Create issue ticket

考えれる21県の原因 失調, 痙性対麻痺, 知的障害

つまり: 失調,, 対麻痺,, 障害

  • 運動失調

    失調(しっちょう)とは、医学用語で、ある機能が調節を失うこと。様々な機能について用いられ、複数の英語またはラテン語の訳語になる。運動失調、自律神経失調症、統合失調症など語尾に用いられることが多い。[ja.wikipedia.org] 神経疾患としては、小脳障害、前庭障害、脊髄後索障害、末梢神経障害の可能性がある。小脳障害であれば小脳徴候、前庭障害ならば内耳症状や眼振、脊髄後索障害ならばロンベルグ徴候などで診断をすることができる。 診察手順としてはまずはロンベルグ徴候を調べる。ロンベルグ徴候陰性ならば小脳性運動失調(小脳失調)である。[ja.wikipedia.org] 脊髄側索障害性疾患(錐体路障害)、筋萎縮性側索硬化症、家族性疼性麻痺などで認められるよろけ状態は、腱反射の亢進、下肢の疼性脱力のために運動が拙劣となって起こるもので、後索障害に認められる真の運動失調とは異なる。フリードライヒ病、亜急性連合性脊髄変性症、脊髄癆などでは後索性失調が見られ、ロンベルグ徴候が陽性となる。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp] MSの予後不良因子としては男性、高齢発症、PPMS、初発の運動症候、小脳症候、膀胱直腸障害の存在、再発間隔の短さ(年間再発率の高さ)、病初期の再発の多さ、初期からの障害の残存、より多くの神経機能障害、発症5年後の障害度の高さとMRI lession loadの多さがあげられる。[ja.wikipedia.org] 多くの臓器に炎症が起きる「全身性エリトマトーデス」や脳、脊髄、視神経に障害が出る「多発性硬化症」などだが、EBウイルスの感染がどのような仕組みで発症に関わっているのか、詳細は不明だった。[sankei.com]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp] 脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[ja.wikipedia.org] 脳動脈の閉塞ないし、狭窄に伴って神経細胞に血液が十分に供給されなくなり、神経細胞が障害されます。病態により「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓」の3つの病型に分けられます。[ncvc.go.jp]

  • ジストニア

    改善は神経系-不随意運動や失調症状に有効とされた。[nanbyou.or.jp] ジストニア(dystonia)は、中枢神経系の障害による不随意で持続的な筋収縮にかかわる運動障害の総称。姿勢異常や、全身あるいは身体の一部が捻れたり硬直、痙攣といった症状が起きる。日本神経学会の用語では「ジストニー」と表記される。[ja.wikipedia.org] 、失調/ジストニア、眼症状(視神経萎縮、眼球運動障害)を早期に呈する疾患で、進行性に知的機能障害、てんかんを生じる。[nanbyou.or.jp]

  • 悪性貧血

    ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org] 神経症状 振動覚 や 位置覚 の低下、知覚障害、深部 腱反射 亢進、 意識障害 、 認知症 様症状などのさまざまな症状を呈する。 検査 [ 編集 ] 血算 MCV が高値、 MCHC が正常値を示す大球性正色素性貧血となる。 白血球 や 血小板 も減少し、汎血球減少となる。過分葉 好中球 が増加する。[ja.wikipedia.org] 5,10-メチレン-THFの利用の減少はDNA合成に障害をもたらし、血球や吸収を司る腸壁細胞のように回転率の高い細胞分裂で障害が生じる。血球細胞の合成障害は、かつて致死性の病として恐れられていた悪性貧血を引き起こす。悪性貧血の巨赤芽球性貧血を含めたすべてのDNA合成の影響は、十分な葉酸の存在により解決される。[ja.wikipedia.org]

  • 精神疾患

    病院などで診断される精神疾患という意味で、精神疾患は人に固有の問題であるが、それはたとえば青年期に発症する代表的な精神疾患である 統合失調症 を、主に 幻覚 や 妄想 といった主観的体験にもとづいて診断するので、人と同じ言語を持たない動物を統合失調症と診断することは原理上できないからである。[bsd.neuroinf.jp] 一方で,DSM-5にも評価すべき点は数多い.例をあげるならば,疾患分類にはそれをつくるメタ構造が導入され,章立ては因子構造と生涯発達を意識して配列されている.DSM-IVの知的発達障害や拒食症の診断基準にみられたような,膠着した数値によるcut-offが臨床家の判断に委ねられた箇所も散見される.また,神経発達症という概念の導入,認知症の格段[ishiyaku.co.jp] の障害 64 生殖機能の障害 65 内臓器官の欠損 66 内臓器官のその他の障害 その他の特殊機能の障害 67 生殖器の障害 68 そしゃくと嚥下の障害 69 嗅覚とその他の特殊機能に関連する障害 7 骨格系の機能障害 頭部及び体幹の機能障害 70 頭部及び体幹の機能障害 四肢の機械的及び運動障害 71 四肢の機械的障害 72 二肢以上の麻痺[dinf.ne.jp]

  • 末梢神経障害

    ニューロパチーを伴う遺伝性運動失調としては フリードライヒ失調症 、 ビタミンE欠乏 、 脊髄小脳変性症 、無βリポ蛋白血症などが知られている。DNA修復障害としては毛細血管拡張性運動失調、Cockayne症候群などが知られている。巨大軸索ニューロパチーでは ボルフィリン症 や家族性アミロイドポリニューロパチーなどが知られている。[ja.wikipedia.org] パターン8、非対称性の固有感覚障害があり、筋力低下がない 感覚性神経細胞障害(神経節障害)の原因となるものを考える。[ja.wikipedia.org] 副腎脊髄ニューロパチーでは20 40歳代に軽度から中等度の末梢ニューロパチーと進行麻痺を示す。成人発症の脊髄小脳変性症や副腎不全を示す患者もまれにいる。保因者となる女性も一部では副腎脊髄ニューロパチーの臨床症状を示すことがある。病名にニューロパチーとあるがニューロパチー自体の症状は軽度である。[ja.wikipedia.org]

  • アレキサンダー病

    発症年齢による臨床所見 2 歳未満の小児 は,進行性の精神運動発達遅滞,前頭部突出を伴う大頭症,痙攣,錐体路症状,失調,時に中脳水道狭窄に伴う二次性水頭症を認める. 4 歳から10 代半ばの小児 は,鼻声を伴う球/仮性球麻痺,下肢痙性,失調,徐々に進行する知能障害,痙攣,大頭症,呼吸症状を示しうる.[grj.umin.jp] 対症療法としててんかんに対して抗てんかん薬、麻痺に対して抗痙縮薬が用いられる。その他、TRH投与により臨床症状の改善が認められたという報告がある。また、海外では1例のみの検討であるが2型に対してセフトリアキソンが失調症状や構音障害に有効であったとする報告がある。 7.[nanbyou.or.jp] 新生児型は重度障害あるいは2年以内に死の転帰をとる.臨床的特徴として痙攣,水頭症,重度の運動および知的障害,髄液蛋白濃度の上昇が認められる.MRIでは基底核や小脳の障害を含む重度の白質異常を認める.[grj.umin.jp]

  • ファブリー病

    神経学的診察では知能、眼底所見、眼球運動、筋萎縮、錐体路徴候、錐体外路徴候、小脳失調などに注意する。 (2)血液・生化学的検査所見 確定診断のためには疾患特異的な代謝異常を生化学的に証明する。蓄積物あるいは中間代謝産物の増加を尿、細胞、組織中で確認する。[nanbyou.or.jp] 腎機能障害(蛋白尿) 心筋肥大、不整脈、狭心症、弁膜症、高血圧症 聴覚低下、四肢疼痛、脳血管障害、うつ症状 角膜混濁 被角血管腫、低・無汗症 胃腸障害 上述の、ファブリー病特有の各臓器の症状から判断し、酵素活性検査や遺伝子検査により診断する。血液か、尿中のα-ガラクトシダーゼ A(α-gal A)活性を測定し、欠損または低下が認められる。[ja.wikipedia.org] 蓄積したGL-3がある一定量を超えると、疼痛を含む神経症状、被角血管腫(ひかくけっかんしゅ)、角膜混濁(かくまくこんだく)の他、心機能障害、腎機能障害など、様々な症状が出現します。[kanja.ds-pharma.jp]

  • ニーマン・ピック病C型

    神経学的診察では知能、眼底所見、眼球運動、筋萎縮、錐体路徴候、錐体外路徴候、小脳失調などに注意する。 (2)血液・生化学的検査所見 確定診断のためには疾患特異的な代謝異常を生化学的に証明する。蓄積物あるいは中間代謝産物の増加を尿、細胞、組織中で確認する。[nanbyou.or.jp] 発症後1-2年でジストニアや麻痺によって、歩行が困難になり、その後構音障害、嚥下障害が出現し、早期に径管栄養が必要になる。 小学校高学年 中学で知的退行、ジストニア、垂直眼球運動障害で発病する場合、20歳前後に精神症状、知的退行、垂直眼球運動障害で発病する場合もある。年長で発症する場合、肝脾腫はない場合も多い。[japan-lsd-mhlw.jp] 麻痺を合併することもある。思春期・成人型では、妄想、幻視、幻聴などの精神症状や攻撃性を示すなどの行動異常がみられる。運動障害としてはけいれんなどの意図しない筋収縮(ジストニア)、舞踏運動、パーキンソン病と似た症状(パーキンソン症候群)を認める。 もっとも一般的な検査は骨髄穿刺であるが、患者への負担は大きい。[ja.wikipedia.org]

類似した症状