Create issue ticket

考えれる153県の原因 奇形外耳

  • 小耳症

    どんな病気か 耳介が著しく小さい先天奇形で、多くの場合、外耳・中耳の奇形を伴い、 難聴 を合併することがあります。また、外耳が完全に消失する 外耳道閉鎖症 もしばしば伴います( 図4 )。 難聴 を伴う場合、ほとんどの例で聞こえの神経にはさほどの問題はなく、音を伝える機能に問題がある伝音難聴となっています。[qlife.jp] 執筆者: どんな病気か 耳介(じかい)が著しく小さい先天奇形で、多くの場合、外耳・中耳の奇形を伴い、 難聴 を合併することがあります。また、外耳が完全に消失する 外耳道閉鎖症 (がいじどうへいさしょう)もしばしば伴います( 図4 )。[medical.itp.ne.jp] この奇形は耳介の発育異常によるが,同時に 外耳 道狭窄症あるいは閉鎖症を伴うことが多い。90%以上が両側性に発現する。耳介の発生時期からみると,胎生4 8週ころの障害が関係していると考えられる。[kotobank.jp]

  • 良性移動性舌炎

    耳介奇形、先天性耳瘻孔、外耳道閉鎖症、中耳奇形、内耳奇形 e.外傷 鼓膜裂傷、側頭骨骨折、耳小骨離断、髄液漏、外リンパ瘻 f.腫瘍 外耳腫瘍、中耳腫瘍、グロームス腫瘍、聴神経腫瘍 g.顔面神経 顔面神経麻痺、ベル麻痺、ハント症候群、顔面痙攣、顔面神経鞘腫 (2)鼻・副鼻腔領域 a.発育異常 外鼻奇形・変形、鼻中隔彎曲症、後鼻孔閉鎖症 b.[seirei.or.jp] 滲出性中耳炎、コレステリン肉芽腫、慢性化膿性中耳炎、真珠腫性中耳炎、乳様突起炎、錐体尖炎、結核性中耳炎、耳性頭蓋内合併症、耳硬化症 c.内耳疾患 内耳炎、内耳梅毒、耳毒性薬物による難聴、老人性難聴、メニエール病、前庭神経炎、内耳性めまい、良性発作性頭位めまい症、動揺病、突発性難聴、原因不明の感音難聴、言語発達遅滞、音響外傷、騒音性難聴 d.奇形[seirei.or.jp]

  • 気管の外傷性穿孔

    耳の病気 耳介奇形、耳介周囲炎、耳介膿瘍、耳介蜂窩織炎、耳真菌症、耳介部皮膚炎、外耳湿疹、外耳外傷、耳部打撲傷、耳介血腫、耳介挫創、耳介腫瘍、耳介部腫瘤、耳介脂肪腫、耳介のう腫、外耳奇形外耳道腫瘍、外耳道外傷、耳介ヘルペス、外耳道湿疹、外耳炎、外耳道膿瘍、外耳道蜂窩織炎、耳せつ、外耳道真菌症、外耳道異物、外耳道真珠腫、耳垢、外傷性中耳損傷[jibika.com] 1.耳の疾患 【外耳の疾患】 形態異常 耳介奇形外耳奇形 炎症 耳介周囲炎、耳介膿瘍、耳介蜂窩織炎、耳真菌症、耳介部皮膚炎、外耳湿疹、耳介ヘルペス、外耳道湿疹、外耳炎、外耳道膿瘍、外耳道蜂窩織炎、耳せつ、外耳道真菌症 外傷 外耳外傷、耳部打撲傷、耳介血腫、耳介挫創、外耳道外傷 腫瘍 耳介腫瘍、耳介部腫瘤、耳介脂肪腫、耳介のう腫、外耳道腫瘍[home.hiroshima-u.ac.jp] 解説と治療 第1鰓溝奇形外耳奇形で、外耳道に開口する瘻孔から分泌物が出るものです。手術療法をします。糖尿病を合併する場合、悪性外耳道炎といって、緑膿菌感染が難治化し外耳道骨部へ炎症が及び、重症化することがあります。抗生剤内服や点滴します。 外耳炎、耳せつ、鼓膜炎、 急性中耳炎 、急性乳様突起炎、慢性穿孔性中耳炎は、抗生剤で治療します。[tsujimoto-jibika.com]

  • 先天性難聴

    小児難聴外来ではこのようなお子様を診療しています 新生児聴覚スクリーニングで片耳または両耳『要再検査(Refer)』となった 1歳半、3歳健康診査などで耳鼻科受診を勧められた 音への反応が乏しい、または聞き返しが多い 言葉が遅い、または言葉の数が少ない 耳介奇形外耳道閉鎖症、狭窄症がある 難聴が合併しやすい病気がある(口蓋裂やダウン症など[naramed-u.ac.jp] また、原因不明の聴器(外耳、中耳、内耳)の先天性奇形や原因がまったくわからない場合もあります。 「難聴」と診断された方 もくじへ[mcfh.or.jp] 1.外耳道や鼓膜に原因 耳あか 外耳道炎 先天性外耳道閉鎖症 小耳症 2.中耳に原因 中耳炎(慢性中耳炎、滲出性中耳炎、急性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症)先天性中耳奇形、真珠腫中耳炎(慢性中耳炎、滲出性中耳炎、急性中耳炎、 先天性外耳道閉鎖症および小耳症で中耳奇形をともなうもの。 ここまでの1,2は伝音性難聴といわれるものです。[nihonbashi-ent.com]

  • 中耳炎

    診察の対象となる主な疾患 ・ 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎、鼓室硬化症など ・ 滲出性中耳炎、好酸球性中耳炎など ・ 耳硬化症、耳小骨奇形など ・ 中耳炎手術後の慢性耳漏など ・ 外耳・中耳腫瘍(グロムス腫瘍、中耳カルチノイドなど) ・ 外耳道閉鎖症、外耳道狭窄症による難聴(BAHA手術) 代表的な疾患と治療 慢性中耳炎(慢性穿孔性中耳炎[tmd-otohns.jp]

  • 難聴

    奇形 - 耳に奇形があると、伝音難聴や感音難聴を引き起こす。 外耳奇形外耳道閉鎖症)、耳小骨奇形(中耳奇形) - 伝音難聴。 内耳奇形 - 感音難聴。 機能性難聴 - 既述の通り、症状が一定しない。 鼓膜損傷 - 伝音難聴。 耳管開放症 耳硬化症 - 初期は伝音難聴。進行すると感音難聴も生じて、混合難聴となる。[ja.wikipedia.org] 適切に治療されると、感染が治癒され、聴力が回復する 外耳道の過剰な耳あか 継続的な問題 外耳または中耳の奇形 腫瘍 耳硬化症の原因となる麻疹やおたふく風邪は、中耳の耳小骨の一部が正常に機能しないことを意味する 耳の骨に影響を及ぼす突発頭部外傷 伝音難聴の治療 ある種の伝音難聴は、簡単な医療処置で治療することができます。[resound.com] 小児難聴外来ではこのようなお子様を診療しています 新生児聴覚スクリーニングで片耳または両耳『要再検査(Refer)』となった 1歳半、3歳健康診査などで耳鼻科受診を勧められた 音への反応が乏しい、または聞き返しが多い 言葉が遅い、または言葉の数が少ない 耳介奇形外耳道閉鎖症、狭窄症がある 難聴が合併しやすい病気がある(口蓋裂やダウン症など[naramed-u.ac.jp]

  • 慢性喉頭炎

    、耳垢栓塞、外耳道異物、サーファーズイヤー、外耳道骨腫、先天性耳瘻孔、耳介奇形、耳性帯状疱疹(ハント症候群)、外耳道真菌症、鼓膜炎、外耳道真珠腫、閉塞性角化症、悪性外耳道炎、急性中耳炎、急性乳様突起炎、錐体炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、慢性穿孔性中耳炎、中耳真珠腫、先天性真珠腫、錐体尖真珠腫、癒着性中耳炎、鼓室硬化症、コレステリン[hospital.asahi.chiba.jp] 時間がかかる  かお 顔が曲がっている、目をつぶれない、口からものがこぼれる、顔が腫れてきた  くび くびにしこりがある、くびが腫れている  めまい めまいがする、ふらつきがある 当診療科の対象疾患  耳疾患 外傷性鼓膜穿孔、外傷性耳小骨離断、外傷性顔面神経麻痺、耳せつ、外耳道炎、外耳掻痒症、耳介軟骨膜炎、反復性多発性軟骨膜炎、耳介血腫、外耳道閉鎖症[hospital.asahi.chiba.jp]

  • 慢性外耳炎

    解説と治療 第1鰓溝奇形外耳奇形で、外耳道に開口する瘻孔から分泌物が出るものです。手術療法をします。糖尿病を合併する場合、悪性外耳道炎といって、緑膿菌感染が難治化し外耳道骨部へ炎症が及び、重症化することがあります。抗生剤内服や点滴します。 外耳炎、耳せつ、鼓膜炎、 急性中耳炎 、急性乳様突起炎、慢性穿孔性中耳炎は、抗生剤で治療します。[tsujimoto-jibika.com] 目次 I.外耳 1.発生、解剖、生理 2.耳介疾患 1)耳介奇形・小耳症 2)先天性耳瘻孔 3)耳介血腫 4)耳介軟骨膜炎 5)耳性帯状疱疹 6)ピアスによる耳介傷害 3.外耳道疾患 1)先天性外耳道閉鎖症 2)後天性外耳道閉鎖症、外耳道狭窄症 3)サーファーズ・イァ 4)外耳道異物 5)耳垢、耳垢栓塞 6)急性外耳道炎、急性限局性外耳道炎[rr2.nakayamashoten.co.jp] 伝音難聴 【外耳疾患】耳垢栓塞、外耳道異物、外耳道狭窄、外耳道閉鎖、外耳炎、外耳道腫瘍 【中耳疾患】鼓膜外傷、中耳奇形、 急性中耳炎 、滲出性中耳炎、慢性化膿性中耳炎、中耳真珠腫、鼓膜癒着症、コレステリン肉芽腫、鼓室硬化症、耳硬化症、中耳腫瘍 迷路性難聴 内耳炎(ウイルス性、化膿性、他)外リンパ瘻、 突発性難聴 、メニエール病、薬物による難聴[tsujimoto-jibika.com]

  • 側頭骨骨折

    1.耳の疾患 【外耳の疾患】 形態異常 耳介奇形外耳奇形 炎症 耳介周囲炎、耳介膿瘍、耳介蜂窩織炎、耳真菌症、耳介部皮膚炎、外耳湿疹、耳介ヘルペス、外耳道湿疹、外耳炎、外耳道膿瘍、外耳道蜂窩織炎、耳せつ、外耳道真菌症 外傷 外耳外傷、耳部打撲傷、耳介血腫、耳介挫創、外耳道外傷 腫瘍 耳介腫瘍、耳介部腫瘤、耳介脂肪腫、耳介のう腫、外耳道腫瘍[home.hiroshima-u.ac.jp] 解説と治療 第1鰓溝奇形外耳奇形で、外耳道に開口する瘻孔から分泌物が出るものです。手術療法をします。糖尿病を合併する場合、悪性外耳道炎といって、緑膿菌感染が難治化し外耳道骨部へ炎症が及び、重症化することがあります。抗生剤内服や点滴します。 外耳炎、耳せつ、鼓膜炎、 急性中耳炎 、急性乳様突起炎、慢性穿孔性中耳炎は、抗生剤で治療します。[tsujimoto-jibika.com] 取得できる資格 (認定医等) 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医 経験できる疾患 外耳炎、外耳道異物、外耳奇形、滲出性中耳炎、急性中耳炎、慢性化膿性中耳炎、真珠腫性中耳炎、側頭骨化膿症、耳硬化症、化膿性内耳炎、内耳性難聴、突発性難聴、側頭骨骨折、メニエール病、前庭神経炎、聴神経腫瘍、顔面神経麻痺、幼小児難聴、中耳腫瘍、外傷性伝音難聴、耳性帯状疱疹[hosp.tsukuba.ac.jp]

  • 慢性中耳炎

    診察の対象となる主な疾患 ・ 慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、癒着性中耳炎、鼓室硬化症など ・ 滲出性中耳炎、好酸球性中耳炎など ・ 耳硬化症、耳小骨奇形など ・ 中耳炎手術後の慢性耳漏など ・ 外耳・中耳腫瘍(グロムス腫瘍、中耳カルチノイドなど) ・ 外耳道閉鎖症、外耳道狭窄症による難聴(BAHA手術) 代表的な疾患と治療 慢性中耳炎(慢性穿孔性中耳炎[tmd-otohns.jp]

さらなる症状