Create issue ticket

考えれる12県の原因 失読症

  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

  • 外傷性脳損傷

    参考文献・外部リンク [ 編集 ] MTBI仲間の会 脳外傷とは(米国脳外傷協会のホームページを翻訳したもの) 日本における診断基準など(大阪脳損傷リハビリネットワーク) 軽度外傷性脳損傷患者家族会 軽度外傷性脳損傷友の会 アメリカ兵の被害報道の取りまとめ(移動支援フォーラム) 表 話 編 歴 言語聴覚士 対象障害 言語障害 失語症 ・ [ja.wikipedia.org] ・ 言語発達遅滞 聴覚障害 難聴 ・ 中途聴 ・ 老人性難聴 声・音声障害 構音障害 ・ 音声障害 ・ 吃音 高次脳機能障害 失語症 ・ 注意障害 ・ 書字障害 ・ 失行 ・ 失認 ・ 半側空間無視 発達障害 注意欠陥多動性障害 ・ 自閉症スペクトラム障害 ・ 学習障害 その他 摂食障害 ・ 嚥下障害 原因疾患 脳卒中 ・ 外傷性脳損傷[ja.wikipedia.org]

  • クラインフェルター症候群

    クラインフェルター症候群(クラインフェルターしょうこうぐん、英: Klinefelter syndrome)とは、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる一連の症候群。1942年にハリー・クラインフェルターによって初めて報告された。この症候群の男性は通常、生殖能力が無く他の男性と比較して糖尿病、慢性肺疾患、静脈瘤、甲状腺機能低下症、乳がんを発症しやすい傾向にあるとされている。 通常の男性の性染色体は「XY」であるが、これにX染色体が過剰で「XXY」となっている。一般に「47 XXY」やモザイク型の「47XY/47XXY[…][ja.wikipedia.org]

  • 退形成乏突起膠腫
  • 神経膠腫

    神経膠腫 (しんけいこうしゅ、グリオーマ、glioma)とは、脳実質から発生する 脳腫瘍 および髄内から発生する 脊髄腫瘍 のうち、 グリア細胞 (膠細胞)由来のものを指す。 概要 [ 編集 ] グリア細胞由来の腫瘍であり、神経上皮性腫瘍の大部分を占める。ほとんどが 悪性腫瘍 である。現在、 星状膠細胞 、 乏突起膠細胞 、 上衣細胞 に由来する腫瘍が知られている。グリア細胞としては他に ミクログリア が存在するが、それを由来とする腫瘍は知られていない。 gliomaという名称は、19世紀に ドイツ の病理学者の ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性失語症

    構音障害 言語聴覚療法 言語聴覚士 緘黙 名辞 武田克彦 『ベッドサイドの神経心理学』 (改訂2版) 中外医学社、2009年3月。ISBN 978-4-498-02929-3。 武田克彦、波多野和夫 編著 『高次脳機能障害 : その概念と画像診断』 (初版) 中外医学社、2006年8月。ISBN 4-498-12816-8。[ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)は、体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、減数第二分裂に起こる。新生児に最も多い遺伝子疾患である。 症状としては、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害が特徴である。平均して8-9歳の精神年齢に対応する軽度から中度の知的障害であるが、それぞれのばらつきは大きく、現時点で治療法は存在しない。教育と早期ケアによりQOLが改善されることが見込まれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 先天性網膜剥離
  • 失読症

    、難読症、識字障害、(特異的)読字障害、読み書き障害、とも訳される。発達性読字障害(DRD; Developmental reading disorder)とも呼ばれる。1884年にドイツの眼科医ルドルフ・ベルリンによって報告され命名された。[ja.wikipedia.org]

  • 加齢

    抄録 染色体末端に存在するテロメア構造は染色体の安定化などの作用を有しているものと考えられているが, 細胞分裂に伴い短縮していくことが報告されており, 細胞が無限の分裂増殖をしていく機構においてテロメア構造の維持は不可欠なものと思われる.本研究において著者は外科的に切除された肺癌組織検体におけるテロメア長の変化と病期, 組織型およびテロメラーゼ活性との関係を検討した.肺癌症例71例においてテロメア長の変化を認めたものは19例 (26.8%) でそのうちの13例が短縮, 6例が延長例であった.小細胞癌において非小細胞癌に比べ有意にテロメア長の変化例が多く認められたが,[…][doi.org]

さらなる症状

類似した症状