後数年以内にHPVウイルスが自然に排除(消失)されます³)が、排除されずに長期間感染したままでいると尖形コンジローマや、子宮頸がんなどのがんが生じることがあります。[vaccine4all.jp]

    不足: )
  • パピローマウイルス科

    感染経路 主に性交渉 周囲へ感染させうる期間 HPVウイルスを保持している間は感染の可能性があります 感染症法 尖形コンジローマは5類感染症(指定医療機関は届出が必要) 主な症状は HPVは主に性交渉でヒトからヒトに感染しますが、性交渉の経験がある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染する¹)とされている一般なウイルスです。[vaccine4all.jp] HPVに感染しても90%以上の感染者では、感染後数年以内にHPVウイルスが自然に排除(消失)されます³)が、排除されずに長期間感染したままでいると尖形コンジローマや、子宮頸がんなどのがんが生じることがあります。[vaccine4all.jp]

    不足: )

さらなる症状