Create issue ticket

考えれる26県の原因 大腿動脈拍

  • 動脈塞栓症

    知覚麻痺の出現 足関節血圧測定不能 大腿脈拍触知不能(総腸骨 大腿動脈閉塞) 症候の診かた 知覚異常;閉眼させて患側足趾を触れ、第何趾に触れたかを答えさせる。[sasajimatadahiro.com] 血栓症では、病因があらかじめ存在することが多く、一般には下肢の大腿動脈や膝窩動脈にみられます。症状は血栓の部位、広がりにより異なりますが、閉塞症と同じ症状であります。疼痛、蒼白、脈拍動消失、知覚鈍麻および運動麻痺がみられます。血栓の広がりとともに虚血症状は重篤となります。[jikei-kch.jp] 趾尖や表在静脈圧迫再充満の有無と速度 脈拍の触知;臍部腹部大動脈、左右総大腿動脈、膝窩動脈、足背、後脛骨動脈 皮膚温移行帯;閉塞部位の10cm末梢に皮膚温が急激に低下する境界がある。 Myonephropathic metabolic syndrome(MNMS)発症の可能性;血尿(ミオグロビン尿; 図2)の有無。[sasajimatadahiro.com]

  • 大動脈縮窄症

    典型的な身体所見としては,上肢の脈拍増強と高血圧,大腿脈拍動の減弱または遅延,上肢と下肢の血圧差(下肢の動脈圧が低値または測定不能となる)などがある。しばしば2/6 3/6度の収縮期駆出性雑音が胸骨左縁上部と左腋窩で聴取されるほか,ときに左側肩甲骨間部で最も著明となる。大動脈二尖弁を合併している場合は,心尖部で収縮期駆出音が聴取される。[msdmanuals.com]

  • 解離性大動脈瘤

    病名 急性大動脈解離・解離性大動脈瘤(きゅうせいだいどうみゃくかいり・かいりせいだいどうみゃくりゅう) 部位 大動脈全体(上行_弓部_下行_胸腹部_腹部大動脈_腸骨動脈に至る) 主な症状 突然の胸部、背部痛、腹痛(痛みが胸から腹、あるいは腹から胸へと移動することもある) 診療科 症状の解説[…][kmu.ac.jp]

  • 本態性高血圧症

    腹壁皮膚線条や多毛(Cushing症候群),顔面・頸部所見として,貧血・黄疸,甲状腺腫,頸動脈血管雑音,頸静脈怒張の有無や眼底所見を,胸部所見では心尖拍動とスリルの触知(最強点と触知範囲),心雑音,Ⅲ音,Ⅳ音,不整脈,および肺野のラ音の聴診を行う.腹部診察として,血管雑音とその放散方向,肝腫大と叩打痛,腎臓腫大(多発性囊胞腎),四肢は末梢脈拍[kotobank.jp] (橈骨動脈,足背動脈,後脛骨動脈,大腿動脈)の触知(消失,減弱,左右差),冷感,虚血性潰瘍,浮腫,四肢の運動障害,感覚障害,腱反射亢進などを診察する.[kotobank.jp]

  • 腹部大動脈血栓症

    知覚麻痺の出現 足関節血圧測定不能 大腿脈拍触知不能(総腸骨 大腿動脈閉塞) 症候の診かた 知覚異常;閉眼させて患側足趾を触れ、第何趾に触れたかを答えさせる。[sasajimatadahiro.com] より末梢,および左大腿動脈より末梢の血栓除去を追加した.術後は両下肢の脈拍動を良好に触知し,胸・腹部造影CTでも大動脈内血栓はわずかだった.抗凝固療法(warfarin)と抗血小板療法(aspirin,ticlopidine)を開始した.合併症なく,術後第17日退院となった.[jsvs.org] 趾尖や表在静脈圧迫再充満の有無と速度 脈拍の触知;臍部腹部大動脈、左右総大腿動脈、膝窩動脈、足背、後脛骨動脈 皮膚温移行帯;閉塞部位の10cm末梢に皮膚温が急激に低下する境界がある。 Myonephropathic metabolic syndrome(MNMS)発症の可能性;血尿(ミオグロビン尿; 図2)の有無。[sasajimatadahiro.com]

  • 大腿動脈閉塞症

    知覚麻痺の出現 足関節血圧測定不能 大腿脈拍触知不能(総腸骨 大腿動脈閉塞) 症候の診かた 知覚異常;閉眼させて患側足趾を触れ、第何趾に触れたかを答えさせる。[sasajimatadahiro.com] ,膝窩動脈,後脛骨動脈,足背動脈の脈拍動の減弱または消失が部位,重症度の診断に有用である.血管雑音は,動脈狭窄時に腹部鼠径部でよく聴取される.虚血が中等度以上になると下肢の冷感,筋萎縮,皮膚のチアノーゼ,爪の変形,脱毛などを認める.仰臥位にて両下肢を挙上させると患側で足底の皮膚が蒼白になる挙上試験やそれに引き続き両下肢を下垂したときの足の[kotobank.jp] 血栓症では、病因があらかじめ存在することが多く、一般には下肢の大腿動脈や膝窩動脈にみられます。症状は血栓の部位、広がりにより異なりますが、閉塞症と同じ症状であります。疼痛、蒼白、脈拍動消失、知覚鈍麻および運動麻痺がみられます。血栓の広がりとともに虚血症状は重篤となります。[jikei-kch.jp]

  • 外傷性頭蓋内気腫

    症状として、両側大腿脈拍動減弱または消失、間欠性跛行、勃起障害があります。 検査として、CTやMRIで腎動脈以下での腹部大動脈の完全閉塞が診断の決め手となり必要に応じてDSAも追加されることがあります。[matubara.tokushukai.or.jp]

  • 血液量減少症

    末梢の脈拍は弱く一般的には速い;しばしば,大腿動脈または頸動脈の拍のみ触知できる。頻呼吸および過換気がみられることがある。血圧は低い(収縮期圧が90mmHg未満)か測定不能となる傾向にある;動脈カテーテルによる直接測定( 血管確保 : 手技 )を行った場合,より高くより正確な値が得られることが多い。尿量は少ない。[msdmanuals.com]

  • 腹部動脈瘤大動脈

    の拍,遠位の動脈拍動,血管性雑音(bruit)が聴かれる.まれに,下大静脈,腸骨静脈が閉塞するように大動脈瘤が拡張すると下肢の浮腫が起こる.[kotobank.jp] 大動脈瘤破裂の1/3にしか認められず,腎結石,憩室炎,胃腸出血と誤診されることが多いので注意をする必要がある. 2)他覚症状: 拍動性腫瘤を触れる.剣状突起下から臍までの腫瘤を触れることがある.蛇行した大動脈では大動脈瘤の大きさを評価することが難しい.また,大動脈瘤は急速に拡大しているときにはやわらかいので,注意深く触診しなくてはいけない.大腿動脈[kotobank.jp]

  • 末梢血管疾患

    ,膝窩動脈,後脛骨動脈,足背動脈の脈拍動の減弱または消失が部位,重症度の診断に有用である.血管雑音は,動脈狭窄時に腹部鼠径部でよく聴取される.虚血が中等度以上になると下肢の冷感,筋萎縮,皮膚のチアノーゼ,爪の変形,脱毛などを認める.仰臥位にて両下肢を挙上させると患側で足底の皮膚が蒼白になる挙上試験やそれに引き続き両下肢を下垂したときの足の[kotobank.jp] 血栓症では、病因があらかじめ存在することが多く、一般には下肢の大腿動脈や膝窩動脈にみられます。症状は血栓の部位、広がりにより異なりますが、閉塞症と同じ症状であります。疼痛、蒼白、脈拍動消失、知覚鈍麻および運動麻痺がみられます。血栓の広がりとともに虚血症状は重篤となります。[jikei-kch.jp] 虚血が進行し,側副血行路の発達が不十分であれば,安静時にも症状が出現する.下肢の感染や外傷をきっかけに下肢の潰瘍や壊疽を合併すると症状は急激に悪化するので特に注意を要する.よく用いられるFontaineの重症度分類を表5-17-1に,他覚検査所見も参考にされるRutherford 分類を(表5-17-2)に示す. 2)他覚所見 : 触診にて大腿動脈[kotobank.jp]

さらなる症状