Create issue ticket

考えれる1,697県の原因 大腿四頭筋の筋力低下

つまり: 大腿四, 筋の筋力低下

  • ニューロパチー

    筋力低下の分布筋力低下の原因は四肢の遠位だけなのか、近位と遠位の両方なのか、筋力低下は局所性で非対称性なのかあるいは左右対称なのかが重要になる。たとえば左右対称で近位、遠位の筋力低下があり感覚障害を伴う場合は炎症性の多発ニューロパチーを疑う。これらの代表疾患はギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎が該当する。[ja.wikipedia.org] 患部にしびれと筋力低下が生じる。エピソード発生後,約半数の患者は完全回復し,残る患者でも症状は軽度である。[msdmanuals.com] 2コース目の治療終了から5日後に下肢筋力低下が出現し、その5日後には起立困難となり前医に入院となった。発症9日目にnivolumabによる免疫関連副作用が疑われ、prednisolone 60mg/日が投与されたが、筋力低下が進行し当院に転院した。[imic.or.jp]

  • クッシング症候群

    筋力低下 糖質コルチコイドが持つ鉱質コルチコイド作用によってナトリウムの再吸収が亢進し、逆にカリウム利尿が亢進して低カリウム血症が起こるため。 骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 筋炎

    多発性筋炎と異なり、初期では手指屈筋が侵され、ものを落としたり、ふたを開けにくいなどの末梢筋力低下による症状が目立つことが重要な特徴である。障害は左右非対称のこともある。大腿筋も侵されやすく転倒や歩行時の膝折れを生じ、さらに嚥下障害や頭部保持の障害なども現れてくる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 指屈(指を曲げる筋肉)、または大腿(太ももの前面の筋肉)の筋力低下、MHCクラスI発現を伴う壊死を伴わない筋線維周囲の炎症、およびシトクロムオキシダーゼ陰性線維が存在すれば、空胞はなくとも、臨床的に封入体筋炎と診断できると考えられます。 壊死性自己免疫性筋炎 マクロファージに囲まれた壊死筋線維が豊富にみられます。[utanohosp.jp] 顔面筋、頸筋 (けいきん) および四肢の筋の筋力低下と筋萎縮を主とするもので、四肢のうちでも躯幹 (くかん) に近い肩や腰の筋が強く冒される。皮膚の発疹 (はっしん) 、皮膚の萎縮や毛細血管の拡張を伴うものを皮膚筋炎とよんでいる。筋力低下とともに発熱、関節腫脹 (しゅちょう) 、筋痛を示すことが多く、血沈促進などの炎症所見がみられる。[kotobank.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    指屈(指を曲げる筋肉)、または大腿(太ももの前面の筋肉)の筋力低下、MHCクラスI発現を伴う壊死を伴わない筋線維周囲の炎症、およびシトクロムオキシダーゼ陰性線維が存在すれば、空胞はなくとも、臨床的に封入体筋炎と診断できると考えられます。 壊死性自己免疫性筋炎 マクロファージに囲まれた壊死筋線維が豊富にみられます。[utanohosp.jp] 眼瞼下垂や外眼筋の筋力低下を起こすような脳神経障害をみた場合、脳神経接合部疾患、眼咽頭筋ジストロフィー、ミトコンドリアミオパチー、先天性ミオパチーなどを考慮する。 封入体筋炎 では手首と手指の屈曲を行う前腕屈群や大腿の萎縮と筋力低下がしばしば非対称性に起こる。四肢遠位筋優位の筋力低下では遠位型ミオパチーが知られている。[ja.wikipedia.org] 歩行開始後も走れない、階段の昇降に手すりがいるなど筋力低下は持続します。なかには症状がほとんどなく、よほど専門的な知識を持つ医師でしか診断できないような軽症例もあります。筋力低下は非進行性か、あるいは進行してもとても緩徐です。筋力低下は全身にありますが、頸部屈筋が弱い(寝ていて頭がもちあがらない)のが特徴的です(図28)。[jmda.or.jp]

  • 腰椎神経根障害

    下腿内側部の感覚障害、大腿筋力低下、PTR低下が診断の基本となる。頻度が低いが股関節術後などに生じる大腿神経麻痺も同様の所見を示す。股関節内転(閉鎖神経支配)、前脛骨(腓骨神経支配)などL4支配筋力電図が鑑別に役立つ。大腿筋力低下は膝折れの有無で確認がスクリーニングができる。[ja.wikipedia.org] 表1 主な神経症状の例(自覚症状) 神経根症状 脊椎のレベル 脊髄症状 首の痛み肩こり 上肢の痛み 上肢の筋力低下 手のしびれや感覚低下 手の脱力感 (これらの多くは片側だけに出ます) 頚椎 手先の細かい作業ができない 字が思うように書けない ボタンがかけられない など手全体がしびれる 下肢のしびれや感覚麻痺 下肢の筋力低下/動きが悪い 階段昇降[sekitsui.com] 神経根 放散痛 知覚障害 脱力 筋萎縮 反射 誘発試験 L1 鼡径部、大腿内側 鼡径部、大腿内側 なし L2 腰背部、側腹部、大腿前内側部 大腿前内側部 膝伸展の筋力低下 大腿 膝蓋腱反射低下 FNST L3 腰背部、股関節部、大腿前外側部 大腿前外側部 膝伸展の筋力低下 大腿 膝蓋腱反射低下 FNST L4 殿部、大腿後外側部[ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    眼瞼下垂や外眼筋の筋力低下を起こすような脳神経障害をみた場合、脳神経接合部疾患、眼咽頭筋ジストロフィー、ミトコンドリアミオパチー、先天性ミオパチーなどを考慮する。封入体筋炎では手首と手指の屈曲を行う前腕屈群や大腿の萎縮と筋力低下がしばしば非対称性に起こる。四肢遠位筋優位の筋力低下では遠位型ミオパチーが知られている。[ja.wikipedia.org] 眼瞼下垂や外眼筋の筋力低下を起こすような脳神経障害をみた場合、脳神経接合部疾患、眼咽頭筋ジストロフィー、ミトコンドリアミオパチー、先天性ミオパチーなどを考慮する。 封入体筋炎 では手首と手指の屈曲を行う前腕屈群や大腿の萎縮と筋力低下がしばしば非対称性に起こる。四肢遠位筋優位の筋力低下では遠位型ミオパチーが知られている。[ja.wikipedia.org] 四肢筋力低下よりも呼吸筋力低下が先に進行し、早朝の頭痛、夜間の不眠で発症することも多い。早期からの呼吸筋筋力低下は成人型ポンペ病を疑う手がかりになる。早期からの呼吸筋筋力低下は筋原線維性ミオパチーやネマリンミオパチーでも認められるためポンペ病の重要な鑑別疾患となる。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 過食

    やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。低血圧、心拍数低下、低体温、無月経、便秘、下肢のむくみ、皮膚の乾燥などの変化がみられます。血液検査では脱水、貧血や白血球減少、肝機能異常、低タンパク血症、高コレステロール血症など種々の異常がみられます。[ohwa-mental.jp] やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。低血圧、心拍数低下、低体温、無月経、便秘、下肢のむくみ、背中の濃い産毛、皮膚の乾燥、てのひらや足の裏が黄色くなるといった変化がみられます。過食や嘔吐がある場合には、唾液腺が腫れたり、手に吐きだこがみられたりもします。[edportal.jp] 低栄養における身体・心理的症状 身体症状 疲れやすい 寒がり 月経(生理)不順・無月経 眠りづらい 満腹感がない 便秘 下肢のムクミ 皮膚の乾燥 【危険信号の症状】 筋力低下 低血圧 心拍数低下 低体温 精神症状 集中力が落ちる 仕事の能率低下する 自分のやり方に固執する 人との交流を避ける イライラする 抑うつ的である 不安になりやすい[ohwa-mental.jp]

  • 皮膚筋炎

    多発性筋炎と異なり、初期では手指屈筋が侵され、ものを落としたり、ふたを開けにくいなどの末梢筋力低下による症状が目立つことが重要な特徴である。障害は左右非対称のこともある。大腿筋も侵されやすく転倒や歩行時の膝折れを生じ、さらに嚥下障害や頭部保持の障害なども現れてくる。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 指屈(指を曲げる筋肉)、または大腿(太ももの前面の筋肉)の筋力低下、MHCクラスI発現を伴う壊死を伴わない筋線維周囲の炎症、およびシトクロムオキシダーゼ陰性線維が存在すれば、空胞はなくとも、臨床的に封入体筋炎と診断できると考えられます。 壊死性自己免疫性筋炎 マクロファージに囲まれた壊死筋線維が豊富にみられます。[utanohosp.jp] ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性神経炎

    症状 ・手足のしびれ ・脱力 ・筋力低下 ・歩行困難 ・顔面神経麻痺 治療 免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進します。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をします。筋力低下等、後遺症が出る場合があります。 検査 診断は神経内科の医師が行います。[b-net.tv] 筋力低下,知覚障害が 四肢 末梢から起こり,徐々にからだの中心に向かって症状が広がる。特異なものに急性多発性根神経炎( ギラン バレー症候群 )がある。これは中枢神経の一部も冒される原因不明の神経炎で,下肢から上肢にかけて弛緩(しかん)性麻痺(まひ)を呈する。[kotobank.jp] 3年8カ月後にインフルエンザHAワクチンを接種したところ、18日目より足底のしびれを自覚し増悪、両膝下まで拡大、感覚低下・筋力低下も生じ歩行困難となったため接種50日目に入院となった。深部腱反射は消失、MMT4程度の遠位優位筋力低下、手袋靴下型の異常感覚・全感覚低下をみた。[imic.or.jp]

さらなる症状

類似した症状