Create issue ticket

考えれる235県の原因 大腿部痛, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: 大腿部痛, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • こむら返り

    代謝性疾患アルコール依存症、甲状腺機能低下症 神経系障害 末梢神経障害、神経叢障害、神経根障害、運動ニューロン疾患 マッカードル病、里吉病など 薬剤の副作用ならば原因薬剤の投与中止を検討する。何らかの疾患の症候として現れている場合は、原因疾患の治療が行われる。[ja.wikipedia.org] こむらがえりがおこるものは, 健常者ではみられないのに対し, 糖尿病患者では4.5%に見られた. (2) 週に一度以上のこむらがえりは健常者では1.9%, 糖尿病患者では11.5%にみられ, 有意に高頻度を示した. (3) 臨床所見との関連性の検討の結果, 糖尿病患者におけるこむらがえりは, 女性, インスリン治療者に多い傾向がみられた. (4) 末梢神経障害[doi.org]

  • ビタミンD欠乏症

    骨軟化症では骨にひびが入るような偽骨折を発症して激しい骨痛や筋力低下が生じます。また上記の二次性骨粗鬆症と相まって骨折が生じることもあります。虫歯も多くなり、また骨軟化症が長期にわたると改善を見込めない関節症や靭帯の石灰化(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症など)を発症します。[medicalnote.jp] 軽症: 生化学異常を認めるものの、骨変形や成長障害、筋力低下などを認めず、日常生活に支障がない。 中等症: 骨変形や成長障害(-2.5SDから-2SDの間)、筋力低下(歩行困難)、骨痛(鎮痛剤の使用)などにより、日常生活に支障がある。[nanbyou.or.jp] 筋力低下 骨痛が長く続いて体を動かせなくなることに伴い、筋力の低下がみられます。筋力低下が重度になると、松葉杖や車椅子が必要になったり、寝たきりの状態になったりする可能性があります。 ただし、筋力低下は低リン血症そのものが引き起こす症状であるという主張も存在し、原因については議論されています。[medicalnote.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • 筋挫傷

    症状:損傷筋の痛み、腫れ、圧があり、太ももの前の筋(大腿4頭筋)であれば膝の屈曲が制限され、太ももの後ろの筋(ハムストリングス)であれば膝の伸展が制限、ふくらはぎの筋であれば足関節の背屈が制限されます。 ( 4. 診断 ) 肉離れと同様、発症機転、損傷筋の圧痛部位から損傷筋の診断をします。[matsuda-oh.com] より重度の筋挫傷は,斑状出血,軽度から重度の腫脹,ならびに疼痛および筋力低下による筋機能不全を呈する。 治療 安静,氷冷,圧迫 ストレッチとその後の筋力強化運動 氷冷と大腿サポーターを使用する圧迫は,できるだけ早急に開始すべきである。NSAIDと鎮痛薬を必要に応じて処方し,歩行すると痛みがある場合は,初期に松葉杖が必要になることがある。[msdmanuals.com] しかし発育期の選手や下肢のしびれ、筋力低下を伴う腰痛は、早急に専門医による診察を受けることをすすめます。 2.ひざ関節のケガ予防 走る、跳ぶ、ボールを蹴るなどスポーツ動作においてひざ関節は、非常に負担のかかる部位であり、使い過ぎによる関節痛がよく見られます。[yamaga-seikei.com]

  • 異常感覚性大腿痛

    だから、座骨神経は、臀部から大腿、下腿にかけて行われる。それに腰部も含め、すべて「陽」にあたる部分の治療となる。それに対して「大腿神経」は、脚の付け根にあたる鼠径(そけいぶ)から内ももから膝にかけて痛みを伴うので、治療部位から考えると「陰」の症状と考えられる。[yakura89.exblog.jp] 1.他臓器疾患と関連する神経疾患 (1)甲状腺疾患 甲状腺機能低下症:筋肉症状、末梢神経症状、反射低下、小脳失調、粘液水腫昏睡、 Hoffmann症候群 (筋肥大、筋力低下、有痛性筋痙攣、偽ミオトニア)等。 甲状腺機能亢進症:振戦、精神症状、反射亢進、眼球突出性眼筋麻痺、甲状腺中毒 性ミオパチー、周期性四肢麻痺、末梢神経障害等。[www2b.biglobe.ne.jp] 鼠径症候群 アスリートに生じる大腿付け根周辺の痛みを、スポーツ整形領域では特に、鼠径部症候群 (グロインペイン症候群 Groin Pain Syndrome) と総称し診断されることがあります。 そのきっかけは、瞬発的なダッシュや切り替え動作、蹴り上げの連続や着地動作が鼠径部周囲の組織に損傷を招くことがあります。[ginzaplus.com]

  • 老人性関節症

    また痛みの部位も股関節の他に、腰部、殿大腿、膝などに痛みを感じることもあります(関連)。 関節の動きが悪い 症状が進行していくと、次第に股関節の動きは悪くなり、動く範囲が狭くなっていきます。曲がりが90 以下になると爪切り、靴下の履いたり脱いだりの動 作が困難になります。[stryker.co.jp] 1 骨関節疾患 (変形性脊椎症、変形性膝関節症、大腿骨頸部骨折など) 脳卒中後遺症による麻痺などによって生じる筋力低下 ふらつき・つまずき・すべるなど転倒しやすい状態に なります。 2 骨折、変形性関節症、骨粗鬆症などによる関節の可動域制限 股関節。[scrio.co.jp] それに加え、これ以上の筋力低下を防ぐ為、自 動、他動運動療法を取り入れて施術致します。痛みの訴えがある方には、無理のない範囲から、コミュニケーションを取りながら、進めて参ります。関節を動か すと、関節がポンプの役割をし、血液の循環がうながされます。筋肉がほぐれれば、疼痛も和らぎます。[nagomi-rehabilimassage.com]

  • 股関節部骨折

    8.大腿大腿のだるさ、違和感、鈍痛、などが発生する場合があります。[kitasato-u.ac.jp] また、治療においても手術療法が一般的ですが、骨がくっつくまで時間がかかるため、その間、筋力低下や廃用症候群により寝たきりになる場合も少なくありません。[healthrent.duskin.jp] 入院中のリハビリのほか、もともと筋力低下の著しい方、高齢者、その他希望される方について、退院後のリハビリを必要とする場合には、状況に応じて地域関連施設もしくは紹介元病院との連携により回復期リハビリの調整を行うことも可能ですので、ご相談ください。[fujita-hu.ac.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    LEMS症状はの90%以上は体幹、四肢筋、特に下肢の筋力低下で発症し歩行障害が生じる。下肢の筋力低下は筋の強収縮後の筋力改善(post-tetanic potenciation)がみられる。そのため歩行開始時には下肢筋力低下がみられるが、歩いているうちに改善すると訴える。[ja.wikipedia.org] IIa 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 IIb 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 Class III 眼以外の筋の中等度の筋力低下 眼の症状の程度は問わない。[nanbyou.or.jp] 筋力低下はあるが、筋萎縮はない 抗AchR抗体 抗AchR抗体によって、神経筋接合部でのAch伝達が阻害される。[sapmed.ac.jp]

  • 末梢神経障害

    腓腹部あるいは大腿にまでおよぶ近位への放散があり、この痛みは歩行や長時間の立位によって増悪し、夜間増悪もある。感覚障害は圧迫やあるいは足部内がえし強制でも悪化する。 脚注 [ 編集 ] 関連項目 [ 編集 ] 麻痺 :感覚麻痺に関して一般的な記載あり。[ja.wikipedia.org] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 運動神経が障害されますと,身体のバランスを上手く保てないため歩行や立っていることも難しくなることがありますし,時に筋力低下をもたらすことがあります。 感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。[clinicalscience.info]

  • ニューロパチー

    外側大腿皮神経 鼠蹊での神経圧迫により大腿前外側面のしびれ 総誹骨神経麻 腓骨頚部で圧迫、垂れ足と下腿外側 足背のしびれ 足根管症候群 足の内くるぶし付近にある足根管での脛骨神経の圧迫により足底のしびれ 頚椎や腰椎部での神経根圧迫(椎間板ヘルニアを含む) 髄節性の感覚障害、筋力低下、腱反射消失が特徴であり、C6、C7、SI 2などの神経根障害[yamamotoclinic.jp] 末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 腓腹部あるいは大腿にまでおよぶ近位への放散があり、この痛みは歩行や長時間の立位によって増悪し、夜間増悪もある。感覚障害は圧迫やあるいは足部内がえし強制でも悪化する。 麻痺:感覚麻痺に関して一般的な記載あり。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状