Create issue ticket

考えれる651県の原因 失調, 痙性対麻痺, 痙攣

つまり: 失調,, 対麻痺, 痙攣

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    下眼瞼 向き垂直性自発眼振 3) 中脳:水平性眼振、注視不全麻痺性水平性眼振、電光眼運動、緊張性注視 痙攣、緊張性輻輳痙攣、輻輳麻痺、輻輳眼振、陥没眼振、視性ミオクロニ ー、上方注視麻痺 4) 脳幹背側:核間神経麻痺(内側縦束症候群) 3.[ibaraisikai.or.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] の原因遺伝子同定 2012 著者名/発表者名 嶋崎晴雄,石浦浩之,福田陽子,本多純子,迫江公己,太田京子,直井為任,滑川道人,高橋祐二,後藤順,辻省次,後藤雄一,瀧山嘉久,中野今治 学会等名 第53回日本神経学会総会 発表場所 東京 年月日 2012-05-23 関連する報告書 [学会発表] 視神経萎縮,末梢神経障害を伴う遺伝麻痺症例[kaken.nii.ac.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 21型

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung症候群) 進行性の四肢筋萎縮、球麻痺、手指振戦、有痛性筋痙攣などの他、性腺機能 異常、女性化乳房などを示す。運動ニューロン疾患に広義に分類されるが、 上記のような特徴ある症状を示す。[www2b.biglobe.ne.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] の原因遺伝子同定 2012 著者名/発表者名 嶋崎晴雄,石浦浩之,福田陽子,本多純子,迫江公己,太田京子,直井為任,滑川道人,高橋祐二,後藤順,辻省次,後藤雄一,瀧山嘉久,中野今治 学会等名 第53回日本神経学会総会 発表場所 東京 年月日 2012-05-23 関連する報告書 [学会発表] 視神経萎縮,末梢神経障害を伴う遺伝麻痺症例[kaken.nii.ac.jp]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    てんかん 良性乳児痙攣 ウイルス性胃腸炎にともなう痙攣 憤怒痙攣 循環器疾患にともなう痙攣 失神、Adam-Stokes発作、QT延長症候群、高血圧性脳症 学童期の痙攣 脳の器質的疾患 中枢神経系感染症 細菌性髄膜炎、脳膿瘍、ウイルス性脳炎、寄生虫症 急性脳症 頭蓋内出血、頭部外傷 脳実質内出血、硬膜外・硬膜下出血、クモ膜下出血 脳梗塞、[ibaraisikai.or.jp] 運動失調 眼球上転発作時に断続的に発生したり、あるいは、非発作時にも継続するような運動失調は、明らかに重要な合併症である。これまでの症例報告から、運動失調の合併頻度、性質および重症度の鮮明な結論を得ることは困難だが、 49 例報告された症例の少なくとも 12 例に、運動失調が残存した。[k-net.org] (6)鑑別診断:他の発作ジストニア(表参照) (7)Definite(確定診断):非運動誘発の発作のジストニアがみられ、間歇期に麻痺を伴う。 (8)参考事項:運動、アルコール摂取、緊張感、疲労などが誘因になる。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体優性痙攣性運動失調 1型

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung症候群) 進行性の四肢筋萎縮、球麻痺、手指振戦、有痛性筋痙攣などの他、性腺機能 異常、女性化乳房などを示す。運動ニューロン疾患に広義に分類されるが、 上記のような特徴ある症状を示す。[www2b.biglobe.ne.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] パーキンソン様症状には抗パーキンソン薬など、症状に応じて自律神経調節薬や抗痙攣薬を使用する。 (監修:東京医科歯科大学難治疾患研究所神経病理学分野教授・岡澤均氏) 関連記事 脊髄小脳失調症モデルマウスの寿命を延長 更新履歴(2016年6月16日):英名のスペルの誤りを修正しました[medical-tribune.co.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 20型

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung症候群) 進行性の四肢筋萎縮、球麻痺、手指振戦、有痛性筋痙攣などの他、性腺機能 異常、女性化乳房などを示す。運動ニューロン疾患に広義に分類されるが、 上記のような特徴ある症状を示す。[www2b.biglobe.ne.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] の原因遺伝子同定 2012 著者名/発表者名 嶋崎晴雄,石浦浩之,福田陽子,本多純子,迫江公己,太田京子,直井為任,滑川道人,高橋祐二,後藤順,辻省次,後藤雄一,瀧山嘉久,中野今治 学会等名 第53回日本神経学会総会 発表場所 東京 年月日 2012-05-23 関連する報告書 [学会発表] 視神経萎縮,末梢神経障害を伴う遺伝麻痺症例[kaken.nii.ac.jp]

  • 幼児発症常染色体性劣性非進行性小脳失調

    下眼瞼 向き垂直性自発眼振 3) 中脳:水平性眼振、注視不全麻痺性水平性眼振、電光眼運動、緊張性注視 痙攣、緊張性輻輳痙攣、輻輳麻痺、輻輳眼振、陥没眼振、視性ミオクロニ ー、上方注視麻痺 4) 脳幹背側:核間神経麻痺(内側縦束症候群) 3.[ibaraisikai.or.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] 脳卒中様症状は嘔吐を伴う発作性の頭痛、痙攣、意識障害で、回復後に片麻痺、視力障害(多くは一過性)を残します。脳卒中様症状は数時間から数日続き、その間は高乳酸血症による代謝性アシドーシスをみます。成人にみられる脳卒中と異なり、麻痺のような症状は一過性で通常は速やかに快復します。[jmda.or.jp]

  • 脳卒中

    右利きの人では、通常、言語中枢は左の大脳にある)、失認(人の顔がわからない、物が判別できないなど、これまで識別できたことができなくなる)、失行(運動麻痺や失調がなく、目的の行為が何であるかを理解しているのに、うまく行えない)などが含まれます。 (3)心原性脳塞栓症 心臓にできた血栓がはがれて流れ出し、脳に運ばれて動脈をふさぐものです。[ncvc.go.jp]

  • 白質脳症を伴う常染色体劣性痙攣性運動失調

    神経変性疾患 CSF1R [HSA: 1436 ] [KO: K05090 ] H01808 片側痙攣・片麻痺・てんかん症候群 片側痙攣・片麻痺・てんかん (HHE) 症候群は、乳幼児に突然長い片側性けいれんと、それに続く半身麻痺が起こる稀な疾患である。通常、発熱時に長い焦点性運動性発作が起こり、続いて痙攣と同じ側の半身が麻痺する。[kegg.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] 下眼瞼 向き垂直性自発眼振 3) 中脳:水平性眼振、注視不全麻痺性水平性眼振、電光眼運動、緊張性注視 痙攣、緊張性輻輳痙攣、輻輳麻痺、輻輳眼振、陥没眼振、視性ミオクロニ ー、上方注視麻痺 4) 脳幹背側:核間神経麻痺(内側縦束症候群) 3.[ibaraisikai.or.jp]

  • 遺伝性無反射性運動失調

    球脊髄性筋萎縮症(Kennedy-Alter-Sung症候群) 進行性の四肢筋萎縮、球麻痺、手指振戦、有痛性筋痙攣などの他、性腺機能 異常、女性化乳房などを示す。運動ニューロン疾患に広義に分類されるが、 上記のような特徴ある症状を示す。[www2b.biglobe.ne.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] 下眼瞼 向き垂直性自発眼振 3) 中脳:水平性眼振、注視不全麻痺性水平性眼振、電光眼運動、緊張性注視 痙攣、緊張性輻輳痙攣、輻輳麻痺、輻輳眼振、陥没眼振、視性ミオクロニ ー、上方注視麻痺 4) 脳幹背側:核間神経麻痺(内側縦束症候群) 3.[ibaraisikai.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 27型

    下眼瞼 向き垂直性自発眼振 3) 中脳:水平性眼振、注視不全麻痺性水平性眼振、電光眼運動、緊張性注視 痙攣、緊張性輻輳痙攣、輻輳麻痺、輻輳眼振、陥没眼振、視性ミオクロニ ー、上方注視麻痺 4) 脳幹背側:核間神経麻痺(内側縦束症候群) 3.[ibaraisikai.or.jp] 中年以降発症、進行性の小脳失調症で、明らかな家族歴が認められない場合、免疫介在性小脳失調症、傍腫瘍性小脳失調症を念頭において精査をすすめる必要がある。 特に傍腫瘍性小脳失調症は腫瘍の出現に先行して小脳失調症状が出現することがあり注意を要する。 若年発症の場合、代謝性疾患、ミトコンドリア病等を念頭に鑑別を進める。[ameblo.jp] (3)てんかん発作については抗痙攣薬におり治療を行う。[nanbyou.or.jp]

類似した症状